« 猫屋敷だより2010 | トップページ | 評価は歴史がくだす »

2010年1月14日 (木)

相当サムかったようです

   寒いですねえ。
   まあ、この時期寒くないとおかしいですからね、桜もちゅうりっぷもしっかり花芽を形成して貰って、目眩く春に満開期待ということで。

   さて、週明けの火曜には当リージョナル委員会の年間活動の反省会があって、学校に行って参りました。もう顔パスの職員室でPTA会議室の鍵を貰ったら、
   「風邪引かないでくださいね、ストーヴの灯油が切れたら言ってくださいよ」と、教頭先生も気を遣ってくださること。うん、まあ、秋頃はPTA行事であの部屋使うたびに風邪引いてたからね。日頃使わないPTA会議室は北側で日当たり悪いんです。ストーヴの電源入れたら現在気温5度って。ねえ?

   またそういう日に限って1年生は百人一首大会。連休の間おかあさんに涅槃ビーチフラッグス(ハンデとしておかあさんは詠まれるまで横になって待つ)でもまれてた虎美ちゃんは見事41枚獲得して(どうも源平-3on3の対決-でやってたらしい)、来る合宿研修(スキー遠足)での決勝戦での活躍を期待されたそうです。これが、やっぱり今時のコの短いスカートではいろいろいけないと思ったらしく、上下ジャージ着用で、会議室の鍵を開けてるときにちょうど終わったらしく、格技室(柔道用に畳が敷いてあるからね)からどよどよ帰ってくるのが見えました。ジャージの中にはせいぜい体操服くらいしか着込めないからかえって寒かったらしいですけどね。
   「はーい! つって取るったときにスカートがめくれてちらりとか露出するのがいいんじゃないか」と虎美に申しましたところ(混合名簿ですが、カルタ大会も男女ミックスかどうかは聞きませんでしたけど)。
   「エロジジイッ!」
   おまえ、アラフォーのレディに向かってなんということを。もう特訓付き合ってあげないんだから。

   さて、本日はその年間活動の報告書の締め切り日だったので、おかあさんは昨夜は夜なべでワープロ打つつもりでたらたらしておりますと、虎美がやってきて、
   「喉が渇いた。何か飲ませて」
   ま、乾燥もあったことでしょう。一昨日は一ヶ月ぶりのお湿りだったそうですし。
   「コーヒー紅茶はダメだぞ。寝られなくなるからな。母は喉がなんか痛むから紅茶にジンジャーシロップ入れちゃお。
   寒い時期にお宮さんにお参りすると、巫女さんが煎れてくれるんだな。お寒い中ご苦労様です、お風邪を召されませんよう、どうぞ、なんつって。

   

神社(じんじゃー)ティー

   だははははは」

   虎美は黙って聞いていましたが。

   たいした量じゃないしといろいろ遊びながら打ってたら明け方通り越してホントに6時になってて、またしてもほぼ徹夜で朝を迎えて、お弁当を作って虎美を起こしに行ったら。

   「ごめーん、頭が痛ーい。風邪かな?」

   相当サムかったらしいです。

|

« 猫屋敷だより2010 | トップページ | 評価は歴史がくだす »

コメント

娘は今年の冬休みには生まれて初めて!の百人一首によるカルタ取りをしました。高校生にもなって百人一首も出来ないんではね。もっと前からさせたかったんですが、なかなか機会が無く。私が高校生の時は冬休みの宿題が百人一首の暗記、だったような気がします。今はそういうことはしないんでしょうか?
お正月に、いとこ達と。小学生のいとこなので、読み札を取り札にしました。楽しかったですよ。競技じゃないかるたは人数がいたほうがいいですね。

投稿: とむ影 | 2010年1月15日 (金) 18時37分

 おやおや。やっぱり地方差があるのでしょうか? こちらでは秋の文化祭のイヴェントの一環としていちど紹介して(たぶん、古典学習の入り口の性格もあるのであろう)、年明けに本格的に大会があるようです。
 「ちはやぶる」という漫画もはやってきているようですから、もう、「からくれない」はみんな争奪戦になるとのこと。
 「それで誰が漫画を持ってるんだ? 今度借りてこい」といったら、みんなお金がないので誰かが買って貸してくれるのを待ってるらしいです。世知辛いですなあ。どうも、おばあちゃんから大量にお年玉をせしめた虎美が買うことになりそうで怖い……買っちゃったら回しましょうか?
 れいのロシア人美少女かっちゃんは「まにまにが好きだからまにまには任せておけばいいの」だそうで、虎美は「このたびは」と聞いたらもうその札は捨てるそうで。いいのかそれで。
 でも、係り結びやら掛詞序詞縁語、六歌仙や梨壺の5人、清少納言・和泉式部・紫式部という一条朝の3大才女と、古典文学の大事なところがみんな入ってるから(全員じゃなかったはずだけど)押さえておくに越したことはないと思いますけどねえ。
 そうか、読み札を撒いて取るというのもきれいで楽しいかも。お姫様とかお坊様とか、ワンパターンに見えて結構いろいろありますもんね。
 「式子内親王は座布団とカーテンが付いていて、持統天皇と並んで一番ゴージャス札なのだ」
 「おかあさんそれ置き畳と几帳でしょ」
 娘の方がちゃんと知ってました。
 金沢の歴史博物館は、読み札をコピーして塗り絵にして遊ばせてたなあ(十二単は細かいので塗りにくかったです)。
 定家卿もいいものを遺してくれたものよ。

投稿: まいね | 2010年1月16日 (土) 02時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/47292019

この記事へのトラックバック一覧です: 相当サムかったようです:

« 猫屋敷だより2010 | トップページ | 評価は歴史がくだす »