« 絶対勝てない | トップページ | 歌え! ママさん »

2010年1月20日 (水)

「金剛番長」 賢しらな話

   ええと、カテゴリがコミックじゃなくて、趣味なのは漫画についてが主眼じゃないからです。別にこの漫画をあげつらおうとか、漫画家さんをバカにしようという意図はありません。小学館の編集にはちょっともの申したいかな?

   堕落し低迷の極にある現代日本を救わんと全国にエリート指導者の卵を配し、彼らを競い合わせ闘わせることで最強の指導者を育てようという番長計画が日本で行われようとしている!? というお話でありますところの「金剛番長」、主人公金剛晄くんはその首謀者たる父や兄と袂を分かち、その間違った世直しを止めようと奮闘するわけですが、彼の決めぜりふが

   「知ったことか!」。

   ある意味スゴイですよ、あにきやそのシンパはいろいろ理論武装してくるんですが、それをこの一言で切り捨てる。あれですよ、5.15事件の「話せば解る」「問答無用」を思い出しますね。正義の味方たる主人公が、言葉で相手の非を説明できなくちゃいけないんじゃないかなあ。まあスッキリはするからいいけど。
   変に、仏心を出して相手に耳を傾けるから騙される、敵が間違っているのは自明なんだから、毅然として排除する姿勢が大切ってことかなあ。

   言ってるうちに物語が進みますと、ヒロインやら同士やらまで「知ったことか!」と言うようになるんですが。

   7巻で登場する晄くんの妹はなんとアイドルタレントをやっておって、とても血を分けた妹とは思えないかわいらしさなんですが(でもやっぱり超人的な体力ではある)、そのそあらちゃんも、自分に襲いかかるストーカーをステージ上で演出と見せかけながらかるく撃退しちゃう。その時に歌ってた歌の歌詞でも「知ったことか!」って歌ってるんですが、その英訳があやしい

   「I don’t know your heart!」

   わたくしは一読したときは、はいはいアイドルソングのサビね~とスルーしておったのですが、ちょうど英語を学び始めた娘が
   「アイ ドント ノウ ユア ハートッ!」とご機嫌で決めポーズを取って、
   「おかあさん、ほんとうに『知ったことか』の英訳は
   『I don’t know your heart!』でいいの?」と聞いてきて、ふと我に返りました。

   「絶対違うッ! そんな気持ち悪い英語のわけないだろう!」

   「じゃあホントはなんて言うの?

   さあ、困った。

   「知ったことか」を翻訳前の固い文に変換しましょうか。
   「わたしはあなたの行動を関知しない」ぐらいじゃないかなあ。もっとこなれて、
   「それはあなたの勝手だ」ぐらいだったりして。

   

「I don’t know your heart!」って、その歌の歌詞としては
   「わたしにはあなたの心が解らない」と言いたかったのかも知れませんが、そういうときはknowじゃないと思うな。see か? 「理解する」ってのをすぐ understand にしちゃうと文部省イングリッシュになるから、平易な動詞を使うのがミソだと思いますけど。とにかく「知る」をイコール know にしちゃうと痒い英語になると思います。

   「かえって往年の島耕作みたいに イッツ ナン オヴ マイ ビジネスがいいかも知れん」

   It’s none of my business. エキサイト翻訳さんでも「それは私には関係ないことです。」とちゃんと返してくれました。「島耕作」がバブル期に人気絶頂だったころは、よく社内の派閥争いをうまく切り抜けながらそんなこと言ってましたよ。ドライな感じ。さて、「知ったことか」はもっと男らしいというか、荒々しい感じですけどね。

   ちなみにエキサイト翻訳にかけてみると、
   「Is it a scolding?」 って、叱咤だと解釈してますね。ただ者ではないエキサイト。
   「I never mind it.」だと、「私はそれを決して気にしません。」文部省イングリッシュだとこの辺で正解にしてくれないかなと思いますが、これっていわゆる「ドンマイ」になっちゃうでしょうか。

   こういうのを自分で悩みつつやると英語力が付くんだけど、虎美はとてもそんなレヴェルじゃないようです。だれか語学に堪能な方にお尋ねした方がいいのかしら?

   それにしても、このような英語で頭の柔らかい青少年の読むものを書かれますと非常に困ります……漫画に出てきた英語をマンマ信じる方がバカなのか? いや、どうだろ……とりあえず、歌詞は漫画家さん本人とキャプションがありましたが、編集もその目が節穴でないというならチェックをしたらいかがかと。

   ここは「I don’t know~」でいいんだ、昭和に共通一次を受けた世代が偉そうに英語を語るなと仰るならお説を承りたいところです。

   賢しらをいってごめんなさいという話でした。

|

« 絶対勝てない | トップページ | 歌え! ママさん »

コメント

あ、それで、「I don’t know your heart.」をエキサイト翻訳に掛けたら、「わたしはあなたのheart を知りません。」と返してきました。うん、そうだよな、そうなるよな。

投稿: まいね | 2010年1月20日 (水) 05時17分

試みにうちにある古い (2003年) 某翻訳ソフトで I don't know your heart を訳してみたら「私は、あなたの心臓を知らない。」と出ました(笑).しかし,機械的に心臓と訳してるほど愚かではなく,I believe your heart は「私は、あなたの心を信じる。」と訳されます.
正解はバイリンガルな人に聞かないとわかりそうにないですね.

投稿: 三ねんせい | 2010年1月20日 (水) 10時47分

バイリンガルじゃないけど、時々海外出張してる主人に聞いてみたら、
『It's not my business. じゃないかな〜』
とのこと。
出張先ではあんまり「知ったことか!」とは言わないよね。(^m^)

それにしても、そんなのが決めぜりふなんて…。
「関係無いし」「意味わかんないし」って世代を現わしてるのかな?
「俺がやるっ!!」「放っとけねぇっ!!」みたいな面もあるのかしら?>番長と名の付く人達

投稿: 姫 | 2010年1月20日 (水) 23時36分

 姫ちゃんと旦那さまありがとう!
 やっぱねー、交渉に行ってるのに切り捨てるようなことはそうそう言わないですよねー。
 なんか作品自体もいまスゴイ展開みたいなんで、じっくり見守りたいと思います。

投稿: まいね | 2010年1月23日 (土) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/47341714

この記事へのトラックバック一覧です: 「金剛番長」 賢しらな話:

« 絶対勝てない | トップページ | 歌え! ママさん »