« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »

2009年2月 6日 (金)

使えるものはなんでも使う - とにかく学校へ行こう! -

   虎美が学校を休みまくっている件でとうとう学校に呼び出されたおかあさん、いろいろ事情聴取されました。
   もう、肩身の狭さも極まれり、肩幅が一年で3㎝ぐらい縮んだような気がします。
   「はい、申し訳ございません。お恥ずかしい次第でございます。至りませんで、本当に、相済みません……」謝罪の言葉のヴァリエーションがずいぶん増えました。 

   なんでも教室へ入れずにウロウロしていて、校長先生に捕まっては一緒にお茶をしていたりするそうで。……校長とお茶をする小学生ってどうよ。ああ、恥ずかしい。いえ、わたしだって、小五の時に女子で唯一水泳記録会で1000メートル遠泳(スイミングスクールに通ってないので犬かき)して表彰されました(泳法はとにかく自由で、1000メートル泳げば表彰されるというルールだった)けど、そんな、差しでお茶を飲むほど校長に親しんではいませんでしたよ。

   「最近はお花のお稽古をはじめましたら、本人も身を入れておりまして、お稽古だけは休まずに行っておりますのでございます。ただ、学校を休みました日には、学校を休んだのにお稽古は行くというのは筋が違うでしょうと言い聞かせて、お稽古もお休みするということに致しましたら、先生、水曜は出席するようになりましたでしょう?」
   「はあ、そういえば」
   「そう言うわけなんでございます」
   「そういうふうにモチヴェーションづけをいろいろしていったらいいんじゃないかな」

   「でも先生、熱心なのはお稽古場だけで、お恥ずかしい話、帰ってきたらお花はその辺に投げ出して、三日もたってからやいのやいのいわれてやっと活け直すんですのよ。本当に、お恥ずかしい次第で」
   「おや、それはいけないなあ」
   「本当に。バケツを買いまして、可哀相だから、せめてお水に漬けておきなさいということにはしたんですけれど」
   「どこか、近くの福祉施設とかに、活けさせてもらうようにしたらいいんじゃないかなあ? きっと喜んでもらえますよ」
   「でしたら、先生、こちらの校長室ではいけませんでしょうか、図々しいお願いですけれど、でしたら本人も励みになることと思います」出た、おかあさんったらブレイヴ・ハーテッド
   「ああ、いいですねえ。じゃあ、そう言うことにしてもらったら、お稽古の翌日、木曜の朝早く来てもらえるようになるんじゃないかな?」
   「まあ、ありがとうございます。でしたら、うちからお花器も持たせるように致します!」

   てなわけで、イーヴィヒベルク小学校の校長室に虎ちゃんの活けた花が飾られることになりました。まったくおかあさんも図々しいったら。でも、ホントにうちの狭い玄関だと出入りの時にひっかけそうで邪魔だったし。丁度良かったわ。

   で、先週の木曜、お花を持ってご機嫌で(多少重役出勤なれど)登校した虎ちゃんでした。
   10時過ぎ、校長先生からうちに電話がかかって参りまして。
   「おかあさん! どうもありがとう、本当にいいお花ですよ!」
   虎ちゃんも見栄をはって(どうやら事情を聞いたお花の先生も)、薔薇とか結構高めのお花をチョイスしてましたから。
   「写真を撮ってもたせましたから! 来週もどうぞよろしく!」
   ……校長先生大喜びで。あのう、川崎市って、公立小学校の校長室に飾る花の予算出てないんでしょうか?
   デジカメで撮ったお花を前にご機嫌の校長先生と娘のツーショット写真をプリントアウトして持たせてくれました。先生、ノリノリ。

   ところが、今週は虎ちゃん持病の癪が出て(江戸時代の小町娘じゃあるまいし!)、学校はお休み。当然お稽古も……。
   そしたらお昼過ぎに校長先生から電話がかかってきて。
   「イーヴィヒベルク校長のハインツ(仮名)でございます」って。
   「虎美さんのお加減はどうですか? お稽古には行けそうですか?」
   「いいえ、校長先生、学校をお休みしたのですから、ペナルティで本日はもう外には出しません」
   「いや、それはいけないな。どうぞそのペナルティを曲げても、お花のお稽古に行って貰えませんかね? わたしは楽しみにしておるんですよとお伝え下さい」
   ほんとうに、川崎市って、公立小学校の校長室に飾る花の予算出てないんでしょうか?

   「虎美や、校長先生はおまえに花を活けて貰いたいそうだが、お稽古には行けそうかね?」
   「無理! 胸の下のところが死にそうに痛いんだって!」
   肋間神経痛は不治の病じゃからのう(経験者は語る)。

   自分でお花を買ってきて持っていこうにも、この辺にはお花屋さんはないんですよねえ。

   「虎美や、ではお庭の梅と沈丁花と水仙を切っても良いから、それを学校に持っていって活けなさい。教科書を見なくてもそのくらいは出来るだろう?」
   「明日起きられたらね」

   で、木曜ものたうち回って過ごして。
   校長先生から、お花はだめですかという電話を担任の先生からの安否確認に加えていただいてしまって。……そんなに入れ替わり立ち替わりお電話貰ったらおかあさん安心して昼寝できないじゃないのよ(するな)。

   で、本日はPTAの集まりがあるのでおかあさんは何があっても9時半集合。
   「今日こそは何があっても行って貰う!」と、7時から10分刻みでプレッシャーを掛けて、やっと8時20分ぐらいにベッドから引きずり出し、支度をさせて、本人に枝を切らせて、無事9時20分に保健室に送り届けました。

   集まりが終わって校長室に顔を出すと、もう顔見知りになった保健の先生がお留守番をしておられ、
   「今日はお友達がお迎えに来て、ちゃんと授業に出てますよ」と仰いました。校長室を見ると、真ん中の会議テーブルにうちから持っていったお花器を置いて、なんとか基本の形にまとめた梅と沈丁花と水仙。親(単純なので今満開の花が好き)の子だから、
   「あと2週間保たすんだからつぼみのいっぱいついてる枝にしろよ」と言ったのに、今満開の花のついた枝にしちゃってバカ。ま、全部つぼみの沈丁花が今後咲いてくることを期待。
   校長先生ったら、なにかの作品展に使うアクリルの名札立てを出してきてくれて、
   「6の1 早乙女虎美さん」なんて名前を掲示してくださってます。もったいない。

   そして、虎美は「基本の傾心型でいってみた」なんて言いながらご機嫌で帰宅したのでありました。
   頼むから毎日その調子で行ってくれよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

どこを切ってもおたく

   ジョジョ5部の主人公ジョルノの特徴的な前髪のカールについては、あれをコルネと呼ぶのが一般的なようですが、おかあさんは、別なものを連想していました。

   「拡散波動砲だろう……戦艦アンドロメダ!」

   今、気になって確認したら、宇宙戦艦ヤマトのパート2以降に登場した自動化を進めた新型戦艦アンドロメダの船首波動砲発射口は、2口でしたのよ(ジョルノの巻き毛は3つ)。調べた所によるとあれは2門と数えるらしいです。そんで、別に主砲もあるんだって。こっちはミサイルでも撃つのかな。覚えてないや。

   やっぱり無理があったか(いやそれ以前に、世代が違う!)。
   もちろん、ロボットアニメや特撮じゃないので、ジョルノくんのそこからは必殺のビームなんか発射されません!(出れば面白かったのに)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天才の頭の中

   

天才が気を落ち着かせるために頭の中でちょっとした計算をする、といったシーンを描く必要があって。
   天才が脳を疲れさせるためにする計算ってどのレヴェルかなぁって、思いました。
   凡人だとそれこそ「ににんがし」レヴェルからいろいろ描写されつくしてるし(わたしは頭がとろいので「ににがしにがはちにじゅうろく……」と2を10乗までしていくうちにいいカンジで疲れます)。
   素数を数えるってのは、結構一般的になってるんでそれは外そうかと。
   「すべてがFになる」で、「11は素数だから寂しい数字」って言ってたのは、天才らしいクールな感覚を表わしてたと思います。
   ちょっと外す方向で開平はどうかな、と思って書き始めたら、なんとやり方を忘れていました。本格的にヤバイ! いや本当に微分積分どころか、開平もイマドキ日常生活じゃ使わないしね。でも、使わないから覚えなくていい忘れていいって言う論理は好きじゃないんだ。

   さて、じゃあどういう計算をしていたら天才っぽいかというと。

   「すべてがFになる」では、大きい数の計算をいきなり科してましたか? 電卓にも入らないような大きな数同士のかけ算。ちゃんと途中の数も覚えておいてあとで足せるんですねえ、天才さんって。
   あと、何年何月何日は何曜日? って計算。これは、基準月日からの日数を7で割った余りを基準月日に足していけば出るけれど、それにしても大きな数でしょう。これは、「ファイブスター物語」でも天才の才能の確認に使われてましたね。幼い天才少女が、
   「どうして他の人は大きな数の計算に機械を使うの? そんなの見れば解ることなのに!」って言ってくれてました。そうか、見れば解るのか、いいなあ。
   「大阪豆ゴハン」では、珠算1級のおねえさんの特技に、ちょっとした表の数字をちらっと見て「この数字(の合計)違ってますから」ってのがありました。彼女は努力をして免状を取ったひとでありましたが。
   理系の天才はその「違い」が解りやすいですね。

   

文系の天才って、その辺わかんないですね。
   だいたい、社会科学とか、人文とかの分野で天才ってありえるんだろうか?
   「こもよ 御こ持ち ふくしもよ 御ふくし持ち……」から、日本の和歌全部(長歌、旋頭歌、仏足石歌、連歌、俳諧、狂歌、川柳まで)暗記していて全部そらで言えるってのも凄いけど、そりゃただのデータベースだし。
   昔のひとは神武天皇から昭和(の当時の今上)まで天皇の諡を全部言えたらしいから、ただ記憶力だけじゃあ尊敬には値しないみたい。組み合わせないと。

   あ、ちなみに、うちの高校は「宴会芸にいいですよ」というノリで白居易の「長恨歌」覚えさせられました。「漢皇色を好み傾国を思う……」って。オチは「この恨みは綿綿として絶ゆるとき無からん」しまった、もうほとんど覚えてないっ!! 
   金沢銘菓長生殿を人様に差し上げるときに唸るとありがたみが増します。
   「これは有名な玄宗皇帝と楊貴妃を歌った『長恨歌』に由来してるんですよぉ~。
   七月七日長生殿、夜半人無く私語の時、
   願わくば天に在りては比翼の鳥と成し、地に在りては連理の枝と成らんと」
   組み合わせ、組み合わせ♪

   シチュエーションを与えられたらすぐさまそれなりの歌をすらすら読めたら「天才歌人」ぐらいではあるかな。随分偉人度が下がる気がするけど、当時の社会においては「使える天才」だったでしょうね。

   そうか、そういう感じで、必要なときにぴたっとくる描写がちゃんとできるのが「人間観察の天才」ということになるのかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

「天地人」 麗しの貴子様が猫を捕る!?

   大河もちゃんと見てますよ。

   原作よりもっと遡って、樋口与六ちゃんが喜平次ちゃんの近習に取り立てられるところから始まってるから、かわいい与六ちゃんを満喫しました……?

   あざといかな? 戦国武将の幼年期で泣き顔が可愛いってどうよ? わたしは認めたくないな(じっさい可愛いけれど、今と違う価値観を求めて大河を見ているのに、偉大なことを成したひとの幼少期が泣き虫ってのは有り難みが失せます)。

   まあ、ああいうのはやっぱり周りの大人の思惑なんだなあ。若様につけておけば将来出世できるかもという重臣ズのご子息と、見込みのある若いのの青田買いという2本立て。またそれが若様が元服する頃には揉める元になってるんだろうなあと。
   そういうわけで、別に「銀河英雄伝説」みたいに、少年の頃に運命的に出会った相手に仕えていっしょに出世して天下を手に入れる……的な出会いじゃあなかったみたい。ちょっと拍子抜け。与六ちゃんは、わりかし無名ではあるけれど見所のあるお侍の子で、謙信公(当時はテルトラさんかな?)に見いだされて喜平次ちゃんのお付きに取り立てられたらしいよと。

   前置き長っ。

   ヒロインはお船たんです。これが常盤貴子様。わたしが様付けする女優さんは彼女ぐらいです。あのくっきりした目元や、頬から顎に書けての線、お肌の感じ、全てが理想です。彼女がヒロインなので今年も有り難く見せていただきます。
   お船たんはイトコらしいのですが、ややお家柄は向こうが上。暴れ馬を取り押さえるというじつにおてんばで大胆素敵な再登場をしてくれました。泣き虫の与六ちゃんのパートナーとしてはこれでいいのかなと思いますです。
   そのお船たんに、主君であるむっつり喜平次くんが想いを掛けているらしいと知って、ニセ手紙でチャンスを作ってあげたり、でも失敗して落ち込んだり、どうもお船たんは与六くんの方を好いていてくれてるらしかったり、でもそんなの気がつかなかったりとじつに可愛らしい青春でもうおかあさんほっぺが筋肉痛(微笑ましい方面にあまり笑いすぎると引きつりません? わたし、子供の運動会のときになりました)。

   本題に参ります。

   その貴子様が、この日曜に仰るには、
   「わたしはぬこを捕らねばならぬ

   はぁ~?
   何をいきなり?

   ネットというか、2ちゃんねるの方で、いっぺん、「ねこ」を打ち間違って「ぬこ」と打ってしまったひとがいたとかで、猫の丸まって眠る様子に見た目似ていることと、ミスタイプを面白がるネット文化から、ねこのことを「ぬこ」と表記するのがその辺のならいになっているとか。……とりあえず、うちの旦那様は「今日会社の前にぬこがいた」と普通に仰います。でも、いくらなんでも大河ドラマで貴子様が言う台詞ではないでしょう?

   良く聞いたら、
   「跡取り娘ゆえ」って、ああ、それは「婿を取る」ってことか。そりゃそうだな、原作でも、いっぺんなんかいいところの若いのと結婚してたよ。
   それで、自分の気持ちにまだ気づいてない与六改め兼続くんはしどろもどろになっていて、何か感想はと言われて「お幸せに」と明後日の方向の答えを出してお船たんをいらだたせてたりして。嗚呼。

   「でもこのあとだーりんは死んじゃってお船たんは未亡人になるんだよ~」とネタバレすれば、もうドラマストーリーは全部読んだ娘は、
   「知ってるもん! そんでカネツグと結婚するんでしょ!」

   ああそれなのに、真田の忍者の初音たんまで出てきて、兼続くんの心はどっちに行こうというのでしょうか?

   「旦那様! 常盤貴子様が今日大河でぬこをとると申しておりました!」
   「?」
   「でもそれは聞き違いで、跡取り娘だから婿を取るという聞き違いでした!」

   休日出勤で深夜帰宅の旦那様はがっくりと首を垂れておられました。受けなかったか。

   「だいたいぬこを捕ってどうするの!?」と娘がいきり立ちますので、
   「それは、カンブクロに押し込んで山寺の和尚さんに売りに行くと、高値で引き取ってくれる。和尚さんはそれをぽんと蹴りゃ、ニャンと鳴~く~♪」なんて口から出任せ。

   幼い頃には何をするのだと思ったものでしたが、その僧侶はインテリだったのですね、蹴鞠の心得があったのだなあ(でも虐待だ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョジョ5部 パラレルな感想・考察 (DEEPな女性ファン対象で)

   すいません、夢に見た内容から1本ジョジョ5部のサイドストーリーを思いついて、今朝ほどから書いてました(すいません、そういうわけで、読んだら傷つく(もしくはむかつく)と思う方はここで読むのをやめてね)。

   「周りの汚職に絶望して自らもしだいに汚職に手を染め、それがもとで同僚を死なせて失職、転落した彼がどうしてあのマフィアに拾われたかというと……」

   「やっぱ、飲んだくれて暴れて、その地区の幹部側近のあのひとに拾われたんじゃない?」

   「うちのシマに配属になったときからずっと憧れてました♪ うちの組にはいるなら夕べ壊した店の備品いっさいと飲み屋の代金全部うちの組が持ちますけど、マフィアが嫌ってならナポリ湾に浮かんで貰っちゃうゾ♪ って、おかっぱ頭の美人な姐さん(!)がスカウトしてくれるの」

   「うん、まあまあいいんじゃない」と初めて娘に褒められました。……ホモを書くぐらいなら男装の麗人にしちゃえと言うタカラヅカ趣味を娘に押しつけるのはやめましょう。

   でも、現実に傷ついて大変な青年は、おねえさんにヨシヨシして貰えばいいと思うんだ。そしたらなんだかご存じな時代劇っぽい物語世界(気っぷのいい美人なお姐さんが仕切る町でなにやら事件があって、訳ありのひとたちが事件解決に立ち上がる……)ができあがっていきそうでした。

   そうやって、中くらいにいい人な彼(と彼女)は、大いなる矛盾に身を焼きつつも、やっぱり作中みたいにおうちの事情で道を踏み外した少年達を拾ってやったりして、マフィアの中堅幹部としてかたぎ衆にも慕われてそこそこ平和に長生きする道もあったと思ったんだけど。

   ああ、あそこで金髪の孺子にさえ逢わなければ……(おかあさん、それいろいろ違います)。作者様はそれを間違った平和だと言ってるんだからさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

本日の一発ネタ 40年目の真実

   今日初めて気づいた!

   「モナリザには谷間があるーーーーーーーッ!」

   息子には叫ばれるし。
   「そんな視線で見るんじゃねえッ!」
   娘にはどつかれるし。

   でも、顔ばっかり見てたから気がつかなかったわぁ。あの時代のお洋服なんだから、胸元いっぱい空いてて当たり前なんだけど……お手元に名画があったらどうぞご覧遊ばせ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »