« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »

2009年11月 7日 (土)

高校見学に行ってみよう 流石高校篇

   本日は近所の公立高校その2、やや入りやすいといわれている流石高校(仮名)です。
   あの辺、と指で指されるだけで、実際行ったことがなかったので、事前にネットで所在地を確かめたりして準備しました。
   「噂では、ジャイアンツランドの横の道を真っ直ぐ下った先らしい」
   「ジャイアンツランド前駅からは遊歩道を突っ切ればすぐらしいけど、15分も歩くんですって!」
   「流石はほんと、行き方がよくわかんなくて謎よねー!」
   ……噂が錯綜してます。やっぱり学校のすぐ横の甘木高校がいいなー。
   「でも、早乙女さん、甘木は内申書では3以上が絶対条件、2があったらアウトですって!」
   そういえば、9月の進路相談でも
   「この成績では正直甘木を受けていいとは言いかねます」って言われちゃってましたね。豹太は提出物をサボりがちなので内申点が良くないんだなあ。1年の時から言われていたのに治らないってのはやっぱり親の指導力不足ですか。

   話を元に戻して。
   その流石高校、とりあえずジャイアンツランド前駅から歩くつもりでいたんですが、
   「そういえばうちの奥のバス停を通ってジャイアンツランドに行く路線があるではないか!」と、今朝ほどはたと思い至りまして。
   小田急バスのHPで調べると、土曜でも30分に1本は走ってます。
   「これに乗っていけば、うちからノイエ・リリエンベルクに出てそこからジャイアンツランド前まで電車に乗る時間が省けるじゃない!」路線バスを使いこなしてこその東京近郊ライフです。やってみようじゃないですか。

   と、9時丁度発のバスに乗るべくおうちを出まして、バス停にたどり着いたら丁度「ジャイアンツランド行き」バスが参りました。乗りまーす! と手を挙げて近寄ったら、うちの奥は一応ロータリーなので少し時間調整で停車してましたね。慌てることなかった。
   それから、うちの裏手の道を真っ直ぐ下りて、ヴェスティクターアの小学校前に着くと、一昨年のお正月に虎美とうろうろした辺りを逆に曲がってまた坂を上り始めます。
   (そう言えば旦那様がジャイアンツランドは山だと言っていたような……)と思ってると、目の前に観覧車が迫り、
   「終点、ジャイアンツランドでございます」って、ホントにジャイアンツランドの入場門前に下ろされちゃって! 

   小田急のジャイアンツランド前駅はどっちですか?

   泣きながら旦那様に電話しました。
   「地図は持っていかなかったんですか?」
   印刷した流石高校の周辺図しかなくて、それには小田急と京王の最寄り駅からの道順は書いてあるんですが、ジャイアンツランド本体はどこにも載ってないんです。

   迷 子

   「……豹太に替わってください」
   「えーとねージャイアンツランドの前のファミマの横の道を真っ直ぐ下るらしい」
   「ファミマの左でいいのね!?」
   「うん」

   ということで、豹太のお友達情報を頼りに、ジャイアンツランドの外周の道を下ります。確かに横は里山といった風情で仙台の青葉山近辺を彷彿とさせます。遊園地があって、お山があって……そういえば、前住んでた辺りとロケーション似てるんですよね。ただ、この道が合ってるという確信が持てないのでなんとも心許ないウォーキングです。全然逆方向に出たらどうしよう? まあ、試験当日じゃないですから豹太の将来には関わらないですけど。
   「全ての道はローマに通じるのよッ! ついにはどこか賑やかなところに出るでしょう」
   ……わたしこれだからよく迷子になるんだよなあ。

   しかしながら、その道は正しかったようで、歩いているうちに学校の地図にも出ている保養所が見えてきて、正しく地図通りの配置でTV局のスタジオもありましたから、元気も出てきて、丁度目印のバスの終点も発見できて、無事裏門から県立流石高校に到着できました! 9時25分。ジャイアンツランドでバスを降りたのが9時10分でしたから、いいカンジじゃないですか? 毎日通うには問題のあるルートかも知れませんけど。下り道だったし、一応歩道もあったし、お天気がそんなにひどくなければ参観日にたまに来るならこの方法でも大丈夫ね。

   流石高校は創立27周年とかで、わりに新しく、光り輝くほどではないにせよ、手入れが行き届き、あまり荒れた感じのしないいいカンジと見ました。
   昔は荒れていたそうですが、近年は生徒指導が行き届き、
   「最近は先生が頑張ってるらしいわよ」
   「そんなにひどくないって、みんないいって褒めてるわ」なんて聞いてたんですが。
   でもやっぱり、公立最低ランクと聞くと二の足を踏んでしまうのが人情。

   まずは授業公開だそうで、しんと静まりかえった教室では朝読書が始まっていました。意外! みんな頭も黒いし、服装もある程度しっかりしてる! ちゃんと机に向かってるし! 10分の朝読書が終わったというのに廊下を歩いているのは見学の中学生坊主ばっかり。みんな着席してノートを開いてます。どうなってるの? と思ってるうちにまたチャイムが鳴り、その辺をウロウロしてた、IDをぶら下げていた男性が
   「じゃあ授業を始めようか」と声を掛け、1時間目が始まってしまいました。
   
   ベル前着席が徹底されているんです!   
 
   底辺校
じゃなかったんかい!?

   これは、「先生頑張った」は嘘じゃなかったですね。
   校長先生やり手だ! 学校を改革するだけじゃなく、それをアピールするのも巧い! この授業風景を見たら、一発で学校が良くなってるの判ります!

   それでも、授業内容は、ああ、勉強することが身についてない子を相手にしている授業だなあ、という進め方で、私語をしている残念な生徒もいることはいたし、自分が通っていた進学校とはやっぱり違うのね、という実情を見せて貰いました。

   あとは、場所を体育館に移して学校説明会。

   流石高校は変わりました! という校長先生のアピールを受け、進路指導をしっかりやったという具体的なところを聞くと、むやみやたらに締めるんじゃなく、「自立と自律」、安全、安心に学校生活を送るためのマナーを身につけて貰うように指導しているということでした。ヘアダイは禁止とか、アルバイトは金銭感覚が麻痺して生活時間も乱れるので禁止、オートバイでの登校禁止(免許取得の是非は家庭に任せる)、携帯の授業中の操作禁止などは、実に時代に即していてまっとうな措置と思えました。

   学力面も、特進クラスを設置とか、7クラス分で募集のところを改組して8クラス運営して少人数指導を実現したり、小テストを適宜実施したりコンクールをおこなったりと、きめ細やかな指導をして、勉強のやり方をわかってない生徒に確実に学力をつけて行ってくれる体制のようでした……それでも、
   「今年初めて国立大にひとり合格者を出しました!」
   「4年制大学への進学率が倍増して47%です!」って、もとのレヴェルが偲ばれる……。いや、我が子がそこしか行けないレヴェルなんだからなにも言う資格はないです……。

   というわけで、ご縁があったら我が子をお預けするには十分安心なんだけど、できればもうちょっと頑張って欲しいなーというのが本日の包まざる感想。関係者には失礼しました。

   先日の甘木高校に続き、こちらの流石高校も来年度は定員を1クラス増やして8クラスで募集。もともとの生徒数増加に加えて、景気低迷からの公立高校志望者増に対応したそうです。これが受験生に有利に働いてくれれば。嗚呼、サクラ咲け!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

富士は日本一の山

   やられた。

   本日も引き続き好天なんですが。

   昨日中学校のバザーのために朝8時半ごろ緩やかな坂を登りつめて、あとは学校に向けてくだるばかりの地点にたどり着いたら。

   ぽかんと、真正面に白い台のようなものが光ってました
   なだらかにブルーグレイの稜線を見せる山々を従えて(ありゃあ方角的に丹沢なんでしょうか)抜きんでて、白い山頂を輝かせている。

   富士山ってここから見えるってほんとだったんですね。
   思ってたより山頂部平らでした。
   白皚皚ってこのことか、としばし呆然……としながらも脚は必死に学校を目指すと。8時半集合って言っちゃったのにうち出たの27分だったんです! ゴメン! 

   日本人っていうか関東人は富士山について思い入れありすぎとか、神格視しすぎだろうとかねて思ってましたが、虚心に見ると確かに神々しいまでに美しいですね。

   そして念のため白皚皚(ハクガイガイ)をネットの辞書で引こうと思ったら、漢字が出てこない(字の形がうろ覚えなのもある)、ガイガイだけではヒットしない、業を煮やして紙の辞書を出して、音訓索引でやっと引っかけました。やっぱり結局のところ辞書は手で引くに限ります。
   山に豆だったよなーと指を滑らせていくと、たぶんこれだろうというのに当たって、その該当ページを開くと、果たしてそこに用例とともに載っていたのでした。「雪や霜の白い様」だそうです。制限漢字ってのはなによ、手書き入力で出ないのも諾なるかな、と、ちゃんと白を付けて山の下に豆を書くと、果たしてATOKは正しく皚の字を探し当てて出したのでした。最初から出せ!

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

バザーも終わりました!

   あーやっとひと心地付いたぁ!

   本日開催されましたゴルドベルク中のバザー、好天に恵まれなんとか盛会のうちにお開きとなりました。北日本はもう雪とか、朝のNHKニュースでも、冷え込みますからお出かけの方は十分ご注意をなんて言われてた時点では大丈夫かと思ったんですが、日中は日が差し、風も弱まって死ぬほどの寒さは感じませんでした。
   エアコンの下に吊っておいたジャージも乾き、先に起きた虎美(こういうときだけ元気!)はしっかりそれを着て、奥の方になったジャージはまだ下のリブ編み部分が冷たくて、あとで起きてきたお兄ちゃんのために母は朝からアイロンがけ……。
   「いいか、絶対乾かしてから着ろよ! こんな天気の日に濡れたまま着てたら死ぬぞ!」
   ……先週末にハイキングに出掛けたお山で迷子になって死んじゃった小学生の男の子がいたもんだからおかあさん慎重、慎重……可哀相でしたね、あの子。やっぱりお山はイヤ~ッ!

   ファンケルの年末恒例の手帳めあて(年末になると、一定金額以上申し込んだお客様全員に来年用のオリジナル手帳が貰えるんです。結構小さい心遣いの行き届いた編集で、ここ10年ほどは愛用してます)に申し込んだ「あったかレギンス」がちょうど届いたところだったのでしっかり穿いて出ました! うん! ラッキー!

   我らがリージョナル委員会(仮名) は学校の周囲に保護者が車を置いて近隣の方々にご迷惑を掛けないよう駐車禁止のコーンを立てたりテープを巡らせて注意喚起したりパトロールしたりという縁の下の力持ち的役割を担っております。朝8時45分集合でまずはコーン立てとテープ張りから。
   次は、1時間おきのパトロールの注意事項を確認した後解散。ここで、あんまり天気がいいからわたしは一旦うちに洗濯物を干しに帰りました。うちより遠い皆さんは、PTA会議室で歓談したり、午前中の生徒の地域の皆さんのご指導による手工芸や武道・ダンス講座なんかを見学して時間を潰した模様。皆さんいろいろ芸達者で。ご指導ありがとうございました。

   11時の見回りでは、まだ模擬店も開いてないのでポイ捨てゴミもなく、駐車禁止区域に車を駐めるひともなくだべりながら一周で無事解散。戻って来て正門脇の総合受付に顔を出すと、もう当日券めあての小学生達が行列です。

   中学生が企画するような的当てとかスタンプラリー程度のお祭りでも小学生は楽しみなんですね(失礼!)

   天気が良かったせいでしょうか、非常に客の入りが良かったように思えました。

   それなのに、今年は豚汁のお店がないんですよね。去年は天気が良すぎて暑かったからでしょうか。でも、今年なら……と思ったのもつかの間、どんどん気温が上がって、やっぱり冷たいものの方が売れ行きが良かったみたいです。うどんは売れ残って、最後まで声をからして営業してました。唐揚げの串や各ゲームの共通チケットは12時ぐらいにはもう売り切れてたみたいです。

   バザーを見に行くと、「提供される品が少なくてこのままでは悲惨なことになる!」と月アタマの役員会でバザー委員会の委員長が泣きを入れていたのに、だれか会社の方にかけあったのでしょか、2,3の企業の記念品とおぼしき企業のマークのはいったボールペンや携帯のストラップ、ステッカーなどが段ボール箱で出ていて、もう値付けもいやになったようで「この箱全て10円!」とか「ご自由にお持ちください!」になってました。それもどうよ? おかあさんはご機嫌で無料のマグネットひとつとボールペン10本入り100円を買いました。ご協力いただいた企業さんありがとうございました。それから、ちょっといいブランドのマグカップ200円。ラッキー♪
   実は会場前にチェックに来ていて、セリーヌのフラットシーツ150円! というのに目星を付けていたのですが、パトロールに行ってかえってから行ったんじゃもう売り切れてました。みんな目ざといのね。
   おばあちゃんが作ってくれた古着再利用のトートバッグ、大丈夫かしら、今年はちょっと万人に価値を認めて貰える作品じゃないかもよというかんじだったのですが、10円という大胆な値付けのおかげで結構売れてました。本人はちょっとショックかも知れないからお値段については言わないでおきます(金沢では自分の貸しスペースで強気の値付けをして並べておるようだし)。やっぱせめてね、A4が入るサイズとか、幼稚園の指定レッスンバッグサイズとか考えて作ればいいのに、ジーンズのフトモモ切って縫っただけというのが見てすぐ判る仕上がりではやっぱり……。縫製技術の方は問題ないですが。そして、できのいいもの、見栄えのいいものは既に虎美が持ってった後だったりしますんで。比較的状態のいい布で作ったランジェリーケースとかね(ファスナーで開け閉めする、中にしきりがあって小物が区分けして入れられる袋。市販のものを見て作ってみたらしい)。

   2時には模擬店が終了するので、委員会の方もコーンなどを撤収して解散。生徒達は体育館で劇や音楽の出し物があったようです。虎美も自分は裏方ながら部の出し物に参加したそうで、達成感に溢れた感じで夕方帰宅しました。
   「クラスの子みんなに代休開けも学校来てねって言われたよ!」いや、誰だってそう言う! わたくしは虎美の担任の先生にも、ここで疲れちゃって代休開け休まないように言ってくださいねって釘を刺されました。

   「このテープこのまま捨てるのかしら」
   「なんだかもったいないわね」 
   撤収作業中、並木に張り巡らせたテープを切って外しながら誰かが言いました。いわゆる荷造りテープです。目立つようにはでな黄色を使ってました。
   「じゃあ新聞でもくくって捨てるときに使う? いいわよ持って帰って」と言ってみましたが、
   「え~っ、でも」
   「そういう使い方をするには短いじゃない」って、それはほどかないで切ったからでしょ。わたくしはほどけよと思って見てました。
   「繋げばいいじゃん」と言ったが最後、
   「じゃあ早乙女さんにあげましょう」って、みなさんお大尽ね。われもわれもとわたしに手渡してくれちゃって。有り難く貰うけどさ、ごめんね早乙女さんって貧乏で。って、そこに「性」の字を付けてください、お願い。「貧乏性」なのよ。あ、いまからそれちゃんと巻き直してすぐ使えるようにしとかなくっちゃ。

   ま、楽しんでくれたならいいとしましょう。

   隠し芸(表芸?)の手打ちそば実演で最初から最後まで立ちづめだったPTA会長さんもお疲れ様でした!(でもおかあさんもともとおそばが好きじゃないから、知床の粉とか言われても違いが全然わかんなかった!)

   文化祭もバザーも終わって、あとは受験に一直線! かな?

   ああ、うちの委員会主催の講演会があるんだった……。これについてはまた後日。
   もうさー、PTAにケイモウしてもらわなくっても保護者はみんなそれなりに知識あるし活動してるからさー、改組とか活動行事改革とかしないかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

嗚呼エネルギーの無駄遣い

   明日ジャージ登校だというのに虎美は休みすぎてジャージの在処が判らず、お兄ちゃんは部活用のバッグに2着とも入れっぱなしだったことが判明!
   さっき必死で洗い終わって今干したところ。朝までエアコンフル稼働で部屋干しの予定。

   先週お天気がいいときに出しといてくれれば一発だったのに!
   そりゃおかあさん具合悪くてひっくり返ってて最低限しかやってなかったけどさ。

   

地球温暖化に一番手を貸してるのはうちの家族だわよ!

   そういうおかあさんも明け方まで起きてて日中死んだように眠ってる吸血鬼生活を改めましょう。うん、とりあえず今日はもう寝よう。お風呂入って髪の毛完全に乾かしてからね。もう洗い髪のままヘアクリップでアップにして留めてるうちになんか乾いちゃう季節じゃないし。……って乾くのを待ってる間ネットで遊んでて丑三つ時になるんだなこれが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »