« 2009年9月20日 - 2009年9月26日 | トップページ | 2009年10月4日 - 2009年10月10日 »

2009年10月 3日 (土)

「アイシールド21」完結 爽やかに走り抜きました

   途中から人気が出るとムチャが始まるジャンプ連載漫画。高校一年生にしてアメフト初心者だったセナくんたち泥門高校が並み居る強豪を吹っ飛ばして関東大会優勝、クリスマスボウル(高校野球と違って、いい競技場でやるのは東西対決のこの決勝戦だけらしい。マイナースポーツの世界はシヴィアー)でも奇跡のように盤石の筈の帝黒学園を倒し、とうとうワールドカップ・ユース出場!? アメフトって、アメリカ以外でやってる国あったんですねえ、すいません、もの知らずで。

   高校生どころか人間じゃないだろうという身体能力を持つメンバーを集めたアメリカ代表、ぶっちぎりの優勝候補に立ち向かうという、ああ、これが花道なんだなあとバレバレの最終章でしたが、最後にやってくれました。

   これまでのオールスターで結成されるべき全日本選抜を、
   「大人に決められるのは不本意だろう」と、アメフト協会の会長さん(地味に見識のある人)セナたち選手たちに互選させ、どうしても参加したいだろう(作中活躍した)一芸選手たちのために公開テストまでやって揃えたというのがまた巧い。これで各シリーズでの個性派選手たちを拾って(ついでに阿含の裏工作でさらに漏れた選手まで追加帯同させて!)。ここで、顔を包帯で覆って見せない謎の選手を混ぜたのがまたウマイ。
   身体能力は並みだが、基礎練習を常識以上にこなしてテクニックを磨いてきた選手であろうとの考察が登場人物によって述べられていて、ああこれは、天才阿含の影で苦しみ、勝負を捨てて弟を立てようとしてきた兄の雲水が、自分もあがこうと脱皮した姿であろうと皆に思わせておいて(いやわたしはそう信じたよ?)。

   大方の予想通り、友情パワーと、過去の鬱屈を乗り越える努力の開花・結実によって、とうとう全日本は決勝戦、序盤に大差で引き離されたアメリカに追いつき、引き分けてしまうのでした……。

   クライマックス、唯一アメリカチームに対抗できるテクニックと体格・パワーを見せていた進(序盤からのセナの目標であり倒すべきライヴァル)が、負傷離脱を余儀なくされます。総力戦で全ての実力選手を出し切っており、進の代わりに立てる控え選手などいない……そこで、悪魔の司令塔、ヒルマは包帯選手を指名します。

   そこへ、天真爛漫な水町が突っ込み。
   「雲水なんだろ? 無理だよ、ポジション違うよ」
   だっておれホテルで歩いてるの見たもんねって、そこへ
   「あれは俺だ」と、その双子の弟、阿含。
   うわ~~~~~~~~っ、トーナメントの途中、軍国主義的架空国家ミリタリアの選手に誤ってその長いドレッドヘアを刈り上げられたのはここへの伏線だったんだ! すぐさまカツラを調達して、いつもの威圧的な姿を回復してましたけどね。

   

原作者(シナリオ担当の稲垣氏)神ですか。

   じゃあ、包帯男の正体はって……ルイルイおまえか~~~~~~ッ!?

   序盤も序盤、練習試合の相手として出てきた賊徒学園の不良リーダー、葉柱ルイでした。は虫類に引っかけたネーミングといい、最初の頃だけのヤラレキャラと思わせておいて、身体能力の劣る凡人、モチヴェーションの低い不良部員どもを束ねるリーダーとしての苦悩を滲ませてヒルマに絡む、プレイヤーとしてではないフィールドの外のいい脇役になってましたが。

   ここへ来てこのスーパースターたちの決戦場で、絡んでくるか!

   確かに、ルイルイのポジションはラインバッカー、走ってくる敵を食い止める、進と同じポジションでありました。たしか地区大会のベストメンバーにも選ばれてたかと思いましたが(各ポジション複数名選出。結構温情的措置だと解釈してた)。なんて凄い伏線。

   案の定、かるく吹っ飛ばれて、全然代役にはなってませんでしたが。
   そこんとこはリアルいいと思いました。
   みっともなくあがく姿は、観客席で、寂しく弟の、全日本のオールスターの活躍するのを見守っていた雲水本人の心に訴えかけ。

   さらにドS(嗜虐的性格が強い様子。ここは、試練を求める心が強いとでも)な阿含が、カツラを捨て去って、鏡に映したような同じ顔、同じ姿で活躍して挑発するのです。

   もっとあがけ。悟り澄ました顔で望みを捨て去ってはいけない。諦めずに努力を続けていたら、ここにあるこの姿はおまえの姿であっただろうに。

   ここで、超人的な選手の集う世界大会で、努力を、報われないであろう努力を尊んでみせるか。

   「友情・努力・勝利」のコンセプトはもう古い、ジャンプのスポーツ物は、人気が出ると主人公チームが負けなくなる、どんなにライヴァルがあがいても、負けさせない。いびつだ、そういう声をネットではよく見聞きしてたんですが。

   「アイシールド21」も、最初は、努力で何とかなるレヴェルの敵には勝ち、段違いの実力のチームにはあっさり負けたり、なんとか引き分けに持ち込んだりとある意味現実的展開だったのが、人気が出てきてセナ達ににも猛練習の成果が出始めると、嘘のようにころりころりと強豪を倒していく、絵空事だ、などと言われてました。シナリオ担当氏も、やはり編集部の圧力には勝てないのだろうかとわたしは寂しく思っていました。
   そういう時代に、そういう展開の末に、世界大会で、全日本はアメリカチームに最後の最後で追いついて引き分け、それでも、ヒルマ達は「アメリカが追いつかれることなど想定していなかった」ので引き分けについての規定はない、として両チーム優勝に持っていこうとする大人の論理に逆らうのです。
   「決着着くまでやろう!」
   「引き分けなんて、妹にするキスみたいなもんだ」と、アメリカチームもそれに応じます。

   その結末なんか蛇足、とばかりにあとはエピローグに飛んで。

   熱く三原則を守りながら、それを飛び越えて爽やかに終わってくれました。

   胸を張って言えます。「アイシールド21」は名作!

   作画担当の村田氏も凄いですよ。これだけの登場人物を人種もポジションの違いによる体格差も描き分け、単行本口絵やおまけでもこれでもかと読者を楽しませてくれました。女の子達(いえ、選手達も)の私服も今時っぽくて可愛らしく、本当に絵を描くのを楽しんでいる情熱が伝わりました。

   でも、猫科の人たちが単行本ボロボロにしちゃったんだよなあ……(嘆息)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

文学の使命

   一生懸命検索したけど出てきません。こないだまでアニメでやってたから、絶対どっかで名台詞として上がってると思ったのに。

   近頃とみに衰えている記憶を振り絞って再現するに、こんな感じ。

   「だったら貴様がやってみろ! 
   貴様の空虚な弁舌に似合いの金鍍金の棺を用意しておいてやるからな!」

   田中芳樹「タイタニア」、しゃべったのは宇宙を支配するタイタニアという貴族のトップ5人のうちの一人、主人公にこてんぱんにやられてしまってつるし上げを食らったアリアバートという軍司令官だったか大臣だったか。
   「貴様」は、悪い意味で石田三成のような、同じくトップ5人の最年少(だけに、時期トップを狙う他の3人に噛みつきおとしめることを存在理由にしているフシがみられる)のイドリス。どっちも若い美形という設定であります。就職した当時、同じ作者の「銀河英雄伝説」を読み終わって盛り上がってた頃だったので、期待とともに手に取りましたが……3巻まで出て途絶。なんで今更、続きを書き足したわけでもないのにアニメ化なんだろうなと思ってました。

   30前の気取ったアンチャンたちが、「天の城」とかもったいつけた司令本部で、200年ぶりの軍事的敗北の責任を問う会議でいやみの応酬をした結果がこういう啖呵なんだから、このタイタニアという宇宙貴族もそろそろ落ち目ね、という話なんですが。
   真面目なんだけどおもしろみがないとか、2流の彫刻家が作った彫像(生き生きとした魅力がないという意味?)とか、それまで地の文でもムチャクチャ言われておったアリアバートが、年下のくせにキャンキャンあげつらうイドリスにとうとう堪忍袋の緒を切って言った台詞が上の台詞でした。

   もう、びっくり。

   「金鍍金(きんめっき)」という当て字がもう綺羅綺羅しくって、20年たっても脳裏に焼き付いてたんですが(でも細かいところは忘れたみたい)。
   若くて実績がないのに、トップ5家族の当主として(父は病気で彼の成人を待ってやっと引退。その辺の壮絶さが描写されてるので読み進めるとかわいそうなヤツとも思えてくるのですが)いつも偉そうに振る舞っている、口ばっかり達者で中身が伴ってない、というのをびしりと言い当てているんですね。
   そんで「棺桶」だからな。
   自分は大敗を喫したがなんとか生還できた、けれど、あの敵に貴様が当たればきっと死は免れないであろうという冷静な決めつけ。だっておれはタイタニアの軍事を長年(つっても彼も27才)司ってきたから。現場を、戦いという物を知っているから、という重みのある台詞です。

   アニメの方は一瞬旦那様がチャンネルを合わせたのを見て、あら、リディア姫可愛い、と思ったぐらいで全然見てませんでした。この姫様、とある政治的事情でタイタニアに人質としてやってきた某国の王女様なんですが、精神が健全で、アリアバートのイトコで異母兄弟というややこしい関係のジュスラン・タイタニアさんうちのいいお客になっています。洞察力に優れているのに言いたいことはハッキリ言う性格で、ドロドロな貴族社会の中での一服の清涼剤なんです。

   で、なんでこんな台詞を思い出したかというと、だって、うふふ、

   あのひと、あんまり得意そうだから

   未曾有の国難に、ややこしいことは仲間に押しつけて国を明けて、飛び回ってたりするから。

   バラの御殿に、金鍍金の棺はきっと似合うわよ。

   ラノベからまた引いてなんですが。

   旧社会党の皆さんは毎日「十二国記」(小野不由実)からこの台詞を暗唱なさったらよろしくてよ。

   「責難は成事に非ず

   えっとね、シリーズ後半の短編、「華胥の幽夢」からです。前の王は失政続きで、このままじゃいかん、王の施政はここがいかん、と若い理想家たちが王を追って新しい王朝を開いて数年……どうも上手くいかない、わたしは天に選ばれた王じゃないのか、理想を現実に行うのはどうして難しいのだ、こんなにがんばっているのにどうして民心が離れるんだ……悩み始めた新王が、とうと「しでかして」、その遺言。

   ひとが一生懸命やって、それでもほころびが出ている物を、あげつらうのは簡単。さて、じゃあそれをチャラにして一から皆を満足させる物を作るのは……別の問題。

   似たようなことは、「ジェネラル・ルージュの凱旋」(海堂尊)でも言ってましたね。

   若い思慮の浅い人々を対象にしたような軽く読める読み物でも、これくらいのは持っております。文学ってまだまだしっかりしておりますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

ロマンスの神様オネガイします

   今日も虎美は学校へ行きません。
   業を煮やして膝詰めで叱りとばしても、ただ涙を零すだけでがんとして蒲団からでないのであります。昨日は気持ちが悪いと言うばかりで、ゴハンを食べに降りても来ませんでした。そりゃお腹減りすぎてキモチワルイよ。その前は、気持ちが悪い、何も食べたくない、でも、久し振りにカレーは食べたいかもと言うので、(ナニも考えずにそれでカレーを作る親も親! だって、同窓会でお昼にうちを空けるから)カレーを作っておいといたけど、2,3日もなんにもろくに食べてないお腹にいきなりカレー入れたらそりゃ辛いわな。

   昨日はわたくしも風邪でへたっていたので声も掛けずおいといたのですが。
   旦那様は「ちょっと東京に出てきた」中学の同級生と盛り上がって飲んできて、
   「娘が学校に行かないと言ったら驚かれた。おれ達の年頃ではそんなことは思いもよらなかったとかいって」
   「わたくしもです……いや、高校で1人ぐらいはいたでしょうか。遠距離だったのできつかったのもあったでしょうが」
   「必死に金を稼いで持って帰っておるのに娘がこれでは、泣けてくる」
   「はあ、左様でしょうねえ」(嫁は翌日に備えて早く寝たかった)

   学校に魅力を見いだせないなんて、なにを生意気なことを考えているのでしょうか。おまえが部活に出ないことで稽古が立ちゆかず、学級委員の分際で休みまくっておるおかげで他の委員さんにしわ寄せが行っているというのに、ああ、我が子ながら情けない。

   ここはロマンスの神様にお力をお借りしたいところです。
   紫のひともと故に武蔵野の草はみんな憐れ作戦! 大好きな男の子の一人もできればどんなしょうもない学校も外せない愛のステージになるはずよッ!

   ところが、筋金入りの漫画少女なわけで(いわゆる腐女子の予備軍。狭い意味の、少年愛を軸にしてしか物事を見られない状態には遠いですが。旦那様ゴメンナサイ)。
   「現実世界の男なんか興味ない」と、これまた親の因果が子に報い。
   ……イヤおかあさんは中学高校の間ぐらいはクラスで一番数学がデキルYくん素敵~! とラブラブ光線を出しまくったり、図書委員長の先輩の櫛目の通った前髪に萌え倒して図書館に通ったりとか、高等部から編入の今の大河の勝っちこと北村一輝にちょっと雰囲気の似た子にちょっかいをかけに行ったりとリアルでイロイロやってましたけど! ちゃんと! でも戦果はゼロ! ほっといて! 

   虎美の方から誰かをいいと思うことがなくっても、誰かイケメンじゃなくても(高望み禁止!) 笑顔が可愛い気のいいオタク少年が、
   「イインチョー、あんたしかスケットダンスの話題で盛り上がれるやついないだよーガッコ来いヨー」なんて誘い出してくれないかと母は切に願うわけです。

   ホント、頼みますOTL(←万策尽きた図)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

同窓会も回を重ねて

   大学の同窓会に行って来ました。
   皆さんいろいろな方面に羽ばたいていて、近況報告も興味深く聞いてきました。とりあえずバカ受けだったのが、某有名企業で大物になってるマコちゃん(仮名)のお話。

   「わたしの葬式には、みんな花を一輪持ってきて欲しいの! これこそが長谷川マコ(仮名)だとあなたが思う花を! そして、告別式の受付で集計して、関係別にグラフにして参会された皆さんにその場で公表するの! 小学校の同級生ならバラ! 大学ならヒマワリ!ってぐあいに! どう? 受けるでしょう!」
   「そのためにはみんなより率先して早死にしなくちゃなんないわよ~」
   「50、60ならいいけど、80、90じゃあお葬式に自分が行くのも大変だものね~」
   口々に突っ込みを入れる皆さんをよそに、
   (集計して会葬お礼として後日発送じゃなくて、すぐ公開って所がデキルビジネスウーマンだけあるぜ。きっとパソコンに繋げてすぐプロジェクターで映し出せるソフトとかもう日頃使いこなしてるんだろなー。しかしラフレシアは持ってこれねーよ。その季節に手に入って搬入できる花限定になるよな~)とおかあさんは心中たいへんロマンのない突っ込みを入れていました。美しく才長けたマコちゃん(仮名)がラフレシアに似ているという話ではありませんです。どっちかっていうと蘭かバラかって感じ。葬式ってんで色が白限定になるとヒマワリとかは選べなくなりますけど、華やかな花はどれだけでも選び放題かも知れません。

   そーいえば、去年、伯父が旅行記を自費出版して送りつけてきたんですが(なんとなく流し読みした)、パック・ツアーを利用して、同行の女性たちを花に例えて作中それで通してました。「バラがやってきてこのように言った」云々。
   伯父様、わたしのことはなんの花にたとえるおつもり? って聞いてみたかったんだけど、縁者としてはあまり辛辣なコトも言えず困るでしょうし、社交辞令でイマイチピンぼけな花を出されてどういう意味だろうと悶々とするのもいやなのでやめておきました。

   バラのよう、美しいけれどそれなりにトゲもある、という女性は自分の書く小説にも出したことはありますね。源氏物語に登場する女性をそれぞれ八重山吹とか、満開の樺桜とか、漫画版の「あさきゆめみし」では例えていたんですが、あれは漫画ならではのオリジナル描写だったのかしら。女性としては一度そういうことをされてみたいかも知れません。

   そして、
   「この同窓会の最初の頃、ツツミ先生が仰っておられました。
   『諸君らも、同窓会の最初の頃の話題は結婚、しばらくしては子供の話題。それが子供の受験の話になってゆくゆくは葬式の話になるのだよ』って。ほんとにそうなってしまってるわ!」と、ちゃんと先生のお話を聞いてた優等生が!

   いろいろしみじみする実り豊かな会でした。でも、東京ミッドタウンのテラスでのお茶は強風に吹かれながらで、風邪っけで行ったおかあさんは見事にこじらせて今日一日寝込んでたのでした。無理が利かない年になったのね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月20日 - 2009年9月26日 | トップページ | 2009年10月4日 - 2009年10月10日 »