« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »

2009年9月19日 (土)

やっちゃった話2000秋

   10月に幼稚園の願書配布が始まるんで、9月中にそこらじゅうの幼稚園が雰囲気を知ってもらうために運動会を未就園児(とその保護者)に見学させるってのはオール・オーヴァー・ジャパンの習わしでよかったんでしょうか? とりあえず、豹太のときには2つ3つ行きましたかね。

   結局決めたのは伊達政宗の菩提寺の幼稚園でしたが、こちらは専門の体育の先生をお呼びしていて、身体を動かす時間を持っていたと思うんですよ。だから、運動会にもそういうちゃんした体型のお兄さん先生が幾人か参加しておられました。
   幼稚園ですから、おうちの方との競技もそれなりにあって、その年は、猫車っていうんですか、ちいさい一輪車に園児を乗せて、それをおとうさんが押してフィールドを10メートルばかり行って戻ってきてそれをリレーして勝ち負けを決める競技があったようでした。
   その猫車も、わたくしが実家で見たような赤錆びた汚らしいものではなく、ぴかぴかで、荷台部分は赤くって、なんだかとっても乗ってみたい! 雰囲気を放っていて。
   ちいさい豹太は運動会がお開きになって撤収が始まったとき、
   「アレに乗ってみたい」とわがままを申したので。
   わたくしは、旦那様に虎美を見ていただいていたので、さっさと帰らねば、お昼御飯は何にしようとそっちに心が飛んでしまっていて、わがままは聞いてられない状態。
   「だめだぞ、もう帰るんだ」
   「アレに乗りたいの!」
   もう遠慮なく泣き始めてます。ああ、幼い頃の豹太はあんまりお外に出たことがなかったから、出たときにはもういつまでも帰りたがらなくて泣いて暴れたものでした。ああ、思い出すだけで胃が痛くなって来ちゃった。

   「あれはおとうさんが押すものなんだ! 豹太はおとうさんがいないからだめだ!

   つい、大声を出してしまっていました。
   と、背後に立っていたその体育のお兄さん先生が、気の毒そ~な顔をして、
   「いいよ、先生が押してあげる」といって、豹太を乗せて、さあっと運動場を一回りしてくれたのでした。
   あー先生誤解されたかも知れませんが、うちはシングルマザーじゃないです
   「(今日は)おとうさんが(来て)いない」と言いたかったので……もう遅いって。
   お礼を申して早々に立ち去りましたけど。
   豹太ご機嫌でした。

   あーえーと、そういうわけで、その撤収も400年の歴史を数えるお寺のご住職たる園長先生が率先して汗をかいてらして、ここは気持ちのいい幼稚園だと思いましたので、改装前でかなり老朽化した園舎でしたがここに決めました。その年に立て替えが決まって、虎美が入る頃にはもう明るくモダ~ンな新園舎になってましたのでわたくしの選択は間違ってなかったと思っております。お集まりのお母様方も、先生方もみなさんいい方ばかりでしたし。

   仙台市のZ寺付属幼稚園はお勧めです。

   と、恥ずかしい過去を晒す代わりに宣伝しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

とうとうこの日が来ました

   って、もう認証式も終わって船出しちゃったんですけど。

   

シモツケと 素で読んでいる 3代目         舞音

   いやいくら何でも「ゲヤ」と読めるだろう。それとも「シタノ」と読むのが普通か。与党が野党になってしまうのはゲヤでいいんですよね? いや、現代日本で下野をシモツケと読めるのは栃木県人だけだったりして(ヒドイ)。太郎ちゃんは孫だけど3代目とは言えないだろうとか突っ込みはやめてね。元ネタあってのことだから(→ 売り家と唐様で書く3代目)。「唐様で書く」といえば、「丸文字で書く」連立党首(福島瑞穂社民党党首)には参った。やっぱり政権担当者には品格が欲しいです。

   あんまり首班指名選挙の前から「鳩山首相」「ハトヤマ総理」とうるさいから、ここで仲間割れが発生して、前代未聞、300とっといて党代表が首相になれないって事態の出来を期待してしまいました(おかあさんのひねくれもの!)。

   自民党総裁選の方は谷垣君がやっぱり出馬したそうで。「先におれがやらせて」って太郎ちゃんが取引を持ちかけてたらしいから、ここは義理を果たさないとね。東大法学部に8年も行ってたらさすがに恥ずかしい間違いはしないだろうか、でも、往時の東大法学部は気の利いたひとは3年で出るというのがその筋の常識らしいし(在学中に司法試験や外交官試験に合格する。いやだそんな勉強しかしてない青春!)。青春を謳歌した谷垣君はもしかして下々の人の心の解る宰相になるかも知れませんぞ(河野洋平君に続く、自民党総裁でありながら総理大臣になれなかった可哀相なひとになる可能性は大)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

おとうさん脱走する

   昨日、不定愁訴の虎美を今日こそはとお医者に連れて行ったら。
   虎美が、前方を指さして「おとうさん!」と叫ぶではありませんか。旦那様がどちらに、と見やると、ソフトバンクのCMに出演中の白い毛の柴犬(?)が、行く手からわほわほやってくるのです。
   「なるほど、『おとうさん』だな」と、しばらく見ていると、その「おとうさん」、お付きの人を従えていると思いきや、首につながったリードの端は巻き取れるパーツごと地面を擦っていて、ええと、野放し状態。ダメじゃん!
   「おとうさん、おとうさん、おつきを置いて来ちゃダメ!」
   「おとうさん脱走です! おとうさん脱走!」
   口々に叫んでました。

   その声に気がついた「おとうさんのお付きの人」が、脇のお店から飛び出してきて、
   「すいません!」と言いながら「おとうさん」の首のリードをどこかに結び直してました。

   「しかし似てました。海平と波平ぐらい」って、サザエさんちのあのおとうさんは双子だそうですね。
   ……と、 この話を旦那様にすると、
   「あのような犬は日本中になんぼでもいるだろう」
   「それでは日本中でたくさんの犬が散歩をするたびに『おとうさん』と呼ばれているわけですね。飼い主さんは、ホントはうちの子はヴォルフガング・アマデウスちゃんなのに、とか思ってても」柴犬にアマデウスはないか。モンジローちゃんとかね(いやどうだろう?)。
   みなさまもお散歩のついでにでもお店にお寄りの際は、お犬様のリードをしっかりと固定なさってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

アニメ「蒼天航路」見ました

   アニメ化されることは知ってましたが、続報がないからぽしゃったんだとばかり。今は深夜枠の方がアニメが多いんですね(子供がゴールデンタイムにTVの前にいないから)。
   今、初めて見ました。「蒼天航路」!ええと、官渡対戦の前あたり。カクカクが投降してました。

   クオリティ高ッ! これは見て損はないです!

   ただ、あの作品は台詞のパワーが魅力のかなりの部分を占めてますから、声優さんも、舞台俳優のような大げさなノリを出して欲しかった(舞台俳優さんに含むところはないですが。なんか独特な発声とか、あるでしょ?)。です。もうちょっと、朗々とした声で、強弱というか、波をつけてしゃべる感じで。特に夏侯惇さまはもっとだみ声でもいいくらい。

   難しい漢語や現代日本語にない概念の文字が多い(今回分だと「宣戦布告を宣戦誣告に変えよう」とか「侠」とかね)のを、画面にその字を出しちゃって表現する演出は苦肉の策でしょうか、はまってる感じはしましたけど。

   次回は白馬津です。楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旦那様の本棚

   レコードには「ジャケ買い」という買い方がありますそうで。
   とくにそのアーティスト(演奏者?)に興味はなくても、ジャケットが美しければ買ってみようという消費行動のようです。曲を結構知っておいて(コンサートで聴いたとか、自分がそれを演奏した経験があるとか)、それでその曲が目当てで買うわたくしには思いも付かぬ買い方と思っておりましたが。

   旦那様の枕元に本が増えたなと思ってちょっと表題を見ますと、一時期のように抹香臭い本は減って、
   「はどうしてわがままか」、「のつもりが虎」。
   旦那様癒されたいみたいです。
   しかしながら、旦那様「ジャケ買い」タイプみたいで、「猫はどうしてわがままか」って、やや固めの動物の生態についての本だったみたいで、猫の話はそのうち1エピソード、数ページだけで、あとは、2,3ページぐらいずつの動物の生態を解説したちょっとしたエッセイ風の読み物集でした。旦那様は短い、読みやすい話をお求めだったので、笑いこけるわたくしを横目に「別にそれで構わない」と憮然としておられました。
   「猫のつもりが虎」は、丸谷才一のエッセイ。タイトルは、江戸時代の画家が絵が巧かったから猫も虎に見えたとかいう故事にちなんでるそうで、猫が出てきたのはこのページだけというエッセイ集で……もう、嫁は転がり回って笑ってたりして。読ませて貰いましたが、でも、猫関係なくても面白かったからいいじゃない。

   旦那様、せめて中身確認してからお求めになったら?

   それで、カワイイ猫の話の詰まった癒される本はどのような本がありましょうか? どうかご推薦の本がありましたらお教えください。

   「わたくしの本お貸ししましょうか?」
   「長い話は読みたくない」
   う~~~~~~~~ん。短編集っていうと、「探偵ガリレオ」ぐらいしか手持ちがないなあ。ハルヒの3冊め(短編集になってる)じゃ話の繋がりわかんないですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »