« 2009年4月12日 - 2009年4月18日 | トップページ | 2009年4月26日 - 2009年5月2日 »

2009年4月24日 (金)

本日の一発ネタ 季節限定薬

   旦那様は例によって体調不良。

   「クスリが全然効かない。メイアクトはダメだな」

   「はあ……」メイアクトって抗生物質だったっけか? クスリの名前に詳しくなっちゃって、もう。

   「5月になったら効くんだろうか」

   「いやだぁ~~~~っ旦那様ったら!」
   「いやもちろんメイアクトのメイは明治製薬のメイなんだけど」
   「存じてますぅ~」もちろんactには「(薬が)効く」という意味がございますぅ~。

   「おとうさんが帰ってきたらおかあさんがハイになって眠れやしない」と、不眠が理由で不登校になった虎美は図々しくも親に理由をおっかぶせるのでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラッシックはホールで聴こう

   ユーチューブで公開されていた映像付「カルミナ・ブラーナ」、しばらく別の曲に浮気をしていて、この前見に行ってみたら「著作権者からの訴えにより削除されました」って、やっぱなあ。いずれ名のある監督の撮った音楽映画だったのであろう。こちとらキャストには興味なく、歌のうまいアンちゃんだなあと思ってたら、シモヤナギ先生も引っかけたらしく、
   「あれはヘルマン・プライです。演じているひとは別人、口パクで、アフレコですがね。皆さんも見るといいですよ」とこの前の練習でご推薦してくれてました。もう遅かったけど。

   それで、他に全曲通しでやってくれてる映像はないかとあれこれ探してたら、UCDavis って、カリフォルニア大学デーヴィス校? そこが2002年に演奏会用ホールを寄付してもらったとかで、そこで学内オケと合唱団とでやった2007年の映像が上がってました。ここはそういうコンサート映像を大学としていろいろ上げてるみたい。感謝・感謝。

   アメリカの大学らしく、スネアドラムを叩いておるのは絶対日本人! ないがぐり君だったり、ファゴットにも日系人らしきのび太くんぽいお兄さんが見えたり、ドレッドなお兄さんがテューバを抱えていたりと人種もさまざまなところが興味深かったですね。

   ソプラノ・ソロは黒いおねえさんで、これがまた絶品。空間を切り裂く美声。ピアニシモなのになんでこんなに良く通るの!? そんなに「クラシックですぅ」って口の開け方をしてないように見受けられるのに、ほんとに良く響く。うらやましい。これも持って生まれた体格、身体能力ですか。じゃあ、黒いひとには絶対勝てないんじゃない。くやしい。

   バリトン・ソロはシュワルツェネッガー州知事を少し恰幅良くしたようなチャーミングなおじさん。茶目っ気ある人で、Ⅱ In taberna 初っぱなの聞かせどころ、最後、「トーゥイス!」と上がって終わるところを失敗して裏返ってしまったら、ホントに目を点にして、そのあとにやっと笑って席に着いてました。
   「おまえそこ一番の聞かせどころだろう!」 と見てるこっちはすかさずちょっと怒りをもって突っ込んじゃいましたけど。
   ソロの後ろに立ってる合唱の男声が、にんまり笑ってるのまで映ってました。その右側のひとは端整で、衣装のせいかレストランのヴェテラン給仕みたいで良かったです(そんなとこまで良く見る!)。
   次の「おれは修道院長様だぞ」では、楽譜から眼を離して、カメラ目線で、指を指してみたり、ウインクしたり、演技力も見せてました。これはその場だったら絶対気がつかない! 遠くって! ユーチューブ様々。ソロと男声合唱の掛け合いの後で「ハハ!」と合唱が締めるところでは、わざと背後の叫びにびっくりして見せて、外連味たっぷり。客席からは失笑。

   こーゆーのがあるからlive画像は楽しいですね(悪魔?)
   学生時代に、後輩の行ってる合唱団のヴェルディのレクィエムを聞きに行ったときのこと。
   (調子悪いんだな、テノール、この先聞かせどころあるのに大丈夫か?)と思ってたら、長い2曲目、Sequenza の途中で声が出なくなって、とうとう曲が止まってしまいました! 指揮者とテノールが舞台袖に引っ込んでひそひそ。ややあって、当夜(昼のプログラムだったかな?)のステージ・マネージャーとおぼしき男性が出てきて、
   「テノール歌手の××さん、来ていらっしゃいますか?」
   飛行機コントで良くある、「お客様の中でお医者様はいらっしゃいますか?」のシチュエーションですよ!
   友人繋がりでご招待されていたらしく、無事名乗り出られて、その方と交代、プログラムはやや戻った曲のきりのいいところから、その平服(といってもスーツ)をお召しの××氏を代役に立てて再開されました。もちろん、その後のテノールの聞かせどころ、Ingemisco もつつがなく乗り切って、きりのいいところでお召し物も盛装に替えて、無事その曲は最後まで演奏されたかと。最後の拍手はもちろんその代役テノール氏に注がれました。

   いろんなコンサート聞きにいって(っていってもたいしたことないけど)一番凄い経験はこれでした。

   どれくらい凄いって、その次の週、なんとなくうちで「徹子の部屋」見てたら、佐藤しのぶが出てて、オペラ歌手は体調管理が大変、舞台の前にはプレッシャーもかかる、どうしてもだめなときは直前でも代役を立ててもらうことがある、この前も途中で歌えなくなったひとがいて代役が立ったことがあるようだが、本当に大変なことなのだと番組内で言及があったくらい。(録画放送なのに。もしかして別のひとのことをしゃべっていたのか?)

   ま、一人で何百人を背負って歌うんですからそれぐらい大変な仕事なんだなあと、簡単になれる職業ではないと実感しました。

   と、こういうハプニングもありますって、人の失敗を期待するのもなんですが。

   わたくしは貧乏学生ノリで、
   「同じ曲をそんな、指揮者や演奏者を替えて何枚もレコード集めて聞き比べて蘊蓄垂れるほどのクラッシック・オタクじゃーねーよ」と、小遣いはたいて買った一枚きりのCDをすり切れるまで聴き込んでおりますが、それは正しいクラシックの楽しみ方じゃないなと最近になって思い至った次第。

   やっぱり、いろいろ聞かなくちゃ。

   この前取り上げたシューベルトのミサでも、同じくユーチューブで拾ったトルコのオケがやってたアイーダの凱旋行進曲でも、
   「おいおいそれどういう解釈!? 頼むよ、この演奏だけ聴いてこの曲こういう曲だと思われたら泣くよ!」という演奏があったりします。やっぱり、いろいろ足を運んで、いろんなひとの演奏を聴いてみるもんだなと齢40すぎにして思った次第。

   ……でもやっぱ敷居高いよね。チケットもね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

エースナンバーは譲れない

   この春のワールド・ベースボール・クラシック、きっとボロ負けなんだろうな、恥ずかしいな、哀しいな、と始まる前から心にシャッターを下ろしていたら、まあ、なんとか勝ち進んでV2! ニッポンプロ野球ってホントにレヴェル高かったんですねえ。

   それで、なんとなくTVを付けていて、
   「背番号は各人自分のもとのチームの番号を付けて出ておるのか? それで被らないのか?」と呟くと、
   「おかーさん! 今更すぎ!」と豹太がもだえる事ったら。
   ばっちり被っていたそうです。
   楽天で言うなら、田中まーくんがエースナンバーの18番のところ、18番には世界のマツザカという偉大な先輩がいたものだから、何番だっけ、慣れない番号を背負って最年少として気を遣いまくっていたそうです。そりゃそうだろうな。

   エースナンバーは誰が始めたのか18番だから、そりゃ期待の新人はみんな付けますよね。ジャイアンツは誰だったっけ、堀内か?(古い!)そうそう桑田もだ! 前後賞で17と19も投手多いそうです。17は槙原で19は小林だ(古いって!)
   もうひとつのエースナンバーは20番。こっちも定岡だったかなー(おかあさん、古い、古いって!)楽天では長谷部くんです。
   現役時代の星野仙一も20だったなー。松井以前の郷土の星、中日の小松辰雄は最初、400勝金田の34番だったけど、エースに育ってから星野の20番もらったんですよねーって、石川県人にしか通用しないネタ。
   背番号21のエースは現岩隈

   こういうのはウィキペディアに細かく資料が載っていて、今現在それ見ながら書いてますけど、過去に偉大な選手がいて、彼にあやかるように期待の星にその番号が与えられ、また彼も活躍するのでエース・名選手の番号として定着するというパターンでエースナンバーは増殖してゆくのですが(きっとこれからは11番もより有名な番号になるんだろう)。

   逆に、彼が付けたがために有名な番号になったという番号もありますね。

   

イチローの51番。松井の55番。
   松井の55は、れいの王さんの55号ホームランを超えてくれという願いがあったそうですが、超えなくても世界の長距離ヒッターになったし。

   

江川の30番も、あの入団のトラブルで、イヤなイメージがついちゃって、本来なら18や20を背負うべき選手なのに、負わせてあげられないという事情があったんだと思います。「おまえなんかこれでも背負っておけ」っていういやみとは思いたくないな。でも、彼は黙って実力を見せつけて、30番といえば江川、実力派の番号として記憶に残ったんじゃないでしょうか。とりあえず、馬の歯式の語呂合わせには(江川のミミ=3033という語呂合わせであると「動物のお医者さん」に紹介されていた)使われるぐらい。楽天ではおかあさんひいきの永井くんが付けてます。大きく育ってね♪

   わたしはこっちがいいな。期待されて、この番号をきみに用意しましたと言われるより、自分の力で知名度と人気を獲得して、どこの何番と言えば(チームを限定しなくたって!)すぐさま××! と名前の挙がる名選手にこそなりたいものですね。移籍しても、「nn番はきみのために空けさせます!」と言わせるぐらいにね。

   まあ、18番を背負っちゃったまーくんはしょうがないですから、3年後にはぶっちぎりで「18番は田中」と言われてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

ディジタル・ディヴァイド・イン・PTA

   とーとー出ました。本日のPTAの新委員長顔合わせ会で、
   「学校のPTA用パソコンはウィンドウズEPでちょっと古いですから、おうちでお使いのパソコンで保存した文書はうっかりすると開けられませんのでご注意ください」って。
   「原書は活動報告書フォルダに入れておいておきますからそれ使ってください。インターネットには繋がってませんから、USBを繋げてもってってください」
   とうとうわたくしもついていけないレヴェルです。
   前回の、各委員会の顔合わせで
   「文書はこっちのフロッピーにありますけど、使いますか?」って先代さんに言われて、
   「フロッピー? 光り輝くお皿に焼いてくれてないんですか?」とニヤニヤしたら、
   「はいこれ」とまるっきり無視して渡されたのが3.5インチのあの固いフロッピー・ディスクで。
   (おいおい、イマドキ3.5インチフロッピーなんか、食えるハードあるのか?)とか内心突っ込んでたら、受け取る書記役のママさん(パソコンできると立候補してくださった)も狼狽えてました。
   「れいのフロッピーですけど、今年の方はなんとかして読めたらしいんですが、もう次世代には無理だと思うんで、そろそろUSBで引き継ぐことにしたらいいと思います。本部役員の方に話を通して予算取ってもらってください」と、今日になってご指示が。

   相方はパソコンができない方らしくって、ビビりまくってました。

   仕事持っててパソコンも最新機器がバリバリ使えるひとと、うちにパソコンなくって、文章打つのも苦手だわというひととの差が大きくなって、イマドキはパソコン使えないとPTAも引き受けられないってなると……厳しいですよこれ。

   「今年の役員のメイルアドレス一覧」なんて配られて、「こちら宛にご自分の家(の)電(話番号)、携帯とお名前役職名入れたメイルを送ってください。それで登録して、以後ご連絡はこちらにさせていただきます」って。
   便利は便利なんだろうけど……。時代は変わったなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

九谷は強いよ

   さっき急いでて、両の手にそれぞれお茶碗を持って濯いでいたら、手が滑ってぶつけてしまいました。

   

さすがは九谷焼! あんまりなんにもない新所帯を哀れんで、「酒屋さんからもらったようなお皿で悪いけど」と早乙女家から戴いた組の小鉢までいかない、ちょっと縁のついたお皿の方が勝って、虎ちゃんのそこらへんのスーパーで買った粉ひき(?)ぽいご飯茶碗がまっぷたつ、というか、1/4と3/4という割れ方をしてしまいました。

   しかし、重要度で言えば景品をさらに回してもらったお皿(既に欠員も出ている)よりは、虎ちゃんの毎日使うご飯茶碗の方が、お金に換えられないくらい大切なのです!

   どうしよう!?

   この前のお茶碗も、
   「買って3日目でおかあさんが割っちゃったのよね! あたし気に入ってたのに!」とことあるごとに言われてたのに。よりによってまた虎ちゃんのだよ。

   丁度出かけるところの旦那様に買いに行っていただくことにしましたが、実の親にとはいえこう他罰的では虎美に友達ができないのも諾なるかな。嗚呼、イーヴィヒベルク小学校の皆さんすいませんでした、この子の不登校は100%本人に問題がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同窓会のメーリングリストにて

   「90代男性 
      病歴 :
      80歳の頃に、C型慢性肝炎を指摘されるも、
      年齢などを理由にインタ-フェロン療法の適用外ということで云々

      平成21年MM月DD日
      腹部エコー検査にて、Xcm × Ycmの腫瘍を指摘され、
      平成21年mm月dd日
      造影CTを施行したところ、肝血管腫と診断された。」

   から始まって延々個人の病例(症例っていうの?)を垂れ流した挙げ句に、

     「今後の検査方針、治療方針について、アドバイスできそうな方、
さらに詳しいデータを送りますので、個人的にメールを下さい
。」って。

   そりゃ理系強い高校で、お医者になった同窓生も結構いますし、最近のネタは某君が開業して、なんとうかいう手術ができるのは北陸ではここだけなのでヨロシクとかいう話だったり、某女史の開業しているクリニックが地元ローカル雑誌に取り上げられましたとかいう話なんだけど……。

   

そういう話はお医者だけでやってくれよう。

   やっぱり文系は潰しが利かんよなあと、またしても専業主婦は一人だけというPTA会議に出席して委員長を拝命したわたしはしみじみ致しますのさ。

   それで、お医者相手なら、こういうのいきなり送りつけて「助言頼むっ!」っていうのアリなんですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月12日 - 2009年4月18日 | トップページ | 2009年4月26日 - 2009年5月2日 »