« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »

2009年3月28日 (土)

「カルミナ・ブラーナ」 10 Were diu werlt alle min 豪傑訳 

   「ラインの河の際までも~♪」暗譜は快調。第10曲「イギリスの女王様」はもはやお買い物の時の鼻歌になっております。ところが、ここへ来て大変な事態が出来。

   現役の時のスカートが入らない!!

   卒業式のスーツを出したついでにはいてみたらこれが、ちょっと痩せたら入ると言うレヴェルではなくて。10年前には入ったんだけどなあ。そのあと、幼稚園の送り迎えがなくなって激太りしたんだよなあ。

   しかたがない、これは覚悟を決めて、金沢に向かって叫びます(当然、手には電話の子機)。

   「おかーさぁん! 助けてー!!

   母はたいしたもの、あっさりと、
   「いいわよ。3日もあればできるけど、送るのに日数がかかるから、最低一週間前に服地とデザインと寸法寄越してね」って。 

   嗚呼、その娘のわたくしが今、たった20センチ四方の刺繍で呻吟しておるというのに、なんと偉大なのでしょう。そりゃ、演奏会用のスカートって、4枚はぎで実にシンプルな形だったけどさ。ここへ来て、人間として、女性として完全に母に負けたと思ってしまったわたしでした。虎美がお花のお稽古に行ってる隣駅の輸入雑貨のお店が閉店と言って、あの、マダムの憧れ、ドイツのシュニール織の有名ブランドのハンカチを投げ売りしておったのを買ったの、自分用にしようと思ったけどやっぱり母の日に貢ぎます(母にも、と思ってまた今週行ったらもう閉まってた)。

   ということで、気を取り直して行ってみよう!

   ラインの河の際までも

   ラインの河の際までも おれに領土があったとて
   おれはそいつを捨てちまおう そいつをあっさり捨てちまおう
   イギリスの女王様が おれの腕の中にいてくれるのなら

   最後の長く伸ばしてるところに入れる歌詞が結構微妙ですが、まあ、こんなところで。

   「des wolt ih mih darben」の繰り返しは、敢えて前半の歌詞を変えてみました。その方が、ダァァルベン♪ と繰り返してかろやかに捨てちゃう、捨てちゃうと強調してるのが活きるかなと。

   あとは肝腎のプロローグ「おお、運命の女神よ」、第1曲と第25曲が同じなんですが、これがなかなか入らない。これが口パクじゃあみっともない。なんとかしなくっちゃ。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

王様の耳はロバの耳っ! 新人教育篇

   それでアルバイトをもらったんですが。

   いきなり知らないカワイイ女の子の名前でメイルもらっても、「原稿依頼の件」とタイトルがなかったら、たくさん送られてくるえっちなメイルと見分けが付かないじゃないですか!!
   前はちゃんと紹介してくれた方から「このあとメイルを差し上げさせます」と連絡があってその後、男性の担当の方がフルネーム名乗ってくださったから驚かなかったけど、今回はなんの引き継ぎもなしにいきなりで!

   あやうくアルバイトのチャンスを逃すところでした。

   メイルのお名前はこちらが注意力散漫というか、先入観を持ってたということでしょうがないにしても、担当が変わったぐらい一言あってもいいでしょ!

   しかも、今までは参考資料は「原稿確認のあとこちらから指示しますのでご返送願います」つって、返信封筒付(もちろん料金分の切手は貼ってある!)だったのに、今回は「データのCD-ROMはご返送願います」って、そんな、CD-ROMを送れるような封筒、普通のうちは常備してません! (山だからコンヴィニも遠いの!)エンキョクに、
   「返送の方法についてご指示ください」と言ってやったら、「弊社から送ったときの梱包用材を使って再送付で結構です」って、こんなペラ一枚の不織布の袋で? DSのソフトをころりんと茶封筒に入れて送ってきた豹太のお友達(中2)と同レヴェルだよ!
   しかたがないから、原稿提出用の大判封筒を切りつめてCDーROMが入る大きさにして、うちにあったエアパッキンでくるんで入れました。送料120円は自己負担なのね? ああ、世知辛いわあ。

   そりゃこっちも、今まで毎度、あ、資料お返ししますの手紙の1枚も付けずに送っちゃってたなあと、出したあと気がついて冷や汗かいてたけどさあ(銀行時代は、ちゃんと「送付票」ってのがあって、「何月何日、以下のものを送りますのでご査取願います」と印刷してある小さい紙に、こちらの部署や自分の名前、相手の部署や担当者さんの名前、余白部分に入れた書類とか伝票のタイトルを書いて入れてたもんだけど。あれも手前で書くと思ったら手間よね。別に、研修の時に必ず使えとか書き方はこうとか、言われた覚えはないけど、課の戸棚整理してたら見つけて、使っちゃおって勝手に使ってただけで。普通の小さな会社だと無いのかな。紙の無駄って考えかしら)。それにしても、このお嬢さん、一事が万事なのかしら、わたしが細かすぎるのかしら。
   今回は、こっちが背筋を正す思いもあって、絵はがきだけど、「CDーROM返送いたします。ご確認ください」ときれいな模様のやつを使って書き添えときました。一筆箋が見つからなかったのと、折れ曲がらないようにとの芯を兼ねるつもりで。
   よっぽどこの前までの担当さんに言いつけたいけど、それで仕事来なくなったら困るしなぁ、ということで、「王様の耳はロバなのよッ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プライスレスな金婚式

   ええと、陛下達と同じ年に結婚したという早乙女おとうさんおかあさんの金婚式が迫っているというので、なにかお祝いをしなくてはならないということで、いろいろ悩んだ挙げ句、刺繍かなにかに「金婚式おめでとう」のような文言を入れて、子ども達にも一刺しぐらい手伝わせてプレゼントにしよう、ヘタでも安くても真心が籠もってればいいだろう、と思いついたのが先週。アルバイト明けの昨日、さっそく駅前のサティで刺繍のキットを買ってきました。

   豹太に「金婚式」を和英辞書で調べさせておいて、模様の余白に方眼にレタリングして書き込んだのが昨日。図案を10×10の枠で分けて、ざっと数えると、約169枡、それを4月末までの37日で刺すとして(余白はなにも刺さないところもある。余裕があればクッションに仕立てるつもりで))、一日約4枡半ぐらいやってけばなんとか完成するだろと、昨日からのんびり刺し始めたら。
   クロスステッチを設計図にしたがって糸を変えてただ刺していくだけというスタイル、同様の、短い毛糸を土台のネットに結びつけていく段通のような絨毯キットは父が昔やっていたので見覚えがあって、とくに難しくもないだろうと思ってたのですが、これが。
   段通は、糸が一本一本独立してますから、1行済んだらまた1行、記号と毛糸との1対1を間違えないでさえいけば、父なんかナイター見ながらやってましたけど、刺繍は糸が繋がってるから、その記号を探し探し、できるだけ最短距離で刺していかないといけないんですね。って、あ、また数え間違えた……。
   そろそろ老眼が始まったのか、この秋ぐらいから針に糸を通すのがちょっときついわとか思い始めてて、さらに、暮れからの創作ラッシュでパソコンを睨んだマンマ4,5時間、なんてことが続いて、もう遠くのものが霞んできてました。このクロスステッチ用の目の荒いクロスの目を数えるのも辛いし、設計図で記号を追うのつら~い。
   ああ、それなのに、豚娘は「じゃ、がんばってね」とさっさと部屋に引き取ってしまって……わかった! おかあさんが責任持ってやるよ!

   とりあえず、設計図は今日、出先で拡大コピーを取りましたが、A4をA3にしようと思って200%を選択してしまって「原稿が切れますけどいいですか?」と何度もコピー機に聞かれて、意味が解らず強行して端っこが切れちゃって、それは√2だから約141%だということにやっと気づいてやっと求める大きさに拡大(キリンも老いれば駄馬未満なのよっ! ……誰が麒麟だ) してきました。

   でも結局数え違いがあって、やってるうちに目数が合わなくなって、ほどいてる内にめんどくさくなっていい加減なやり方をしたら絡まって、とうとう糸を切ることになって、もう泣きたい気持ち。

   さらに、ほどいてるうちに手が滑って糸もなんにもついてない針が床に!! もう、磁石片手に大掃除。どうしても出てこなくて、エプロンのポケットに手を入れたらそこに入ってたりして、もう、ドラマじゃあるまいし。

   なんでわざわざ苦手なお針仕事を選んだんだろう?

   おかあさんも頑張るからあんた達もガンバレと、今年受験生の豹太とか、学校にどうしても行けない虎美とかに親らしい姿を見せたかったのですが、これだよ。

   得意分野にしておけば良かったのに。
   二人の名前組み合わせて読み込んだおめでたい和歌とか。
   いや、説明しないとわかんないようなそんな有り難みが微妙な和歌、昔、友人のお子さんの誕生祝いに詠んだことありますよ。実際。うん、あんまり受けませんでした。

   それで、また泣きながら刺繍に戻りますんで、そういうことで、あと1ヶ月は更新ほとんど無いと思っててください。

   普通のうちだと温泉旅館にご招待とか、金の記念グッズとかプレゼントとかするんだろうけど、先立つものがないのよ、困ったことに。
   とりあえず、「GOLDEN WEDDING」の文字くらいは金糸で刺繍しましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

海よりも深く反省。

   あれだけ担当さんから進捗をこまめにチェックされていたのに。
   またしてもアルバイトが締め切りギリギリでした(イヤ過ぎてるだろうよ)。4時ぐらいに30分程度寝たのがいけなかったのかなあ、いや、そんな可愛い時間の足りなさじゃなかったし。やっぱり3連休だからとついつい遊んでしまったのがいけなかったのでしょう。今後はもう少し早めに着手しようと。11時40分ぐらいに原稿をあげてメイルで送信して、洗濯機回してすぐコンタクト外して寝ました。見事な昼夜逆転生活です。エコな生活頑張ってるひとごめんなさい。

   それにしてもまた今回のセンセイも話の衣が厚かった。けっこー、個人的恨みをこういう講演会で晴らしてる感じが見て取れて、個人的に尊敬できない感アリアリでそれで途中でイヤになってしまってたんですが、仙台の某私学の理事長さんとかでミッション・スクールの理事長でクリスチャンというのは今書いてる小説に出したとこだったので、へえ、こんな感じ、と勉強になりました。こんなふうにどこに行っても手前の学校の進学状況とか部活の入賞歴とか垂れ流して歩くものなんだ。ご迷惑ね(カワイイと思おうよ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ジョジョの奇妙な冒険」 おまえが言うか

   あした締め切りだってのに!
   毎日新聞のせいじゃなく、おかあさん最近鬱入ってきて新聞もほとんど手を付けない日々。珍しく開いてみれば、書評欄、今日だけ珍しく当たったのか、毎週担当してるのか、マエストロ佐藤賢一による「この人・この3冊」は「メアリー・ステュアート」を描いた作品を選ぶという回でした。

   A・デュマとツヴァイクってのは、どちらも聞いたことある作家ですね。メアリー・ステュアートって、エリザベスⅠ世のライヴァルとして有名、負けた方としてはさんざんな伝わり方をしてますが、実際どうよ、とマエストロも仰る。デュマの方はメアリー擁護だがやや苦しい、ツヴァイクは魔が射した説だがイマイチ、とマエストロは点が辛うございます。じゃあ、あなたが描いて♪
   残る1冊に「ジョジョの奇妙な冒険」を挙げるところが凄い。デュマやツヴァイクに並ぶか、荒木画伯。しかも、ジョジョは大河だけど、第1部の脇役のバックボーンとして描かれたダケですよ、メアリーは。それにしても、「どんな強い男でも心の安らぎを求める……恋でなく、もっと大きなものに身をゆだねる やすらぎに!! メアリーにはその魅力があった」、たしかにこういう下りはありましたが、ただこの1文ダケで、マエストロをして納得させるとは。さすがは「深紅の秘伝説」(作品の初期の煽り言葉)。
   しかしながら、この文の前振りの「ジョジョの奇妙な冒険」の作品紹介に「物語そのものは荒唐無稽」って、マエストロ、あなたがそれを言いますか。なんか複雑。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »