« MOMOTAROH!? | トップページ | 究極のフェイント »

2009年12月24日 (木)

してやられた話

   それで、お昼を済ませてタラタラとお皿など洗って、2時過ぎに支度をしまして虎美を呼ばわって、
   「ケーキ買いにいくぞ!
   折しも前日実家の母からお小遣いが届いておったのであります。おかあさんありがとう!
   とりあえず、駅ビルに入っている甘みがしっかりしている系ケーキ屋さんのイチゴの載ったものをチェック、4~6人分だと4000円を超えてしまうので、判断保留で次へ。

   駅を出たところにケンタッキーはあるんですが、とりあえず、列に並べば買えるチキンは後にして、いろいろ見て回らなくちゃならないケーキを優先、と、チキンの特設カウンターがあることだけ確認して通過(これが痛恨の判断ミス!)

   京王系列のファッション・ビルの地下は、このゴールデン・ウィークに豹太のバースデー・ケーキを調達したところ。その時とほぼ同じ星形のクッキーの載ったケーキはいいんですが、どうも現品限りっぽい? ご予約のお客様はこっちと誘導してるけど飛び込みはダメなのかなーと保留。
   「昨日、イトーヨーカドーに特設会場できてた」
   「なぜそれを早く言わぬか」
   イトーヨーカドーでは、地下の名店街に店を出しているケーキ屋さん3軒と1階に入ってる喫茶店、近場のケーキ屋さん何軒かで確かに特設会場を形成してました。
   「だめだ目移りする」
   さらに向かいのサティに見に行くも、サティはテナントのモロゾフ程度で。入り口にシフォンケーキを土台にしたらしいケーキの売り場ができていましたが、
   「シフォン・ケーキはふんわりしすぎていて嫌」という虎美のワガママでまたイトーヨーカドーへ。再度特設会場を一周して、結局旦那様の暫定1位の杏仁豆腐のケーキ屋さんに決めました。
   「小田急のカードお持ちですかー?」
   「あるわッ」
   「ポイントお付けします」
   「おたくのスタンプカードもあるんだけど、クリスマスはダメ?」って、主婦の財布を太らせる元凶であるところの、「お買い上げX00円毎にスタンプ押します。たまったら粗品進呈」のあのカードにスタンプを押して貰おうという図々しさ。
   「いいえ、押印させていただきます」って、またいきなり財布の中からスタンプカードを探して探して、押して貰っちゃった。もう、いつもと桁が違うから一気にスタンプが埋まる♪

   そして駅前のケンタッキーに引き返して、おねえさんがトナカイの着ぐるみを着ている特設カウンターに顔を出すと、クリスマス・パーティバーレルはチキン数本にポテトにケーキがついて3980円!? 
   「ケーキは買っちゃったのよね」
   「お日持ちいたしますから」
   「だってねー」今流行りのヨーグルトっぽいチーズケーキでしょ? 昨日ピザと一緒に取っちゃって、まだ残ってるんだ。そりゃいくらクリスマスでもぜいたく。
   「ケーキの入ってないセットは? 揚げたチキンで」
   「相済みません、20時からになります」
   おかあさん意味がわかんなかったですね。
   その特設会場ではその他はみんな、ローストしたやつばっかりでした。
   「お店に並ぶわ」と、その場を離れ、店の入り口の行列に並ぶと、ほら、サンタの格好をしたお姉さんがメニューを見せて説明してるじゃないですか。
   「本日大変チキンのお求めが多く、通常メニューは切らしてしまったんです。20時からでしたらご用意できますが」って、売り切れですか!?
   「……隣のパシモンの駅前にもケンタあったわね」
   「はい?」
   「隣の駅のパシモン支店にいってもやっぱり売り切れかしら?」
   おかあさん、今落ち着いて思い出したら駅前にケンタがあるのは反対側のアルト・リリエンベルクの方じゃなかったかしら? でも、両方にあったかもね。
   「……おかあさん、どこに行ってもこの分じゃ今日は売り切れよ」
   諦めて歩き出しました。イトーヨーカドーの下に入ってるトンカツ屋さんでチキンカツを4枚買って帰りました。うん、昨夜から豚大根煮込んでおいたから、大根食べないお兄ちゃん以外はそれでいけるし。
   「400円で済んだから、安上がりだったじゃない!」
   珍しく、虎美に慰められちゃった。
   「お兄ちゃんはだからオレ言っただろ~! とか言うと思うけど」
   これくらいのトゲは気にしない……。

   おうちに帰り着いて、チキンカツだけじゃ嫌だとお兄ちゃんが泣いた時のために、肉っけのおかずをなにか見繕いに行ったんですが。お総菜売り場で、ローストチキン2本598円のパックを見て、これぐらい保険で買っといてもいいかなと思って立ちつくしていたら、
   「はーい、ちょっと待ってね」と、お店の方がなにやら厚紙を持って現れて。
   「30%オフ!」の値引きシールを貼り始めたのでした。そう、ケーキの他に虎美のお掃除道具やら虎美の帰省のお土産やら今月の新刊やらウロウロお買い物をしているうちにもうとっぷり暮れていたのです! 時間はもう5時半! 値引きタイムに突入したのでした。

   「これは保険

   結局ローストチキン2本入りを30%引きで買って帰り、お兄ちゃんのみならず虎美も歓声を上げていました。やっぱりクリスマスには変ったもの(骨の端っこにくるくるした飾りの付いてる鶏腿肉)が食べたいのか。そうか。

   なんか変わった飲み物とかいいのかな? と思ったのですが、ほんとに子供子供した、漫画の絵が包み紙になってるような炭酸飲料しかなくて(昨日あった午後の紅茶の炭酸飲料美味しかった! 探したのに今日はなかった!)、それは断念。

   猫科の人たちは楽しんで食べてくれました。

   ケーキも、スポンジはふんわり軽く、クリーム部分もあっさりと甘く、このケーキ屋さんで判断は正しかったですね。飾りもシンプルにイチゴとチョコレート板に柊の飾りぐらいで。

  随分予定とはかけ離れたかんじですが、舌は満足した「クリスマスの晩餐」でした。

|

« MOMOTAROH!? | トップページ | 究極のフェイント »

コメント

 ああそれで、ケーキは、
「おかあさんには持たせらんない!」と虎美が責任持って持ち運んでくれました。
「タクシー使うか?」
「ターミナルに並んで座れるバスを待って乗ればいいんじゃない?」ということで、1本見送ってしりとりをしながらバスを待ちました。
「音楽家限定しりとりー。じゃあ、いくぞ、ベートーヴェン! ……あ」
「おかあさんったら。
 …………ショパンって、え?」
「バーカバーカ……………カラヤン! ああーっ!」
「だめじゃん。…………ハイドン?」
「シューマン」
「シュトレーゼマン」「のだめカンタービレ」の作中人物ですね。
「ミルヒ・ホルシュタイン」上記の人物の偽名です。
「……もう音楽家はやめよう」
 まだまだいますよ。ボロディン、マルタン、クープラン……どだいムリがあったな。

投稿: まいね | 2009年12月25日 (金) 11時17分

カイ・ドゥーン,孫 (ルイ).

アダン,メンデルスゾーン,ハチャトゥリヤン,團 (伊玖磨),チェレプニン.

投稿: 三ねんせい | 2009年12月27日 (日) 00時49分

もう一人.ガーシュイン.これものだめ関係で思い出した.

投稿: 三ねんせい | 2009年12月27日 (日) 01時19分

 段位クマじゃない、團伊玖磨も作曲家でしたねえ。エッセイストだと思ってた(「パイプのけむり」は友達に勧められて中学時代に読んでました)。
 いっぱいいるもんですねえ。西洋人の名前なら姓だけで違和感を感じないのに團とか孫とかだとなにか足りない気がするのは面白いものですね。
 いやそれより三ねんせいさんがのだめを知ってることが意外! あ、やっぱりドラマから? 漫画原作のドラマでも内容がいいとご覧になる? 
 「JIN」や「Dr.コトー」はありでも「Q.E.D.」や「有閑倶楽部」、「花より男子」はない?
 ちょっと興味がわいたりして。

投稿: まいね | 2009年12月27日 (日) 10時10分

ドラマ「Q.E.D.」は妻につき合って見たけれど,あまり印象に残ってないなあ.原作の漫画は知らないです.あと,挙げられたのは漫画もドラマも知らない.
「のだめ」は評判を聞いて漫画を妻に買ってやって自分も見たのが先で,ドラマも見ました.ドラマがいかにも漫画っぽいけれど,曲が聴けるのがいいですよね.
他にも原作が漫画と知らずに観てるドラマがあるかも知れない.

投稿: 三ねんせい | 2009年12月27日 (日) 23時46分

「ショムニ」のドラマは面白かった.あれも原作は漫画だったかしら?

投稿: 三ねんせい | 2009年12月28日 (月) 22時27分

 うーむ、漫画読みからしてみれば、あれはどこかの青年向け誌の看板連載、これは女性向けコミックの話題作……と、TVも映画も漫画原作ばっかりなんですが、漫画に縁のないひとにとってはそんなものなのか。その昔の「サトラレ」も、モーニングの別冊の看板だったんですが、ドラマ化された後で本屋に行くと、近所の高校生が「あーあの『サトラレ』がもうコミック化している!?」とか言ってて、それは逆なんだよと激しく脱力した覚えもあります。
 「のだめ」は、漫画だとのだめをぶっ飛ばすシーンは記号として笑えても、実写でほんとに役者さんがやってしまうと生々しくなってしまうのであえて「マンガチック」にやってるんだろうなと思うところがあります。絵は一瞬で流せるけど、映像だと動きの分時間的にも記憶的にもイメージが大きくなるというかなんというか。間が持たなくて恥ずかしくなってしまうというかもったりしてキレがなくなるカンジ。そこのところがコミカルな作品を実写化する問題でしょうか。
 音楽が実際に入るというのは確かに実写の有利なところ、あれだけ作り込んであるから実写化に耐えられたというのもあると思います。ペトルーシュカがハプニングで「NHK今日のお料理」のテーマとチャンポンになってしまうエピソードはホントに良かった!
 「ショムニ」もモーニングの連載で、初期の毒があってキレがあったころの雰囲気で(それでもなんかちょっとへんなふうに強調しすぎだったかもですが)ドラマ化されたんだと思います。原作は途中からなんだかヘンな感じになってあんまり好きじゃなくなりましたから。
「JIN」はわたしは全然読んだことないんですが、今期のヒット作でこの前最終回があって話題になっていたのでご存じかと。
 最近はとんとドラマも見ませんので、知っているコミックがドラマ化というと少しは見るきっかけになるか、というところです。どうせ全然別物にされちゃうから見ない方に傾くんですけどね。「Q.E.D.」もアイドルを楽しむドラマって感じにされてましたし。
 穿ったことをいうひとだと、最近は役者さんもあんまり本を読まないのでシナリオから人間像を立ち上げたり、ストーリーの流れを理解したりが苦手で、そのためにあらかじめ漫画になっている作品をもとにせざるを得ないのだなんて恐ろしい仮説を出してきてます。いや、いくらなんでもそんな。でも信じたくなるホラですね。

投稿: まいね | 2009年12月30日 (水) 00時22分

あのぶっ飛ばしシーンは実写化するのに悩んだだろうと想像しながら見ちゃいました.オケの指揮も千秋はもとより「滞空時間まで計算された」片平とか,曲に合わせて撮るのはたいへんな作業だったと思います.
漫画見てて知ってる曲はいいけど知らない曲は解説だけじゃ物足りなくて,その点でドラマがよかったです.妻はベト七も知らなかったので.

本を読まない役者さん…何だか恐ろしい話ですね.

投稿: 三ねんせい | 2009年12月30日 (水) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/47106115

この記事へのトラックバック一覧です: してやられた話:

« MOMOTAROH!? | トップページ | 究極のフェイント »