« あなたの絶頂の時に | トップページ | してやられた話 »

2009年12月23日 (水)

MOMOTAROH!?

   昨日で年内の授業が最後だったので、虎美は先生からモーニング・コールを貰ってなんとか学校に参りました。
   帰ってきて申すには、
   「あのね、翔子とミキがね、今日午後遊ぼうっていってきたんだけど、どっちのうちも今日は具合が悪くてね」
   「回りくどい話をするな! うちで大掃除兼ねつつ遊びたいならやっていただけ!」

   果たして午後いらしたお二人は大車輪の活躍で虎美の引きこもり部屋を片付けてくれたのでした。
   「これはなに!?」
   「えーまだとっときたいんだけど」
   「捨てなさい!」
   「ぎゃぼー!」ってあの「のだめカンタービレ」の掃除シーンみたいです。
   あまりの物音に、帰ってきて夕方まで軽く寝るつもりだった豹太が、
   「おまえら静かに掃除できないのか!?」と怒鳴り込んだぐらい。

   とっぷりと暮れて、 
   「おい! そこの美少女たち! 変質者が出るからその辺で帰りなさい!」と2階に声を掛けると、慌てて虎美が冷蔵庫に入れておいた紙パックのジュースとポテトチップを取りに来ました。おいおい、お菓子もお出ししないでこきつかっとったのか(母はお昼寝中でした)。

   あとで見に行くと、きれいに床面が出ており、乱雑に放り出されていた本も箱に詰められてちゃんと本棚やベッドの頭のところの棚の上に並んでいます。ゴミは軽く3袋。あれだけ母が言っても手を付けなかった汚部屋がスッキリ!
   ああ、翔子さんミキさんありがとう!

   「それで綺麗になったうちに明日から遊びに来て貰うんだな」
   「ううん、2人ともいろいろ忙しいから年内はだめみたい。塾とか、塾とか、塾とか」
   引きこもりの虎美とは違ってお二人とも優秀ですからねえ。
   「だからユーコを呼んで年賀状の宛先写させて貰うんだ」
   待て。
   ユーコさんは部活が同じだからそれは、出すべき先輩とか同期とかの住所が被ってますが。

   「それで翔子さんやミキさんは平気なのか?」   
   「うん……?」

   「ハッ!? 松サブだな!? 松井サブレを土産に持ってこいということだな!?」

   「おかーさん考えすぎ。そんなことなくても翔子とミキには買って帰るって」
   「そうだな。今年は縦縞のユニフォームが最後だから外箱も貴重だ、保存しておいた方がいいと伝えておけ」
   それとも年明けからは赤い赤い赤いユニフォームのV3 エンゼルスヴァージョンが早くもデビューでしょうか?

   アナハイムに行ってもホームラン打ってね松井♪ 

   「虎美さん虎美さん♪ 金沢土産の松井サブレ ひとつわたしに下さいな」
   「あげましょう あげましょう♪ これから汚部屋の大掃除 手伝ってくれるならあげましょう」……?

   桃太郎かッ!?

|

« あなたの絶頂の時に | トップページ | してやられた話 »

コメント

今では貴重品となった松サブの外箱、
我が家では乾麺入れとして第二の人生を歩んでいます。
あの長さがちょうどいいのよね〜。

投稿: 姫 | 2009年12月24日 (木) 02時27分

 なるほど! たしかにあの長さは乾麺サイズ。うちも残ってたらそうしよう!

投稿: まいね | 2009年12月24日 (木) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/47092366

この記事へのトラックバック一覧です: MOMOTAROH!?:

« あなたの絶頂の時に | トップページ | してやられた話 »