« もしかしてM? | トップページ | あなたの絶頂の時に »

2009年12月22日 (火)

骨の髄までおにいちゃん

   ただいま絶賛年賀状作成中。虎猫の写真をどこからか調達すべく、虎美が撮ったおじいちゃんちの猫のデジカメ写真を旦那様がデータを取り込んでわたくしのマシンでも見られるようにしてくれた画像がどこにいったんだろうと虎美と二人してファイルを開けまくっておったのですが。

   「ちょっと待って、『てぶくろのおもいで』ってなに?」
   ただいま虎美はわたくしが過去に書いた小説を掘り出して読む時期に入っております。渾身のオリジナルはちっとも読んでくれなくって、漫画のキャラを勝手に拝借して書いたものばっかり夢中なのがちょっと悔しい。
   「いやそれは、幼稚園の頃、PTA会長の早乙女様に、仏教系幼稚園のマガジンからなんかひとつ書いてと言われて書いた話」
   「読む!」
   原稿用紙2,3枚に猫科のひとたちの生態を書いただけなんですが。
   「猫科のひとたちにせがまれて、まだミトンで十分だと思うのに、生意気に五本指の手袋を欲しがったので買い与えてしまった。案の定、幼稚園にも入っていない虎美は指をいっぽんいっぽんそれぞれの袋に入れることができず、三本指星人になってしまっていた。その姿でお買い物に行って、顔見知りの店員さんに、このこはオバカだから手袋に手も入れられない、と笑い話にしたら、あら、まだ3才だから当然よ! と言われた。そうなのか、と安心したが、お店を出るとすぐ豹太が、虎美ちゃんにあやまって! と言い出した。年中児にも妹のプライドを思いやることができるのだと知ってなお反省した」というようなお話。
   「お兄ちゃんはこんなころから心が優しかったというのに」と嘆息すると、
   「今は全然だよねー」と、気を遣って貰ったと言うことをまったく理解していない虎美にまたタメイキ。

   いやそこは、おかあさんやっぱり昔から無神経というところがミソ?

   ああそれで、可愛い猫写真見つかりましたから! 来年は局地的に猫年です。

|

« もしかしてM? | トップページ | あなたの絶頂の時に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/47082677

この記事へのトラックバック一覧です: 骨の髄までおにいちゃん:

« もしかしてM? | トップページ | あなたの絶頂の時に »