« バザーも終わりました! | トップページ | 高校見学に行ってみよう 流石高校篇 »

2009年11月 4日 (水)

富士は日本一の山

   やられた。

   本日も引き続き好天なんですが。

   昨日中学校のバザーのために朝8時半ごろ緩やかな坂を登りつめて、あとは学校に向けてくだるばかりの地点にたどり着いたら。

   ぽかんと、真正面に白い台のようなものが光ってました
   なだらかにブルーグレイの稜線を見せる山々を従えて(ありゃあ方角的に丹沢なんでしょうか)抜きんでて、白い山頂を輝かせている。

   富士山ってここから見えるってほんとだったんですね。
   思ってたより山頂部平らでした。
   白皚皚ってこのことか、としばし呆然……としながらも脚は必死に学校を目指すと。8時半集合って言っちゃったのにうち出たの27分だったんです! ゴメン! 

   日本人っていうか関東人は富士山について思い入れありすぎとか、神格視しすぎだろうとかねて思ってましたが、虚心に見ると確かに神々しいまでに美しいですね。

   そして念のため白皚皚(ハクガイガイ)をネットの辞書で引こうと思ったら、漢字が出てこない(字の形がうろ覚えなのもある)、ガイガイだけではヒットしない、業を煮やして紙の辞書を出して、音訓索引でやっと引っかけました。やっぱり結局のところ辞書は手で引くに限ります。
   山に豆だったよなーと指を滑らせていくと、たぶんこれだろうというのに当たって、その該当ページを開くと、果たしてそこに用例とともに載っていたのでした。「雪や霜の白い様」だそうです。制限漢字ってのはなによ、手書き入力で出ないのも諾なるかな、と、ちゃんと白を付けて山の下に豆を書くと、果たしてATOKは正しく皚の字を探し当てて出したのでした。最初から出せ!

|

« バザーも終わりました! | トップページ | 高校見学に行ってみよう 流石高校篇 »

コメント

 急きたるを
 時間に遅れ、駆けたるを
 棒立ちにする 皚皚の富士 舞音

 洋物の文脈だと
 White shining Fuji 
 gave me a short break ;
 running for a meeting.

ってところですかい。非人物が主語な文のパターンですね。

投稿: まいね | 2009年11月 4日 (水) 12時30分

 カッコつけて英語俳句もどきを作ってみたけど、17音の中に3回もing入ってるってセンスないよね? 
 まあ、こういうの作って恥かいて反省してというのがうまくなるサイクルらしいんで、恥ずかしいけど放置。なんでも考えてるだけじゃなく形にして出すことから上達は始まるそうで(と言い訳もうまい)。

投稿: まいね | 2009年11月 4日 (水) 14時18分

富士山はね、群馬県からも見えるのよ〜。
そして、見えたら必ず拝むのよ〜。(-人-)

投稿: 姫 | 2009年11月 4日 (水) 19時21分

 なんと! 群馬からも!?
 それは凄い……関東平野ってそんなに平らなんだ……。

 ちなみに上の和歌を「おーいお茶」の俳句の小学生の部ふうにするとこうなります。

 ふじ山が ちこくのぼくを呼び止めた

 「約束の時刻に遅れそうになって急いでる」を「ちこくのぼく」にしちゃうところがね、強引。

 しまった、こんなとこに書いてないで虎美の名前で応募すれば良かった!(おかあさんそれ反則です)

 いえ、「おーいお茶」の俳句もなにげに激戦ですよ。小さいひとの句でなくっても、「そう来るか!」とペットボトルを見ながら唸ったことが何度も。うちの一族で一番文才のある○○光矢氏でさえ選外佳作止まりらしいし。学校単位で応募の皆さんもがんばってくださいね。

投稿: まいね | 2009年11月 4日 (水) 23時49分

いっそのこと gave me を giving me にして,-ing が四つだぞと自慢するのもいいかも (←無責任発言).

富士山について同感,思い入れありすぎじゃんと思ってたけれど関東に住むようになって本物を見るとさすがに魅力ありますね.うちの近所からもきれいに見えます.
ドライブしてて大月から富士吉田に向かう途中,都留市あたりまで行ったときに正面に大きく姿を現したのが印象的でした.

投稿: 三ねんせい | 2009年11月 4日 (水) 23時52分

なるほどATOKで「皚々」が出ないですね.親類に「皚」という珍しい名前の人がいて,私の生まれるよりもずっと前に亡くなってますけど,その名前のことを母から聞いて,「皚」の字も「白皚々」という語も知ってました.ATOKで出るものと信じてたのでちょっとびっくり.

投稿: 三ねんせい | 2009年11月 5日 (木) 17時11分

 ううむ。当用漢字発表以前のひとはそういえばどの字も使い放題なんでしたね。そこら辺がやっぱり知識人とタゴサクの違いですかね。
 折しもまた名前に使っていいというリストに入っていない派手な字を使ったお名前の赤ちゃんが出生届を受け付けてもらえないとかいう話がニュースに上がっていて。そういうルールを逸脱しても個性を発揮したい若い人じゃなくて、ルールができる前に既にお名前とご本人が存在していたひとのことは、お役所のコンピュータはどのように取り扱っているのでしょうか。
 うちの母なんて、まるっきり小学校で習う教育漢字なのに、読み方が教科書指定の読みじゃないというだけで、運転免許証には本名じゃない読みが勝手に記載されてました(昭和50年代の話)。それもまたべらぼうな話ですが。

投稿: まいね | 2009年11月 6日 (金) 15時57分

小学校で習う漢字といえば「野子」という名前の女性がいます.常用漢字が制定されたあとの生まれの若い人です.
「のこ」じゃないしもちろん「やこ」でもない,音訓表にない読みです.役所で受け付けてくれたのかなあ,それとも本名じゃないのか,よくわかりません.本名っぽいのですけど (職場の名刺に刷ってある名前だから).

投稿: 三ねんせい | 2009年11月 6日 (金) 17時44分

 うーん、「野子」でふつうにない読みとすれば「ひろこ」? かなり苦しいか。漢和辞典には「名乗り」というジャンルがあって、名前として使うときにはこういう読みをすることが多いという用例もあげてありますよね? 「野」の名乗りはどういう読みがあるのかなあ……「野」の語義から離れない大和言葉なんでしょうねえ。
 まさか分解して「りよこ」とか?
 個人の特定になるからここで正解を教えていただくのはまずいかな?

投稿: まいね | 2009年11月 8日 (日) 02時51分

ひろこ,正解です!!!

投稿: 三ねんせい | 2009年11月 8日 (日) 13時32分

 なんと! 字も名前も平易で、読みだけがちょっと凝ってる。ちょっと唸らせて、ほほうと言わせる……。その名の方のことはもう忘れない。これはあまり迷惑を掛けないお名前の凝り方……いや、やっぱり迷惑かな? 

投稿: まいね | 2009年11月 8日 (日) 14時41分

もう一つ,小学校で教わる漢字なのに読みにくい人名:生子.ナマコじゃないよ(笑).
科学史の学者さんだから検索で見つかるかも.

投稿: 三ねんせい | 2009年11月10日 (火) 15時48分

 あ、それ反則。ふつうの文脈でも十幾つ読み方がある字じゃないですか。
 え~と、「しょうこ」さん?
 「ゆきこ」さん?
 生子、研究者で検索を掛けましたら、棚橋さんはイクコさん、黒田さんはセイコさんだったようです。室崎さんはイクコさん、青木タカコさんは国文学者だそうです(存じ上げません、失敬)。江上フユコさんが科学史に該当しますか? これでフユコはないだろう。冬という言葉の語義にまで遡ると繋がるんでしょうか??? 矢野イクコさんは応用経済学だそうです。
 ……意外といらっしゃいましたね。やっぱり「名前は親の知的レヴェルを示す指標」なんでしょうかね?

投稿: まいね | 2009年11月11日 (水) 02時10分

いくこ,せいこ,しょうこ.これらはあたりまえだから出題しませんよ.
江上生子さんとは面識あるんだけれど,なぜ「ふゆこ」と読むのか聞いてみたことありません.
「たかこ」という読みは知らなかったので辞書 (角川中漢和) みたら,「生」の名前としての読みに「あり」「たか」「なり」「ふ」「ふゆ」がありました.

投稿: 三ねんせい | 2009年11月11日 (水) 18時29分

「生」の字を出したついでに:「春生」という名前があります.「はるお」と読むのが一番普通でしょうね.
「はるみ」という女性がいます.西友の元社長だったかな.
「はるせ」という女性が高校の先輩にいます.

投稿: 三ねんせい | 2009年11月12日 (木) 15時57分

 すいません、ハルキだと思っちゃった。やっぱり「生」の字は悩ましい……。
 仙台の地名で「桃生」は「ものう」、「柳生」は「やなぎう」でした。仙台限定で「ヤナギウ一族の陰謀」なんてのを書いたら受けたかも。

投稿: まいね | 2009年11月12日 (木) 23時48分

ハルキもいるかも知れませんよ.「やなぎう」は初めて見ます.こっちが本家の土地で「やぎう」は分家とか.
「ものう」は面白いですね.これは,平安時代の有力者が m と n とを書き違えて...

投稿: 三ねんせい | 2009年11月13日 (金) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/46670858

この記事へのトラックバック一覧です: 富士は日本一の山:

« バザーも終わりました! | トップページ | 高校見学に行ってみよう 流石高校篇 »