« 流行り廃りが激しい話 | トップページ | レヴェルが違うと »

2009年11月14日 (土)

ロマンの地産地消

   限りなくディープな趣味の話ですいません。

   

ミステリふうの話が書きたいです。
   阿刀田高にいわせると、いい話はみんなミステリの風味があるそうで。「こころ」なんかも、なんで先生はこんなにおもっくるしいんだろうっていう謎がどんどん解かれるところは十分ミステリなんだそうで。

   別に乱歩賞が取りたいわけじゃなく、そういう、なんかひとが死んで、主人公達が精神的に追い詰められて、爆発があったり、事故とかで大きなものがどかんと壊れたりしてびっくりして、これはどういったことだろうと悩んで冒険して生き残って、「こういうことだったんだ!」とスッキリする話が書いてみたいんです。

   純粋に自家消費分として。

   たまに読み返してニヤニヤしちゃう。この主人公は上手く書けたなあとか、ここんとこのシーンが美しいわとか自画自賛するために。

   わりかしそういうものには手間暇を惜しまなくて、結構真剣にネットで調べ物をしたり、デパートに現物を見に行ったり、登場人物の衣食住にリアル感を出すため頑張ってます。そのための調べ物がまた楽しくって、ミイラ取りがミイラになって徹夜とか(それは正しい用法じゃないです、たぶん)。

   ただ、頭が悪いので密室トリックとか、工学系のネタとかは、詳しいひとには見せられないできだと思うんですが。2転3転、こっちがしてやるつもりがしてやられる、というのがカッコイイと思って、今頑張っています。

   こういうアマチュアもいいじゃない、ロマンの地産地消(いや、それふつう自家発電っていいます)。

   ってことで、季節はそろそろクローズドサークルK! よね? どんどんお客が減ってゆく♪ サスペンスを上手く書けるように精進します。 

|

« 流行り廃りが激しい話 | トップページ | レヴェルが違うと »

コメント

 れいのクローズドサークルK! 書き終わりました。2100ラインってことは原稿用紙で200枚、微妙な量です。
 途中からネタを割って、これはこういうゲームです、この人達死んでませんとやってしまったのがちょっと残念。もっと精進しよう。

投稿: まいね | 2009年12月 8日 (火) 03時20分

 さらに、思いがけず恋が叶って、恋人の誕生日に大盤振る舞いをしちゃう! という小話を書こうと思って、
「はて、フェラーリは幾らぐらいだろう?」とネットで調べると……ちょっとしたマンション買えますね。おかあさんそれならマンションのほうがいいいなー。
「じゃあ、ランボルギーニなら買える?」と思って調べると、どっこいどっこい。
「ポルシェならうちの近所のお医者さんでも乗ってたよ」と行ってみると、一桁違ってリーズナブル(っていっていいのか?)。お医者さんならベンツでしょと行って見ると、これがピンキリ。虎美も身を乗り出して一緒に画像を見ながら「わたしも乗るなら絶対ランボルギーニ!」と昂奮してました(無理だ!)。
 実は車道楽の実家の老父が、金沢で当時2台しか登録がなかったというトヨタのガルウィングのスポーツ車、「セラ」を持っていて、母がお買い物や我々の送り迎えに使ってたんですよ。今は自損事故で手放しました。残念。珍しいスポーツカーに、丸顔のおばあちゃん(と孫達)が乗ってて、さぞ金沢のモーターファンの方はガッカリされたことでしょう。それで、子供心におばあちゃんの車はカッコイイというのを覚えていて、今、本家本元のランボルギーニのガルウィングを見て刺激を受けたみたいです。三歳児の記憶って怖い……。 
 てなわけで、簡単にいろいろ調べ物ができて楽しいなというお話でした。これが作品に反映されてればいいんだけど。

投稿: まいね | 2009年12月 9日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/46761106

この記事へのトラックバック一覧です: ロマンの地産地消:

« 流行り廃りが激しい話 | トップページ | レヴェルが違うと »