« セラミック・ヒーターが不調! | トップページ | まぎらわしい話 »

2009年11月21日 (土)

日本人+宇宙+技術=こんなこともあろうかと

   笑っちゃった! 

   宇宙航空研究開発機構ってところが打ち上げてた「はやぶさ」って探査機があったらしいんですが(おかあさんの天文への関心はそれくらい。今手元の読売新聞から探して打ってる状態)、打ち上げ直後から不調で、片肺飛行でよろよろ飛んでゆき、小惑星イトカワってのにたどり着いてさらにエンジン壊れちゃって、2/4基のエンジンをやりくりしながら地球帰還を目指していたそうです。ああ、これ「かぐや」と違って帰ってくる前提の探査機なのね。
   それが、さらに残り2基のうち1基も故障、帰還は絶望とかこの前報道されてたかと思ってたんですが。

   この前別の、JAXAかどっかの衛星が宇宙空間で無人ランデブーを成功させたとかで、日本の技術やっぱりスゴイ! とどっかのサイトで見てたので、
   (ぴぴっと電波飛ばして自動で修理して帰ってこないかな? 宇宙にまたゴミを撒いては申し訳ない……)とぼんやり考えていたら、やってくれました!

   「早い段階で運転を中止したエンジン2台に着目。正常に動く部品同士を電子回路でつなぐ『離れ業』で、互いの故障を補う形でエンジン一台分の推進力を出すことに成功。電子回路は万一に備え、『エンジン間をつないでおいた』ものだった」読売新聞20日14版より。

   出ました! ヤマト以来の日本の宇宙技術の伝統「こんなこともあろうかと!
   21世紀、もう皆が「宇宙戦艦ヤマト」のことを忘れてしまってるこの時期に出してきますか!

   ええと娘に語って聞かせたことをまた申しますと、「宇宙戦艦ヤマト」の脇役に真田工場長というのがいて、ちょっと渋い工学系お兄さんです。幼い頃月のテーマパークの遊具の事故で四肢を失い、義手義足で苦労しながらも工学の権威になり、いつも戦況を打開する画期的な武器を考えてはすぐに実戦配備して皆の危機を救ってくれるいいマッド・サイエンティストでした。
   彼の名台詞「こんなこともあろうかと」は、終盤、ヤマトが目的の放射能除去装置「コスモクリーナーなんとか」をイスカンダルから持ち帰って、地球を目と鼻の先にしたときに披露されます。宿敵デスラーが、「ヤマトだけは生かしておかん」とばかりに追ってきて、乾坤一擲! 必殺のレーザーだかビームだかをヤマトに浴びせるのでした。回避不能! 嗚呼、母なる地球を目前にしてヤマト宇宙の塵に……ならない。ヤマトの外壁が一瞬にして鏡のようにコーティングされ、敵の光学系兵器は見事に反射されまともに放った母艦へ……爆発炎上するデスラー艦。きっとデスラーも艦とともに死……んでなかったですけどね。
   奇跡の大逆転にみんな狐に摘まれたような中、真田技術長はしたり顔で、「こんなこともあろうかと敵の技術を参考にして空間磁力メッキというもの を開発してヤマトにも施しておいた」云々と解説するのでした。真田さんの真骨頂がここ。みんな、真田さんといえば「こんなこともあろうかと」を思い出すんじゃないでしょうか。興味をそそられる研究対象を見つければ、上の指示が無くとも分析し、とくに目的をもうけず期限を切られなくても勝手に開発して、実戦投入して試してみたくて堪らない……ホントいいマッド・サイエンティストだなあ。役に立ってるからいいけど。

   それでも、今回、宇宙航空研究開発機構の方が「万一に備えて」くれていたおかげで貴重なデータと機材が宇宙のデプリと消えずに済んだのでありました。天晴れ「こんなこともあろうかと」精神。

|

« セラミック・ヒーターが不調! | トップページ | まぎらわしい話 »

コメント

 すいません、蘊蓄サイトではもはや常識のようですが、その空間磁力メッキ事件では「こんなこともあろうかと」とは言ってないらしいです。さも、言ってそうなシチュエーションだっただけで。実際言ったのはパート2の10話ただ1回だそうです。
 伝説ってこんなもんか。
 そして、既に同じような着眼点のネタがネットでは流れているらしく……遅かったか。

投稿: まいね | 2009年11月21日 (土) 02時30分

 ニコニコ動画とやらにヤマトの絵で編集された「はやぶさ」のこれまでの道筋が上がってました。
 最近の絵になっていてちょっとこわめですが、真田さーんカッコイイーッ!!
 涙無くしては見られません。
 「はやぶさ」ちゃんと帰っておいでよーっ!!(カプセルだけ射出して本体は大気圏突入時に燃え尽きるそうです。なんか可哀相)

投稿: まいね | 2009年11月21日 (土) 02時44分

 あ、ここ行って見てください。
 ↓
http://d.hatena.ne.jp/kazyee/20091120/1258723432

投稿: まいね | 2009年11月21日 (土) 02時44分

「こんなこともあろうかと」にそういう出典があったのですか,宇宙戦艦ヤマトをまったく見てなくて,知らなかったです.
とにかく一つのエンジンの噴射機と別のエンジンの中和機とを予め用意してあったダイオードでつないで動かすってすごいですよね.ちゃんと力が出てるそうで,来年六月には帰ってくる見込みとのこと,楽しみです.

>本体は大気圏突入時に燃え尽きる
それを聞いて泣いちゃった小学生の女の子がいるそうです.

投稿: 三ねんせい | 2009年11月24日 (火) 11時40分

>本体は大気圏突入時に燃え尽きる
それを聞いて泣いちゃった小学生の女の子がいるそうです.

 嗚呼、その優しい心を大切にして欲しいです。

投稿: まいね | 2009年11月24日 (火) 12時01分

 そしてまた地球の危機にヤマト復活! だそうで。冬休み映画として宇宙戦艦ヤマトの特別編がまたかかるそうです(ヤマトはどれも「これが最後!」というネーミング&キャッチフレーズだから正しいタイトルは覚えるに値しない)。ヤマトだヤマトだというネットの盛り上がりは映画のCMだったのかしら?

投稿: まいね | 2009年12月11日 (金) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/46816534

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人+宇宙+技術=こんなこともあろうかと:

« セラミック・ヒーターが不調! | トップページ | まぎらわしい話 »