« やってきましたインフルエンザ | トップページ | 匿名希望? »

2009年10月19日 (月)

落葉(替え歌)

   気がつくと風に落ち葉の舞う季節になってました! いつの間ッ!?

   そうなると口ずさみたいのはアレですね、一昔前の文学少女なら必須でしょう。

   「秋の日のヰオロンの溜め息の ひたぶるにうら悲し」
   上田敏サイコー! この場合ヴェルレーヌはヴエルレエヌって書かないと♪

   これを、有名な上田訳じゃなくて、だれだっけ? もう少し解りやすい訳で合唱にしたやつがあります。(すいません、覚え違いしてました、こっちが堀口大學訳でした!)
   じゃ、並べてみましょうか、覚えてる限りで。

   秋の歌(落葉) ポール・ヴェルレーヌ

   両方の訳はこっちから戴きました→ http://pinkchiffon.web.infoseek.co.jp/book-automne.htm

   
   大學                          敏
   
   秋風の                 秋の日の                       
   ヴィオロンの             
 ヰ゛オロンの    
      節(ふし)ながき啜泣(すすりなき)  ためいきの
      もの憂き哀しみに           身にしみて
      わが魂を                うら悲し。
      痛ましむ。
      
      時の鐘                  鐘のおとに
      鳴りも出づれば             胸ふたぎ
      せつなくも胸せまり           色かへて
      思ひぞ出づる              涙ぐむ
      来(こ)し方に              過ぎし日の
      涙は湧く。                おもひでや。
      
      落葉ならね               げにわれは
      身をば遣(や)る            うらぶれて
      われも、                 そこかしこ
      かなたこなた              さだめなく
      吹きまくれ                とび散らふ
      逆風(さかかぜ)よ。          落葉かな。

   文字数が合わないので敏訳では歌えません。残念(学生時代にトライ済み)。
    ピアノ伴奏がきれいで。メランコリックながら重厚で流れるようで、途中、第2連のところは休んで無伴奏、第3連になってからまたドラマチックに、ごおっという嵐に落ち葉が吹き乱されるさまを表現していて小品でも強烈でした。そう、これは大學訳の方の「かなたこなた吹きまくる」秋風で、そんな、よろよろ、ひらひらな敏訳の落ち葉ではないのでした。この鐘も、ごぉーんって法隆寺の鐘じゃなくて、カラーンカラーンのキリスト教の教会の鐘だよって。訳者によって詩のイメージが変わってくる実例と教わりました……たしか高校の時。その時はこの曲知らなかったんですけどね。

   死にかけた蝶のようによわよわとぼとぼと始まって(途中で休符を挟むのは実際死にかけのような表現技巧として常識、と教わりました)で、第1連の切れ目、「我が魂を」のところでいきなりフォルテになって強烈な下降音型をユニゾンで示し、「痛ましむ」で死にそうに収束、もう、掴みはオッケー! な構成でした。

   それで、この第1連の落ち、「我が魂を痛ましむ」を活かして替え歌にしたんだ。

   仲宿の商店街 切れ切れの有線は
   つぎはぎクラッシック 我がアドレスは 板橋区

   5時の鐘 鳴りも響けば 世田谷と引き比べ
   思いぞ出づる それでもなお

   買い物至便 お値段手頃 駅近し
   不満あっても住み慣れた 板橋区

   「痛ましむ」と「板橋区」の音の近さに引っかけただけの内輪ネタでした。
   当時、大学の寮を出て、それでも続けてたお茶のお稽古の練習場所が板橋の商店街のお花屋さんだったので、そこから離れられず。田舎ものだから華やかな街に引っ越すのも怖くって、また寮から遠くないところにアパートを探しました。それで、「我がアドレスは板橋区」。結局6年板橋区民でした。小川町っていったら神田より東武東上線を先に思い出します。今も心のふるさと。

   5時になると小学生に帰宅を促すミュージック・サイレンが流れて、「これは板橋に限らない、(高級住宅街といわれる)世田谷もそうよ」なんて言われて、へえと思ってたんですが(実際あとで移った会社の社宅(目黒区)でもなにか流れてたし、川崎市の現借家でも「椰子の実」が流れる)。駅は近かったし商店街は賑やかだったし、住みやすかったですよ。って、学生時代を思い出す曲なのでした。

  

|

« やってきましたインフルエンザ | トップページ | 匿名希望? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/46530611

この記事へのトラックバック一覧です: 落葉(替え歌):

« やってきましたインフルエンザ | トップページ | 匿名希望? »