« 「アイシールド21」完結 爽やかに走り抜きました | トップページ | お花かまぼこ全シリーズ制覇成らず! »

2009年10月 4日 (日)

お月見、お月見

   今日は十五夜だそうで。麓へお買い物に出る豹太が
   「なにかついでに買ってくるものがあれば」なんて言ってて、じゃあめかぶお願いしちゃおうかなとか言ってた時にお月見団子頼めば良かった(今日は冷凍食品の特売もやってるけど買わなくていい? って現地から電話くれた孝行息子)。ま、ご近所スーパーでも出入りの和菓子屋さんがお団子納入してましたが。

   もう6時を過ぎれば真っ暗になっちゃって。パン屋さんを出たら真向かいにまん丸お月さんが昇ってました。

   Sieh’ wie ist der Welle klar, blickt der Mond hernieder,

   Die du meine Liebe bist, liebe du mich wieder.

   ブラームスのリーベスリーダー・ヴァルツァー(愛のワルツ集)。えーっと14曲目かな? テノール・バスの二重唱だっけ。歌詞はG.F.ダウマー。

   ご覧、なんと波が清らかなことか、その下に月が輝いている。
   あなたはわたしの愛、もう一度わたしを愛してください。

   前段と後段に論理的関連性全くないんですけど。このワルツ集の歌詞だいたいこんな感じで、困っちゃう。比喩関係としてもぴんと来ないわ。もう一度愛してって言ってることは、ちょっとすきま風吹いてますかね?

   じゃ、ご存じ豪傑訳だとこんな感じ。

   見よ、波も澄み渡り、水底に月
   我が心の君 戻れこの手に

   愛だの恋だのという言葉を使わないのがやまと歌の文脈です(本当か?)。
   しかし、明鏡止水の心境と去った恋人を想う心ってのは共通点ありますかね? あ、一時の激情が収まってきて、反省して、ぼくが悪かった戻ってきてという状況でしょうか。

   Die du meine Liebe bist のところで、メロディとしてもクライマックス、最高音を出していますから、盛り上がりまくり。ゆったり一段ずつ上がる穏やかな上昇&下降音型できみはぼくの愛! と叫んでおいて、さらに静かに切なく下がってきて終わり。ピアノ伴奏は、細波の如く。あれだ、月に照らされる金波銀波

   

これを歌われたら戻るよ! 絶対! 

   てなわけで、秋の夜長にブラームス
   http://www.youtube.com/watch?v=ORfYmcgOaAU&feature=related
   3分20秒ぐらいから始まります。
   ポロンポロン鳴るピアノ伴奏は夜聞くには周囲にご迷惑かな? どうぞ音量には留意なさって。

|

« 「アイシールド21」完結 爽やかに走り抜きました | トップページ | お花かまぼこ全シリーズ制覇成らず! »

コメント

わらわは、戻らぬぞよ。

投稿: 姫 | 2009年10月 4日 (日) 16時11分

 姫ちゃんにはイマイチだったんでしょうか? ううむ、わたしは結構好きだったんだけど。
 一度離れてしまった物は、泣いても喚いてもダメなのねえ。

投稿: まいね | 2009年10月 4日 (日) 19時10分

愛の詩は、どうしても定演で出トチったYさんの顔が浮かんできちゃって…
ロマンス気分が萎えちゃうのよね〜。

投稿: 姫 | 2009年10月 4日 (日) 21時49分

 ああ。Yさん……。わたしは自分から志願したテノールパートで出オチしたという過去がありますので人のことは言えませんです。

投稿: まいね | 2009年10月 4日 (日) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/46386000

この記事へのトラックバック一覧です: お月見、お月見:

« 「アイシールド21」完結 爽やかに走り抜きました | トップページ | お花かまぼこ全シリーズ制覇成らず! »