« CS速報。 | トップページ | 寒くなる話 »

2009年10月22日 (木)

猛獣と天使の違い

   お仕事で忙しい旦那様を和ませるべく猫の話題を鵜の目鷹の目で探しておるおかあさんです。

   「pya! という投稿サイトでは、猫はもうドアを開けるというのは常識、立ったという映像ではなんの感動も得られず、今ではしゃべったという報告さえ珍しくないようです」
   「そりゃ嘘だろう」
   「いえいえ。『今日はカリカリだよ~』といいつつ固形のあのねこフードをお皿に出すと、『カーリカーリ』といいつつむさぼり食ったとか。それで、報告者が絶句しているのに気づいて慌てて『にゃ~りにゃ~り』と言い直したとか」
   「思いこみだ」
   「……そうかも知れません。ユーチューブとかに投稿されてる『うちの猫ってお帰りって言ってくれるんです』って映像は、どう見ても『にゃ~』としか鳴いてないですね」
   「うむ」
   「でも、会社の先輩は猫が嫌いな人だったから、旦那さんのご実家に行ったときにそこのうちは猫を飼ってて、『猫が! 襖を開けてはいってきたのよぉ~!』とさも化け猫を見たかのように言ってました」
   「……」ともう心は新聞に。
   「猫が嫌いな人がいるなんて信じられないです……犬は猛獣ですが。あの牙とか凄いじゃないですか。こないだもまた犬に噛まれて死にかけたひとが出たでしょう」
   「猫に噛まれて死ぬひとはいないな」
   「ねーっ! 大きな猫さんならあるけど。サファリパークでうっかり車から出ちゃったおばあちゃんって昔いましたね」
   「八木山では脱走してたが」
   「ああ! あれはちゃんとオチがついたからよく話に使わせてもらってます。脱走したからオードリーちゃんなのか、オードリーちゃんなんて名前だから脱走したのか」
   「どの動物園もそれぞれ印象的でしたが……」と途中まで言っといて最後に「八木山」と答えるんだな。
   「脱走するライオンあれば横縞の虎あり。いい街だった」
   旦那様それ違います。
   横縞(≡)なのは、虎美のお友達のななちゃん(仮名)が描いた絵の中だけです。余りにも大胆なそのペインティングに階段の踊り場の掲示板にさらし者に貼り出されてました。インパクトの強さに、その横に貼り出されてた虎美のペンギンの絵より印象に残り、今も話題とされています……。当のななちゃんはそんな絵を描いたことなんて忘れてるでしょうが。
   と、少しはご機嫌も良くなったようで。また今日も猫の話題を探してネットの海を徘徊するおかあさんでした。趣味と実益

|

« CS速報。 | トップページ | 寒くなる話 »

コメント

 虎美に「昨日お父さんったら」と、まだ横縞の虎の話をする話をしたら、
「もうそっとしておいてあげて」と。
 まさかななちゃん(仮名)も自分の絵が5年もよそで語り継がれているとは思うまい……。

投稿: まいね | 2009年10月23日 (金) 11時29分

 別に項目を立ててお詫びを致しましたが、ここでも一応。
 八木山動物公園において過去に脱走を試みた雌ライオンちゃんの名前は「オニール」が正しいです。あとの、捕獲するにあたってのあれこれでPTSDになって、さまざま手を尽くした挙げ句、最後の手段として同居の雄ライオンに任せたら心癒えたらしいというのは事実と確認が取れました(おいおい)。それまでパートナー関係があったかどうかについては不明。男女の仲ってふしぎ。

投稿: まいね | 2009年11月17日 (火) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/46551884

この記事へのトラックバック一覧です: 猛獣と天使の違い:

« CS速報。 | トップページ | 寒くなる話 »