« 施設の夏祭り手伝ってきました | トップページ | 餅は餅屋 »

2009年8月12日 (水)

なにが教育の根幹か

   ただいま絶賛帰省準備中です。荷造りは終わったけど、まだお台所がハウルのお城~。ああっ心を入れ替えたはずだったのにッ。

   虎美の制服のスカート、最初はこんなの毎日はいていくなんて耐えられない! とかいってたのに、結構順応してました。ま、最後の方は例によってはくどころじゃなかったし(9月からは頑張りましょう)。
   で、学校に行かないくせに生意気に
   「おかあさん、スカートの裾がほつれた!」って、
   「自分でやりなさい。家庭科で習っただろう」
   「習ってない!」
   「そんなバカな」
   結局何とかしていたらしいのですが、
   「やっぱりだめだった」と、ヘアピンでなんとか押さえたスカートを出してきて、
   「直しといてね、お願いね」というのを放置すること2週間。おかあさんも暑くてへばってたんだって!
   とりあえず見てみたら!

   自分でボッスン帽子を作るぐらい家庭科は好きなはずな虎美、スカートの裾はめんどくさかったんでしょうか、玉留めで要所を2枚くっつけるだけ! それも10センチおきに数カ所というとんでもねえ補修をやってました!

   さすがのおかあさんも絶句。

   グレンチェックは黒い糸だと目立つなとブチブチ言いながら、かなりいい加減なまつり縫いをほぼ一周(わずか3ヶ月でほつれるとは不届きな。シーズン品とはいえ制服業者というのは楽な商売であることよ)終わって、豹太にそれを突きつけて質します。

   「おまえたちはまつり縫いというのを習わないのか!? 虎ちゃんは女の子なのに手前のスカートをこんないい加減な補修の仕方をしておったぞ!」と怒鳴ると、
   「まつり縫い……なにそれ?」と、豹太の顔も曇るのであります!
   「おまえの背番号を付けるときにおかあさんがしているだろうが! こっちからちょっと取って下からちょっと取って三角形を描くように進む縫い方だ! こういうズボンやスカートの裾を留めるときに……」
   「知らない」
   「そんなバカな!」 
   「……去年選択家庭科を取った(取ったんですこの男!)ときに習ったかも?」素で考え込んでましたよ!
   「一番日常生活で使う縫い方を教えないなんてなにがゆとり教育だ!? 
   モンカショウはどうかしている!

   男の子も女の子もみんながみんなキルトの大作を物したり、浴衣やニットを手作りする必要はないと思うんですが、最低限自分が着るものの補修ができるくらいのスキルは身につけさせるべきでしょ? それが家庭科共修じゃないの? じゃあいったいなにを家庭科の時間学んでいるんでしょう! それとも、家庭科は月曜日だから、ハッピーマンデーで潰れまくりだとでも言うのかしら?

   関係部署からの回答予想。

   「ご家庭で教えてあげてください」……だろーな、やっぱ。

   母がやる姿をみせないのがいけないって、やってますよ? うちはスポーツ少年団以来月に何度も背番号を付けたり取ったりしてましたから。ただ、おかあさん2時とか3時とかにネットしながら夜なべだから子供に見せてないだけで。
   早寝しましょう(何を言っても答えはここに回帰する)。

|

« 施設の夏祭り手伝ってきました | トップページ | 餅は餅屋 »

コメント

ヘアピンでと言うのが笑えるね.安全ピンならまだましなのに.
10センチおきというのも困るけれど,接着剤でベターっと連続的に貼り付けちゃうよりはましでしょう.あ,ホチキスなんてのもありそうだなあ.

投稿: 三ねんせい | 2009年8月12日 (水) 22時37分

 昔はそう言うときのために安全ピン、イイエッ! ソーイングセットを持ち歩いたもんでしたよっ!
 ホントに我が子ながら情けないっ! 親が持たせるべきなんでしょうけど、ああっ! もうっ! 悔しいっ! でも持っててもたぶん玉留めだったかと思うと……。

投稿: まいね | 2009年8月12日 (水) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/45907855

この記事へのトラックバック一覧です: なにが教育の根幹か:

« 施設の夏祭り手伝ってきました | トップページ | 餅は餅屋 »