« 併願校を決めよう | トップページ | メイ曲アルバム 「ファランドール」 目眩 »

2009年8月 7日 (金)

ユーチューブありがとう。

   ふとアイーダの凱旋(行進曲)が聞きたくなって、ユーチューブで、「ヴェルディ、アイーダ、凱旋」と入れて呼び出したら、なんかコンサート形式のがひっかりました。別に演奏者についてはこだわらないのでそのままかけて作業をして、れいのラッパが「チャッチャーララララッラッラッ」とテーマを始める辺りで映像を見たら、このロシアンのおっさん(トラン)ペットのくせに背を丸めて下向いて吹いてやがる!

   

アイーダの凱旋でトランペットの聞かせどころで下向いて楽譜にかじりつくぐらいならペットやめちまえ!

   間違ってもいいから(言語道断!)上向いて高らかに吹きやがれ!

   それでも音色は澄んで高らかなのがさすがボリショイ。

   ちらりと映った指揮者が若くってセミロングの茶色い髪をしていて、イケメンを気取ってるんだろうか狩野エイコウみたいでいやーん、でもおねえさま指揮者だったら許す、といって演奏者データ見たら「指揮者:西本智実」って。これは微妙な。もしかしたらもしかするかもとウィキペディアを見ると、ホントにおねえさまでした。いや、年はわたしより一回り以上も下ですが。クラッシック界のオスカル様だそうです。阪急電車に乗って学校に通っていたので、タカラヅカの音楽学校生には先輩だと思われて良く挨拶されたとかウィキペディアに載ってました。ホンマモンのタカラヅカなおねえさまなんだ~♪
   ロシアで勉強されて、ゲルギエフと同門だとか。いるんですねえ現実にこういう方って。
   いい出会いを貰いました。ユーチューブありがとう!

|

« 併願校を決めよう | トップページ | メイ曲アルバム 「ファランドール」 目眩 »

コメント

 あ、演奏的には、この曲長いもんでいろいろカットされることが多いんですが。
 まず僧侶達の男声合唱歌詞で言うと「ヴェーラ ヴィクトーリャ……」のところ、そのあとの女声合唱「シン トレッチル ノートアル ラーウロ……」、その後のバレエが挿入されるところ(グランドオペラはなんでもあり)も、格好いいんだけどね。
 その辺がなかったので、わたしとしては寂しかったです。演奏自体に文句はないです。

 この曲は学生の時にやったから多少思い入れはあります……その辺は項を改めて。

投稿: まいね | 2009年8月 7日 (金) 11時35分

 ごめん聞き直したら女性合唱の方が先で、その後男声合唱、次に揃って
 「コーメディィン トーノァル ソーーーーレェ ダンツァモリャア ストリィイン チィエル!」となるんでした(イタリア語は母音が多い分まとめて一つの音符に突っ込むから独特の難しさがあります。カタカナに起こすの大変、でももう原語で書ける記憶はない)
 ここよくカットされるんだよなあ。

投稿: まいね | 2009年8月 7日 (金) 11時48分

 同じく演奏会形式でDJOと言うところのをユーチューブで引っかけたんですが、……もしかしてドイツ語で歌ってる? 「グローリャ!」のところが「ハイリッヒ!」とか言ってるみたいで???
 調べたんですが、DJOって、大阪芸大ジャズオーケストラって、いやそれは違うだろう、どう見ても日本人じゃないよ?
 ここのペットがやらかしてくれていて、もう泣いちゃう! アイーダでペット吹くなら寝ないでさらってこい! 噛んでる、三連符噛んでる! おかあさんナマタマゴ投げちゃうぞ!
 なんでこんな演奏にブラヴォー掛けるんだよ!? どんな歌詞当てたか知らないけど(ちょっと興味ある)母国語で歌ってくれたらそんな嬉しいか?
 どっかドイツの管弦楽団なんでしょか? ダッチ(オランダ)のDだったりして。

投稿: まいね | 2009年8月 7日 (金) 18時46分

なるほどユーチューブはこんなときにも使えるんですね.うちは未だにISDNでネットにつないでいて,ユーチューブなど利用できないです.曲をちょっと聴いてみたいときはwavかmidiなどのファイルを探すしかないんです.
西本智実を見て「ロシアには東洋人差別も女性差別もなくていいねえ」と父が言っておりました.

投稿: 三ねんせい | 2009年8月 8日 (土) 11時41分

 >西本智実を見て「ロシアには東洋人差別も女性差別もなくていいねえ」と父が言っておりました.
 
  なるほど。大黒屋光太夫の昔よりかの国は日本人には好意的なイメージがありましたが。
  あと、赤軍には女性将校がおってシベリア捕虜の方がセクハラをされた由も聞き及んでおります。漫画の話でなんですが(麻生太郎首相閣下が外務省職員にこれ読めと言ったという噂の)「勇午」のロシア篇において極東担当ガラーホワ中将というのが出てきて、語尾を見て予想はしていたのですが恰幅のいいオバチャンだったときにはびっくりしました。共産主義体制下は男女差別がないのでしょうか(じゃあ今は?)。
 そういう事情をもってすれば日本人女性も実力があれば頭角を現すことができるのですね。

投稿: まいね | 2009年8月 8日 (土) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/45858849

この記事へのトラックバック一覧です: ユーチューブありがとう。:

« 併願校を決めよう | トップページ | メイ曲アルバム 「ファランドール」 目眩 »