« △ △ これなーに? | トップページ | 日蝕見ましたか……KY親娘篇 »

2009年7月19日 (日)

人の心は変わるもの

   あれですな、「愛」の人直江兼継君のウリは有名人にケンカを売って生き残ったところにありますな。天下人寸前の家康をおちょくり倒した直江状も有名ですが、伊達政宗に対して切った啖呵が「あんたのことなんて、日頃、退却する後ろ姿しか見たことないから」って、かっこよすぎる。

   ご主君の上杉君まで、幕府が開かれてみんな江戸城に集まる時分には、「おい、あれが大御所と唯一カンカ(干戈が一発変換できないATOKはオバカ仕様と言うことでよいですか?)を交えた生き残り大名の上杉どのだ」といって、もうはや飼い犬と化した戦国大名のジュニアたちが入れ替わり立ち替わり覗きに来るもんだから、控え室で手前のまわりに屏風を立てることを許されたとか。

   10年ひと昔っていうけど、江戸時代の初期でさえ、戦国大名のジュニアというご身分でさえ、平和になったらもう手前と同じ大名を見せ物扱いに、珍しいから一目見てみたいとか思って臆面もなく行動できるようになるんですねえ。いやしくも大名の当主なら、人を立てて茶会に呼ぶなりしてお話を一度伺ってみたいとか言ってみろ。江戸城の待合室(家格によって別れてたそうです。上級は何とかの間、雑魚になると廊下)を覗きに行くなんて、相手の迷惑を考えろ

   この前、いつも覗きに行ってる投稿サイトで、東南アジアのナントカ言う詩人の詩だといって、
   「昔の日本人はコーケツだった、いやな軍人もいたはいたけど、だいたいの日本人は、われわれのことも同胞だと思って一緒に考えて一緒に働いてくれた。それなのに、お金持ちになった日本人は我々を貧乏で遅れた国と言って見下すようになった。いつの間に日本人はこうなってしまったのだろう
   というような日本を憂えたものが上がっていたのですが(まあ、本当にそういう詩人がいてそう言う詩が実在するか、眉唾といえば眉唾)。
   意外や、「何様?」「そんなことおまえに言われたくない」「こういうことを書いて世論を動かそうとする人いるよね」というコメントが大勢を占めていて、ええ、ここでもそういう反応なの? とちょっと意外に思ったんですけど。素直に反省しようよ。とりあえず昔の日本人は偉かったと思ってくれてたことを嬉しく思うとかさ。

   江戸時代でさえ、平和になったらふぬけになるんだから、日本人が変わったというなら、それも時代の趨勢なのかと。ま、それはそれで別方向に才能を発揮するひとが出てきたりもしてるのかもだけど……「売り家と唐様で書く3代目」状態? どうなるんでしょうねえ、まったく。

   

|

« △ △ これなーに? | トップページ | 日蝕見ましたか……KY親娘篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/45680157

この記事へのトラックバック一覧です: 人の心は変わるもの:

« △ △ これなーに? | トップページ | 日蝕見ましたか……KY親娘篇 »