« 盆ダンシング! | トップページ | 帰省の準備です »

2009年7月29日 (水)

発掘しました!

   盆踊りを控えて、衣装箱をいろいろ開けまくってやっと浴衣を発掘しました。
   「盆踊り大会、委員長はそのあとの福祉施設の売り子ヴォランティア当番の方になりましたから、当日激励に行くだけですがみなさん持ち場を守って頑張ってくださいねー」と、この前の委員会では言ったんですが。
   「早乙女さん、激励って……」
   「早乙女盆踊り大好きだから踊りに行っちゃうよ。ケロロ軍曹の浴衣着て行っちゃおかな」
   「ケロロ……」
   「旦那様が買ってくれたんだー♪」
   どん引きされていました。
   それが、踊り手ですから、ちゃんとしたやつ着ないとダメでしょう!
   「仙台に行った初めての七夕に、退職金をはたいて買った綿絽の浴衣があるんだ!」
   ……まだ気分はバブルでしたから。旦那様が買ってたトレンディ雑誌に、こんな変わった浴衣が……と紹介されてたんです。あとは、当時まだ珍しかったLEDを使った花火大会用のアクセサリー(蛍火ほどに光るイヤリング)とかも載ってましたが。買った人います?
   きもののやまとの製品で、藍染めでわりかしちゃんとしたものでした。織りで透けるようになっていて、絵柄がたしか蝶々かトンボ。トンボにしようとしたら、まだ若いんだしと蝶々を勧められたんですよね(今思うと蝶々にしといてよかった!)。まだまだ気持ちは若いつもりで。やっぱり一点豪華主義のいいところはここ。おばさんになっても綿絽ならきっとまだ着られる!(よね?) 
   帯は蝶々を織りだした博多の半幅帯を発掘。蝶々が被るとうるさいかな? じゃあ、虎ちゃんの牡丹の模様のを借りましょう。
   ホントはおかあさん今流行ってきてるマクラメ・レースみたいな帯がいいんだけどな。また、透かし織りが被るから普通のでいいかな?
   今は本当に、浴衣に伊達襟とか、帯締めや帯留め、帯揚げ風ふりふりとか、自由なカンジになっちゃって……まあ、そういう遊び感覚はお若いひとに任せて、おかあさんももうしっかり中年ですからしっとり系で頑張ってみましょう。

   

弾けちゃった和服って言うと、今話題になってるのが、ミス・ユニバースの日本代表のお嬢さんが、民族衣装審査(あるんだって、最近は!)のためにあつらえたお着物が……。ええと、ミニ丈で、黒いレザーの大振り袖って。それで、ピンクのレオタードの下腹部がチラチラっていうかどどーんと見えてて、また、ピンクの膝上のタイツっていうかをガーターで吊っていて……ゲームのなんちゃって時代劇の女性キャラクターみたいな。
   あまりにも露出がえっちな感じと和服を大胆にアレンジしすぎなカンジで相当皆さんの度肝を抜いたらしいです。わたしも「ああ、やっちゃったなー」としか思いませんでした。いえ、しかってのはそれだけの感想しかないんじゃなくて、怒りさえ覚えましたけど。国辱ものだとか、外国受けを勘違いしてるとか、だいたい最近ああいう国際的なミス・コンテストに入賞する日本女性はもう既に日本女性の範疇じゃない顔をしてるとか、はっきり言ってケバイとかもういろいろ思いましたけど。
   そう、何ら好意的に思えなくて、「やっちゃったなー」と言うしかないんです。

   ネットでいろいろ取り上げられている記事を読みますと、デザイナーの方は、和服というものは永遠に不変なものではないとか言ってるらしゅうございますが、そりゃね。でも、言わせていただくなら、こういうデザイン、

    

30 年 前 に 寺 沢 武 一 が 「コ ブ ラ」 で や っ て ま す か ら。

   襟元はびしっと打ち合わせて凛々しく、でもお胸はむっちりと肉感的で、それでもって振り袖で華やかさと動きを出して、きりっと帯を締めた下半身はハイレグのアンダーが剥きだし♪ すらりとしたおみ足がまたエロティックに華麗なアクションシーンを彩るのです……。

   全 然 新 し く も 何 と も あ り ま せ ん。

   ガーターの分だけいやらしさが増した感じで、国の代表、最近は知性も問われるという女性のコンテストにはまったくそぐわないと思います!

   そういう、ドレス・コードが崩壊して、おまけに性的なもののタガが外れてしまった現代の日本というものを表わしているというならそれはまあ慧眼! それを自分で体現するなんてまあ、勇気ある! ご自分のプライヴェイトも深読みどんとこい! なんですね。
   勇気あるわぁ。尊敬しちゃう。わたしにはできません。

   日本女性の代表として出るんだからさ、賞取りに行くのは当然にしてもさ、取っていい手段とそうでない手段があるだろう……。これが、なんていうか、小雪さんとか常磐貴子様とかが(お色がナチュラルに色白で、髪も黒)、ちょっとクラシックめのお着物を「婦人画報」みたいな固い着こなしとメイクで出て、日本女性はアピールが足らんとか言われたら、それはそれで名誉ある落選だと思いますよ。むしろそうして欲しい……。

|

« 盆ダンシング! | トップページ | 帰省の準備です »

コメント

   浴衣の着付け、どっかで見たよな……と思って探したら、今月号のファンケルのお客様用カタログ冊子「エスポワール」に、着付けと文庫の帯結びが写真と丁寧な解説入りで紹介されてました。良かった。やっぱりシーズンだから。
   虎ちゃんに去年買い与えた浴衣用のセット(夏用のメッシュの帯板、薄手の伊達締め、綿素材の腰紐)を使わせて貰って(虎ちゃんは金沢に置いてあるおかあさん用を使うよう取引が成立済み)を使って、とりあえず1回練習してみましたが、まあ、なんとか成功。いいの、浴衣美女撮影会じゃないから。大丈夫。着崩れてきても、人生の先輩があれだけ揃ってたら、だれか直してくれるでしょう。そんでまたお近づきになっちゃおう。
  人生楽して渡りたい♪

  これに上5を付けて俳句にするにはなにがいいかな?
 
  ……だめ、なに付けても笑点になりそうだ。

投稿: まいね | 2009年8月 1日 (土) 15時59分

 MSNの産経ニュースによると、抗議が殺到して、れいのミス・ユニバースのお着物は着丈を元に戻すよう変更することになったとか。
 怒ってるのはネットの中のひとだけじゃなかったんだ(帯を提供した職人さんも、こんな着物と解っていたら! と抗議したそうな)、ああ、良かった。

投稿: まいね | 2009年8月 2日 (日) 18時08分

 なんだか、れいのぱんつが見えるミニ着物のミスユニバース日本代表のひと、決戦(?)に進む15人には残れなかったみたいですね。
「セミファイナルどころか蝉蝉ファイナル? ベスト16ってなんて言うんだっけ?」
 トーナメントじゃないですから。分母はいかほど? オリンピックみたいに150ヶ国全部が参加してるんじゃないんでしょ? 近年としては、あんまり検討したというレヴェルではないですね?
 直したというお着物も、まだ女子中学生レヴェルの丈で、ピンクのガーターを見せることにはこだわったみたい。ほんとに、余計なことでだけ有名になって、ご苦労様でした。

投稿: まいね | 2009年8月24日 (月) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/45774547

この記事へのトラックバック一覧です: 発掘しました!:

» 仙台 七夕 [仙台 七夕]
仙台の七夕祭りが近くなってきましたね。杜の都の夏を華やかにする、仙台七夕まつり。夏は花火大会もいいのですが、やはり七夕祭りは外せないですよね。 [続きを読む]

受信: 2009年7月31日 (金) 00時05分

« 盆ダンシング! | トップページ | 帰省の準備です »