« 未明のなまはげ | トップページ | 弔ってあげてください »

2009年7月 9日 (木)

メイ曲アルバム 「蜃気楼」 外連味なし!

   「蜃気楼」ハートの形の黒こげを
        たしかにわたしの胸に残して              舞音

   この「蜃気楼」は、魚津沖に出るあの不思議なアレじゃなく、「クリスタルキング」のヒット曲です。だからカギ括弧付で、カテゴリは音楽なワケ。

   デビュー曲の「大都会」はもちろん、続く「パッション・レディー」や「蜃気楼」もいい曲でした。後年のヒット「北斗の拳」のオープニング・テーマ「愛を取り戻せ」も良かったですね。向かって左の低音担当のムッシュさんと右の高音部、アフロの田中さんのツイン・ヴォーカルは当時画期的でしたが、十分今聴いてもしびれますね。

   「蜃気楼」はサビの部分、
   「あふれ出す情熱を おまえだけに注ごう
   輝く風の中で 笑顔が素敵な真夏の女に 変わるだろう」という田中さんパートがカッコよかったです。ゆっくりと歌い上げる、もしかして最後は三連符ですか(イヤ、4つ入ってる)というつまったリズムが難しいフレーズなのに、朗々と歌い上げてて。もう、目のまで聴いてたら目がハートになること間違いなし。
   歌詞もキレイです。
   「歌謡曲」はある意味歌詞のパターンが決まっていて、1番があって、サビのあと間奏を挟んで2番があって、という作りが固定化してますから、その中でいかに構成の美を出すかというところが作詞のレトリックの評価のしどころなのですが(わたしの知る限り、内容的にも言葉面でも大きな対句、小さな対句を見事に配置して一番美しくまとめたのは「微笑みの爆弾」作詞リーシャウロン。「幽遊白書」のオープニングテーマですがアニメソングを侮るなかれ!)、ここは、逆に一字千金のたぐい、あまりにかっこよすぎてこれに釣り合うフレーズが見つからなかったのでしょうか、1番も2番も同じフレーズを歌ってます。

   「輝く風の中で 笑顔が素敵な真夏の女に 変わるだろう」

   なんと豊かで美しい夏の情景でしょう。

   化粧品のCMソングだったかも知れませんね。十分でしょう。70年代後半だけに、小麦色に焼けた水着のおねえさんが目に浮かびます。海は沖縄とかグァムとかかな。まだ東南アジア方面は身近でなくて。

   で、彼らも「大都会」のあまりのヒットぶりに、できすぎなんじゃないか、このあと続かないんじゃないだろうかと不安になった旨、ユーチューブに投稿されていた映像の中の司会者の語りに入ってましたが。

   まあ、ホントに1曲で終わったんじゃないんだし。
   ユーチューブのコメントでも、実力派であった、田中さんが声を失ったのは痛いなどなどと今も好意的な意見が多く見られました。
   今は消えてしまっているかも知れないけれど、そのとき、わたしたちは本当に尊敬を以て見上げました。熱狂しました。そのことはわたしたちの胸に確かに残っているのだと、伝えたくて。……偉大なるポップス・シンガーを失ったとこだしね。

   で、強烈な印象はまだ残っているというのをうまく言えなくて、お散歩から虚しく帰って唸っていると、その「パッション・レディー」のサビの歌詞にこんなのが。

   「ハートの形の黒こげが おれの胸についてる」

   これだ!

   必要にして十分。それだけの熱量を受けたのです。バッチリよ。

   そのあとも、
   「理屈抜きで Fire」 
              だって。

   神ですねこの作詞をしたひとは。

   本歌を知ってればああ、クリスタルキングの歌で揃えたなと解っていただけるかもだけど、今となっては無理だろうな。オマージュのつもりでやってもパクリにされちゃう実例ですねきっと。

   でもほんと、ヘンに身振りを入れたり、変わった格好をしたりしないで、ただまっすぐ立って、ただ自分の歌いっぷりだけで勝負して。
   潔い人たちでした
   それが、ただ売れなくなった、ただ仲間割れしちゃったというのではない結末が哀しくて(詳しくは目の前のお箱ででどうぞ)。やはり儚い美しさを感じずにはおれないのでした。

|

« 未明のなまはげ | トップページ | 弔ってあげてください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/45584141

この記事へのトラックバック一覧です: メイ曲アルバム 「蜃気楼」 外連味なし!:

« 未明のなまはげ | トップページ | 弔ってあげてください »