« 彼のいない日々 | トップページ | PTA行事に行ってみよう »

2009年6月21日 (日)

対句を作ってみよう

   和歌というと昔は長歌というのがあって。
   日本人の軽薄短小志向ってのは奈良までさかのぼれるらしく、これは万葉集のあと、古今までかろうじて残ってたのかな? そのあとは絶滅、コゴシュゴシュキンシセンシン(八代集の覚え方、順に古今、後撰、拾遺、後拾遺、金葉、詞花、千載、新古今)と和歌と言ったら五,七,五,七,七の短歌の時代になります。

   古今東西の詩の技巧に対句というのがあって、これは解りやすい。なんでも対称形は美しいという感覚です。タージマハルの美しさの基本はこれだ。ヴェルサイユ宮殿のお庭もそんなカンジ、民族・宗教を超えてご理解いただけるらしいんですが、日本人はこの感覚が若干薄いらしいですな。うちの中世(日本文学の担当)の先生が言ってました。いわく、漢文をものしておった時代には生きていたのに、その後、さっぱりと和歌の表現技巧としては廃れてしまって、以後出てこないと。いやそんな、平家物語のイントロは対句山盛りじゃん。廃れてない! 廃れてない!

   そりゃ先生、日本人が対称美を理解しないんじゃなくて、三十一文字の限られた字数の中で同じようなこと二つ揃えてる余裕がないんでしょう。対句が消えるのと、前述の、長歌の消えるのと、タイミングはほぼ一緒です。それで、その比較的長さの自由な万葉朝の長歌において、対句をやってるかっていうと、ちゃんとやってます。

   長歌っていうと、教科書で紹介されるのはまず山部赤人(やまべのあかひと)のこれでしょ。暗唱させられました。

   天地の 分かれし時ゆ 神さびて高く貴き

   駿河なる 布士の高嶺を 天の原 振りさけ見れば

   渡る日の 影も隠らひ 照る月の 光も見えず 

   白雲も い行きはばかり 時じくそ 雪は降りける

   語り継ぎ 言ひ継ぎ行かむ 不尽の高嶺は       (万葉集 317)

   見事に対句で進んでます。で、結局最後の「富士山のすばらしさを語り継いでいこう」(ここんとこも「語り継ぎ、言い継ぎ」が小さく対句だ)がオチなワケで。そういえば、長歌には最後その内容を要約・補足する短歌を付けるのがお作法だったとか習ったような気がしますが。反歌っていうやつやね。

   田子の浦ゆ打ち出て見れば真白にぞ
          富士の高嶺に雪は降りける  
                                      (万葉集 318)

   これこれ。新古今調にアレンジしたやつが百人一首にも採られてますね。
   いろいろ作ってくうちに結局じゃーこの反歌だけでいいじゃん、となって長歌は廃れたんだと思いますね。連歌も結局最初の発句だけになっちゃったし。日本人ってホント削っていくのね。

   そんで、対句が嫌いかというと、そうでもない。
   漢詩が流行りまくった奈良朝から平安初期、フルに韻を揃えて漢詩をモノするのとは別に、対句だけ作って楽しむゲームも流行ったらしいです。五言とか、七言とかで対句の片っぽが出題されて、それにふさわしいもう一句を考えて付けるの。これは、気軽にできる知的遊戯だったんじゃないですかね。なんで見たんだっけかな? カイフーソー?(「懐風藻」奈良時代に編まれた日本の漢詩集)

   さて、学生時代の、地下鉄の駅に張り出されていたポスター。当時から、いいちこは雰囲気のある広告を出してました。真っ青な空に、そのお酒の瓶をちょっと配して。

   「碧 海 青 空 夜 々 心」というコピーを白いシンプルな字体で。読みは「へきかいせいくうよよのこころ」でいいですかね?

   季節は夏だったかも知れません。

   丁度、中国文学史なんかやっていて。四六駢儷体(その昔流行った対句中心の華麗な文体)とか、習ったところだったまいちゃん@女子大生は思った!

   「これは対句にしなきゃ据わりが悪いだろ!」

   さて、頭をひねった!
   季節は夏、海に空とくれば、対になるのは白い砂浜。けれどもう一つ白いものはなんだろう……? ああ、今となってはヨットの帆なんてのも浮かびましたが。碧、青と来たからには白に近い色をもう一つ配するべきだけど、どうにも浮かばなくって。

   「白砂片雲日々歓」 はくさへんうんひびのたのしみ

   で、どーだッ!?

   もとが海→空なのでちゃんと砂浜→ちぎれ雲とやってみたのですが、最後の一字、心に対応するものを敢えて変えてみたのが苦心のあと。ホントの対句は文法的なところまでまったく揃えるものみたいですけどね。踊り字のところはどうするのがお作法かも、ちょっと調べてないですけど。まあ、通学の車中の頭の体操ですから。

   夏休みが近づいて、海を感じさせるコマーシャルが増えるとしみじみ思い出すのであります。それで、この句には典拠などあるのでしょうか? 正しかるべきペアの相手がいるのでしょうか? もしご存じでしたら、ご教授賜りたくここに恥をさらしてみたわけです。って、なんでも答えがあると思ってるところが共通一次世代の弱点とか言われそうだな。

|

« 彼のいない日々 | トップページ | PTA行事に行ってみよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/45404264

この記事へのトラックバック一覧です: 対句を作ってみよう:

« 彼のいない日々 | トップページ | PTA行事に行ってみよう »