« 恐れを知らない発言 | トップページ | 破門皇帝フェデリコ2世の試み »

2009年6月27日 (土)

スタンプ帳のたのしみ

   雨女 その濯がれし翌朝の
          スカイ・ブルーをせめて土産に          舞音

   今日、ちょっとした検査で診療所によびだされてたのに、手帳も文庫本も忘れていって、しょうがなくショルダーバッグを漁ってたら、入れっぱなしのスタンプ帳を発見。
   最初は新幹線の那須塩原駅のスタンプで、ああ、いつかのゴールデン・ウィークに勇んで行ったら大雨でなんにもできなかったなあということを思い出して。
   日付ぐらい入れておけば良かった。

   ソの、ススがれし、ソの朝の、サファイア・ブルーの、ソらを……と、サ行の音で揃えようかと思ったけど、一泊旅行、行きは雨で大変だったけど、帰る日になって晴れ渡った、という恨めし感を出すには「翌朝」の方が良かったかと。サ行の音で始まる青い色って、「サファイア・ブルー」が先に出たんだけど、あれはもっと濃い青だし、スカイ・ブルーだとあとで「空」という言葉を補わなくてすむのでこちらに。
   イヤホント、翌朝は凄い晴れたんだ。悔しかった。
   那須といったらそれしか覚えてないです。

   結構コドモコドモしてるので、スタンプはあると押しちゃいますね。駅とか、ホテルとか、博物館とか。このスタンプ帳を買う前は、その年その年の手帳に嬉々として押してたりして。ただ、ファンケルの「花の手帳」は細身だから、一般的なサイズのスタンプは脇が切れちゃうことがあってね。やっぱり、ちゃんとした「スタンプ帳」の方がいいかなって、キオスクで買ったんでした。

   その後は、早乙女おじいちゃんに連れてっていただいた神田時代の交通博物館とかが続いて、その後しばらく物置に放り出されていて間が空いて。引っ越しの時に見つけて持ち歩くことにして、一昨年の春西武ドームに行ったとき、丁度春のスタンプラリーをやっていたケロロ軍曹のスタンプをしっかり押してきたりとか、去年のスリランカ展の東博のスタンプとか、のらくろ記念館のとか、お正月の帰省の時の金沢駅とか、毎年恒例粟津温泉H旅館とか、行き先の傾向がばらばらなスタンプ帳になってます。

   行く先々でスタンプだけじゃなく歌も詠んで記念にしてればいいのにって、さすがにそこまで雅びじゃないんだ。いや、今後心がければいいのか?

   

おとなのスタンプラリーとしては、各お寺では、とくに何十何カ所というセットで有名なお寺でなくても、御朱印だっけ、拝観記念に一筆書いていただけるそうです。スタンプじゃないんだ、ニクヒツ。うちの母が地味にやってるらしいです。でもこれ、本来写経を納めた証らしいんで、拝観だけってのはちょっとズルかな。というわけで、わたしが持ち歩いてるようなふつうのスタンプ帳に、ケロロ軍曹の隣に、って訳にはいかないそうです。それなりの、御朱印帳ってのが売ってて(キューキョドウとか、そういう高級文具店かな?)、そこに書いていただくんだって。拝観料プラスアルファ(ちょっとググったサイトでは三〇〇円とか)ぐらいで。
   われもわれもとなると、ニクヒツだけに大変なことになりかねないので、解ってる参拝客だけへのサーヴィス。御朱印帳を出して、「御朱印をお願いします」と言ったひとだけね。なくても、シートに一枚書いてくれる場合もあったり、一ページめにソコのを入れてシンプルな新しいの一冊くれたりとか、お寺さんによっていろいろらしいです。お坊様がその御朱印帳を持って下がって、したためてくだすって、墨の乾くのを待って、戻ってこられる、それを待つ間、そのお寺のたたずまいを楽しむ。なんかいい習慣ですね。

   わたしはまだそこまで行ってないので、たまに知らない駅に降りたらそこのスタンプを押してくるぐらいの楽しみにしています。
   新横浜や小田原にはないのかしら?

|

« 恐れを知らない発言 | トップページ | 破門皇帝フェデリコ2世の試み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/45471173

この記事へのトラックバック一覧です: スタンプ帳のたのしみ:

« 恐れを知らない発言 | トップページ | 破門皇帝フェデリコ2世の試み »