« 対句を作ってみよう | トップページ | 恐れを知らない発言 »

2009年6月24日 (水)

PTA行事に行ってみよう

   ええと、本年度もちょっとした委員会の委員長を拝命したおかあさんですが、毎月のその委員長会議にこないだ出ましたら、ナントカ委員会の委員長さんが、今月開催のケーモーギョージへの参加が少ないと愚痴っておられました。
   予算はこれだけ貰っておっても、イマドキ平日うちにいて、そういう行事に参加できる主婦なんぞそうおらんということで、近隣小学校のご父兄も、今後お付き合いをするからということでお誘いしておるが、全然会場のキャパに満たない、中学校側からの参加者は無理矢理数を揃えるために出席させられたこの委員会の委員が9割である云々。
   こちらの委員会の方でのケーモー行事も秋に控えておって、それについても同様のことを前任の委員長さんから引き継いでおったので、同病相憐れむ、合同にして行事もリストラしたらどうかいと思っても、それがまた猫ちゃんの首に鈴、だれがそんな偉業実際やりたいものか。わたしもいやですぅ。
   とりあえずどんなしょうもない企画かと思って聞いてみたら、近年この近くにできた川崎市のアートセンターとやらのシネマサロンで、ちょっとしたおしゃれ映画を見るというもの。そう言えば去年も似たようなもんだったかな。最近は豹太も学校からの案内をとんと親に見せなくなって、気がついたらこの手の行事は参加締め切りが過ぎていて参加できなかったんですよね、毎年。
   それで、今年の映画は「『マリア・カラスの真実』を予定しています。当委員会で補助を出して、1500円のところ500円で観覧いただいて、お茶もペットボトル各1本お出しする予定です」待てーーーーッ!
   会議が終わるなりその委員長席に駆け寄って、
   「いつ!? まだ間に合う!?」
   ということで、早乙女委員長駆け込み参加と相成りました。

   で、今日、行ってきましたよ。
   いっぺん行ってみたかったんだ。きれいな建物で、中には定員100名ちょっとのいい映画ホールやコンサートホールが入っている文化っぽい建物のようです。上映演目は回覧板や区の公報なんかで公開してるんですが、あいにく今そういう余裕なくってね。とりあえず、今月は音楽映画特集みたいで、「サウンド・オブ・ミュージック」やら、「カルメン」やらをそれぞれそれなりのお値段で上映してるみたい。
   ホールの内部は、最後列は車椅子使用を意識してか席の間を広く取ってあって。この前のすみだトリフォニーホールといい、イマドキの公共の施設はみんなバリアフリー対応です。それ以外の席もゆったりとしていて、両肘を肘掛けにかけても脇が空きます。肘掛けにはペットボトルを置けるへこみがついていて、今日貰ったお茶がちゃんと置けました。前の座席との隙間も広く、あの、映画館やコンサートホールで席に着くときのイヤーなあれ、ひとの膝に脚が触れるちょっとすみませんここを通してというあれがないのです!
   これはすばらしい。
   映像や音響については、たぶんいいんだろうなとしか思いませんでしたけど(鈍い)。

   映画の内容は、……「世界ふしぎ発見」でやるようなネタかな? マリア・カラスの一代記を、彼女の作品のフィルムやレコード、舞台衣装なんかでたどったもの。きれいでした。あと、少女時代が満たされなかったとかいって「過食症のプリマドンナ」とか言われてたのには、なんかダイアナ元妃とか思い出して、女の子は愛情を掛けて育てないと思春期が悲惨か? とか思っちゃいました。絶頂期を過ぎた辺りでオナシスとの恋にはまり、全てを捨てて飛び込むはずがオッサン既に次の女に心を移してたってのが悲惨で。そんで、次の女ってのがジャクリーン・ケネディなんだからなあ……その辺は、昔森瑤子「美女たちの神話」を読んでたのがよかったかな。自殺未遂を図ったとかいろいろその後を知ると、オッサン(オナシス)地獄に堕ちろとか思ってしまいました。
   とくに高慢であったとか、節制を怠ったとかは挙げられていなかったのに、なんであんなに失墜が早かったのか疑問に思いました。やっぱり恋に溺れた時期にレッスンさぼったんでしょうか。努力ってのはあれですね、寂しがりやなんですね。いつも側にいてやらないとすぐ裏切る。
   あまりにも有名で印象的であったために、死後持ち物はオークションに掛けられ散逸し、記念館とかそういうのが一切残ってないとか描かれると、本当に見事な散りっぷりとか思いました。
   かんじんの歌声は、さすがにスゴかった。晩年の「復活ツアーは葬式ツアーとなった」という語りは、あまりにも衰えていたのでこれを聞いて皆見放したというような意味でしょうが、それを聴いてもたいしてヒドイと思わなかったぐらいですから。全盛期はきっともっと凄かったんでしょうねえ。

   べつに、おうちの散らかったリヴィングで娘とあれこれ蘊蓄を傾けつつ見てもいい内容でしたけど、「映画は映画館で!」という向きにはいい機会だったんじゃないかしら。

   とくにうるさい「ここで皆さん自己紹介して仲良くなりましょう」というようなこともなく、ただ粛々と集まって会費払ってお茶貰って映画見てそのまま解散で。かえって気が楽だったかな。悪くない企画でした。パート休んでまで出るほどのことはないけどさ。

   だからみんな、PTA行事に参加しようよ。

|

« 対句を作ってみよう | トップページ | 恐れを知らない発言 »

コメント

重箱の隅かも知れないけれど,「自殺未遂を図って」は故人に失礼.自殺を図って未遂なのでしょう.

>ひとの膝に脚が触れるちょっとすみませんここを通してというあれがないのです!
それは素晴らしいです!

投稿: 三ねんせい | 2009年6月24日 (水) 10時54分

 ああ、そうそう。「自殺を図っては未遂」、とすべきところ。狂言じゃなかったでしょうね、それは。ご指摘ありがとうございました。
 ほんと、ゆったりとしていい座席でした。

投稿: まいね | 2009年6月24日 (水) 13時33分

>女の子は愛情を掛けて育てないと思春期が悲惨か?

いや~、どっちにしろ思春期なんて悲惨なものなんだから。
掛けようが掛けまいが、なるようにしかならないのではないかと(自棄)

投稿: とむ影 | 2009年6月24日 (水) 17時26分

 と、と、と、とむ影さんしっかりなさってぇえ!
 うちのとんむすはこれで学校を2日もさぼっておるのでほんと偉そうにPTA行事なんか行ってるバヤイじゃないのですけれど。そんでうちから一歩も出ないで脱水症状対策とかいってポカリばっかり飲んでたら、マリア・カラスみたいに体重3桁キロコース一直線だわ!
 またしてもスクールカウンセラーの先生から「是非お逢いしたく」とお声を掛けられて、また野暮用でスケジュールの埋まるおかあさんでした。来週はお中元出しに行かなくちゃならないってのに。 

投稿: まいね | 2009年6月25日 (木) 01時34分

自分では、例えば半年前よりはずっとましな状態であると思っているのですが、久しぶりに会った知人に、顔を見るなり「どうしたの?疲れてるんじゃない?」と言われてしまいました。自覚はなくても言葉の端々、顔に出てるんでしょうか。

でも、思春期って、自分と他人(というか、外界?)との折り合いの付け方を探す時期じゃない。自分が何者かも分からず、外界がどの程度かも分からず、背伸びして卑下して、赤っ恥かいて、自分にも自分以外にも怒ってばかりいる。悲惨な時期だと思いません?戻りたいとは思わないです。

周りから愛情を注いでやっても、周りには何ら得ることの少ない時期で……放っておこうかしらと思いますが、注がれる本人にとっては、やはり注がれる必要があるんでしょうかね。

娘が、高校生になったんだから、自分で勉強できるから、やってるから大丈夫、と豪語していたのでそのままそっとしておいたら、中間テストでとんでもない点数を採ってきました(ええ、赤点ぎりぎりのような点数を採ってきました、です)もちろん、タカをくくっていて、痛い目を見たわけで、今回期末の前に、勉強を見てくれと泣きついてきました。先週の日曜日、あさから晩まで、数学の2次関数と化学をみてやってました。文字通り朝から晩まで。Tv見る時間無し。本読む時間無し。PC開く時間無し。ああ、天地人見たかったよ……自分から教えてくれと泣きついてきたくせに、なかなか理解できないとむくれて口答えして先に進めないし。私の休日を返して~。今週の日曜日もデス。今から気が重いデス。土曜日は映画でも見に行っちゃおうかしら。

投稿: とむ影 | 2009年6月26日 (金) 18時43分

 ……それは、厳しい。
 まあ、我が子に教えるというのは双方なれ合いになって難しいらしいです(と、仙台のピアノの先生が言ってた)。わたしもぐだぐだだし。
 わたくしは、中学校にはもう戻りたくないですね。今にして思えば、アレだけの目に遭っていながらどうして毎日学校に行けたのだろうかと奇跡のように思います。やっぱ母が毎日弁当つくって送り出してくれてたからかなー? 嘘のような切り替えの速さ、校門を出たらもう校内であったことを忘れられるというごきらくな頭、そしてそれをゆるしてくれた金沢市中心部の書店群(長時間立ち読みさせてくれてありがとうございました)。あとはプライド。みんま小学校から一人だけ行ったからには負けて帰ることは許されないとかいう背水の心持ち。
 それを考えれば、我が子はホント甘えてるなあと思ってしまって、慈母の心持ちにはとてもなれず、またしても暗黒スパイラルにはまっておるのでした。

投稿: まいね | 2009年6月26日 (金) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/45436098

この記事へのトラックバック一覧です: PTA行事に行ってみよう:

« 対句を作ってみよう | トップページ | 恐れを知らない発言 »