« 羽ばたけサンダーバード! | トップページ | 「薔薇嬢のキス」それはオマージュ »

2009年5月18日 (月)

「カルミナ・ブラーナ」9 Swaz hie gat umbe,乙女たちが集まって 豪傑訳

   週末は通常練習とオケ合わせ、これに中学校の運動会が挟まるときつかったぁ。昨日は江東区は森下文化センター。乗り換え1回(急行への乗り換えなどもあったから実質はもう少し乗り換えたけど)で行けるし、そうそう入り組んだところにあるわけでもないのでここは好きですけど、やっぱり距離はハンパなく、帰りは爆睡しました。

  本番は小林研一郎先生。例によって遠くてお顔までしっかりとは拝めませんでしたが、言葉遣いの丁寧な、けれど情熱は溢れんばかりの方とお見受けしました。人々を引っ張って芸術をまとめ上げるという職業柄、比喩表現が巧みで豊か! ノせるのもうまい! 勉強になりました。「ジョジョ」での名(限りなく迷に近い?)台詞、
   「アルプスのハープなんか弾いてるお姫様が飲むような水」的比喩が出てきて笑っちゃったけど。
   さて、どんどん暗譜していかないと、この先生、
   「楽譜は暗譜してください。そして、わたしが出す指示にすぐ食いついてください」という主義なんだな。頑張りましょう。

   9 Swaz hie gat umbe, (乙女らが集まって)

   乙女らが (乙女らが) 輪になって踊る (輪になって踊る)
   ひと夏男なしで (男なし!)
   ひと夏ずっとなんてあんまりだ! ああ!

     来たれよ 来たれ 愛し君 この身は ひたすら待つ (アルト)
     この身は ひたすら待つ 来たれよ 来たれ 愛し君 (テノール)

     甘き薔薇の唇 来たりて 我を奮わせよ (アルト)
     来たりて 我を奮わせよ 甘き薔薇の唇 (テノール)

   乙女らが (乙女らが) 輪になって踊る (輪になって踊る)
   ひと夏男なしで(男なしで!)
   ひと夏ずっとなんてあんまりだ! ああ!

   ……なんか身も蓋もない歌詞ですけど。
   最初は弦はみんなピチカートでザンザカザカザンザンザン! と激しくイントロです。
   わたしピチカートってもっと可愛い文脈(文脈ちゃう)で使うもんだと思ってました。
   「ウソッ!」って思ってると裏拍でドッカーン! ドッカーン! って次のフレーズから鳴ります(なんかいつも聴いてるディヴィス校のはここは大人しい、こんでいいんだっけ?)。これも爆発するような生の喜びの歌です。あ、りっしんべん付けてください。
   ブラームスの「リーベスリーダー」の第1曲も、
   「ねえ、早寝しちゃうの? 心からの悦びを知らないでいいわけ?」なんて持って回った誘い方をテノールがしてるんですが、それに女声は
   「心からの悦びなしに眠るなんて、そんなひどい罰を受ける気はないわ」なんて返してて、向こうの女性は結構積極的ですね。
   「男なしの夏!」なんてモロ言っちゃって、おかあさんとしてはあらあらどうよ、と突っ込みたい。学生の時に歌っとく歌だよな、ホントこれは。

   ここんとこ、例の、ウナギになっちゃいけない alle (英語の all 「全て」だ!)を4回も繰り返して、しかもリタルダンドしてゆっくり溜めて! 叫んでて。
   そんなに弾けたいかい。

   だって 夏 だもの。

   その昔は化粧品業も夏は広告に力入れてて、名コピーに名CMソングが絡んで毎年凄かったですよね。

   「夏ダカラコウナッタ」でしたっけ。

   この曲にはぴったりですね。

   そんでもってこの曲のBメロは、アルトがいろっぽく「来て♪」ってマンマ歌ってますから。そして、歌詞フレーズを入れ替えて、メロディはたぶん同じかな、テノールが続きます。その時は第2テノールが逆を行くメロディーを付けてるかな、テノールの上昇音型に対し下降音型で。
   これがまた彼らにとってはキツイ音域なんでしょうか、ちょっと限界ぎりぎりな裏返り感があって深読みするとやばいです(歌いながらナニ考えてるんですか)。
   薄衣を振るような、ていうか新体操のリボンの演技のような空間をうねるように流れるフルートの聞かせどころの水入りの後、同じメロディをもういっぺん。
   「我を奮わせよ」ですよ! 原語だともろ「元気にさせよ」って言ってますよ、唇で!? ドコを!? いえ、心をですよね!? ゴホンゴホン。

   イヤもうホント、若い頃にやっときたかったわぁ(なにを?)。

|

« 羽ばたけサンダーバード! | トップページ | 「薔薇嬢のキス」それはオマージュ »

コメント

 気がついたらもう本番まで練習3回しかなかった! 華子ちゃんが歌詞のカンニングペーパー持ってたわけだ!
 どうしよう!?
 まだ最初と最後の大曲覚えてない!!
 とりあえず、明日スカートの服地を買ってきます。

投稿: まいね | 2009年5月20日 (水) 03時52分

 って、ノイエ・リリエンベルクでお洋服の服地を売ってるようなお店ってないんですけど!? と泡くって、グーグルに「町田 服地 手芸材料」と入れて検索して、そのてのお店を調べました。ストリートヴューで道順もカンペキ。
 町田の交番で念のため道を聞いて、迷わずに行って買ってこられました!
 お店では母に携帯から電話して裏地の有無や必要な長さを聞いたりして。ITを使いこなしているおかあさんです。

投稿: まいね | 2009年5月21日 (木) 01時04分

どうも評判のよくないストリートビューですけど,お店探しには便利ですよねえ.活用してます.

投稿: 三ねんせい | 2009年5月22日 (金) 23時11分

 そうそう。お店の外観まで解るので重宝してます。

投稿: まいね | 2009年5月23日 (土) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/45051489

この記事へのトラックバック一覧です: 「カルミナ・ブラーナ」9 Swaz hie gat umbe,乙女たちが集まって 豪傑訳:

« 羽ばたけサンダーバード! | トップページ | 「薔薇嬢のキス」それはオマージュ »