« 「カルミナ・ブラーナ」8 Chramer, gib die varwe mir 小間物屋さん、紅ちょうだい 豪傑訳 | トップページ | 「カルミナ・ブラーナ」9 Swaz hie gat umbe,乙女たちが集まって 豪傑訳 »

2009年5月13日 (水)

羽ばたけサンダーバード!

   去年の夏、黒四ダムを見に行った豹太のおみやげの雷鳥のぬいぐるみ、たっての願いでショルダーバッグに付けていたのですが、いい頃に鎖が切れて、おうちにお留守番になりました。いやだってストラップを必要以上に携帯につけるのさえあんまりいい気持ちはしないのに、握り拳ほどもあるんだもん。ぶっちゃけ邪魔でした。内緒ね。
   で、ころりころりとリヴィングを転げ回って、窓の側まで行っていたらしく、先ほどシャッターを閉めた虎美が、
   「おかあさん、受け取って!」と投げてきましたが、見事に1メートルほども離れてドアに当たりました。
   「らいてうだよ!」
   「ああ、雷鳥な。おまえやっと旧仮名遣いを習ったのか」と、豹太が出てきて申します。
   「ううん! 去年暇なとき社会の教科書パラ見していて、この人の名前らいてうっていうんだーって気になってて覚えてたの!」
   「ああ、平塚らいてうな(おかあさんは卒業公演の時女性運動家の平塚らいてう先生……やや今で言う田嶋陽子先生的役どころでしたが、の役をしたんだよな。だから他人の気がしない)」
   「平塚雷鳥ってなにげに凄い名前……」 
   「平塚サンダーバードだもんな、いや、 サ ン ダ ー バ ー ド 平 塚 !  これは凄い! 羽根のついたマントつけた女性覆面レスラーみたいだ。トップロープから華麗な空中戦!」金沢に日頃JRを使って行き来しておりますれば、雷鳥イコールサンダーバードという関連づけは頭に既にできております。
   「それは凄い!」と、仔猫ちゃんたちにも大受け。
   「それで、冬には純白のリングコスチュームに華麗に衣替え
   「それってもうすでに小林幸子……」

   雷鳥のマスコットひとつで盛り上がる早乙女家でした。

|

« 「カルミナ・ブラーナ」8 Chramer, gib die varwe mir 小間物屋さん、紅ちょうだい 豪傑訳 | トップページ | 「カルミナ・ブラーナ」9 Swaz hie gat umbe,乙女たちが集まって 豪傑訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/45000340

この記事へのトラックバック一覧です: 羽ばたけサンダーバード!:

« 「カルミナ・ブラーナ」8 Chramer, gib die varwe mir 小間物屋さん、紅ちょうだい 豪傑訳 | トップページ | 「カルミナ・ブラーナ」9 Swaz hie gat umbe,乙女たちが集まって 豪傑訳 »