« 女の子のお弁当は気を遣う | トップページ | 早乙女家向け蓄財法 »

2009年5月23日 (土)

おみやげなーに?

   実家から宅急便。中身は、先日北九州に遊びに行ったと言って「ひよこピィナンシェ」と鶴の子
   「キター!!!」
   これを待っていましたッ!

   菓子どころの観光地に育ちますと(そんでもってうちは下戸の家系)、お土産のお菓子にうるさくなります。
   お土産のお菓子は、
   1) 何より美味しいこと
   2) 包装やお菓子の形じたいが凝っていてプレゼントの範疇から逸脱しないもの
   3) 典拠など、その場が明るく盛り上がる話題を持っているもの

   という条件を満たす必要があると思うんですよ。

   わたくしがただいま石川県土産として重宝しておりますところの「メジャー松井サブレ」は、ぶっちぎりで条件1が高得点です。
   美 味 し い んですよ。包装取っ払って、表面の松井のレリーフを削ってお出ししても、ふつうに楽しんで貰えると思います! さすが、お菓子激戦区の金沢駅で売ってるだけあります!
   そんでもって、条件3も、プロ野球に少し関心がおありになれば、石川県の事情などお話しして少しは場を持たせられるんじゃないかと。
   ただ、あまりにも楽しい雰囲気な包装なもので、目上の方に差し上げたりするにはちょっと……なんだなあ。サブレという性格上、ある程度固いので、お年を召した方には辛いかも知れないし(でも鎌倉名物鳩サブレよりは食べやすいと思うの)。

   有名なところで行くと、仙台銘菓「萩の月」も、結構ポイント高いです。
   条件1にはふつうに該当します。あっさりと、ふつうに誰にも好かれそうなスポンジのまあるい形状に、滑らかなくせのないカスタードクリームたっぷり。これが、似たようなお菓子は全国にあって、いろいろ食べ比べもしましたが、微妙に違うんですね。やっぱり、本家の「萩の月」が絶妙。
   条件2、雅なパッケージは「宮城野」のイメージを崩さず、お土産として非常によろしいんじゃないですか。そして、お土産として買うと付けてくれる紫色のポリプロピレン(?)素材のきゅっと巾着状になる袋! 色はちょっと微妙ですが、ふつうのレジ袋なんかより格段にいい素材で、防水性もあって、お届け先までちゃんと持つし、使った後は、旅の洗面具入れなんかに再利用できて非常にいいと思います。
   条件3、これはバブル期の雑誌でOLさんたちがもらって嬉しいお土産№1に輝いたとか、おかげで類似商品が全国に一杯とか、「萩」の月って名前からわたしは山口県のお菓子だと思ってたとか、宮城野が萩の名所ってのは王朝時代の伝統っていうか伝説で今現在はそんなことないとか、いろいろ話のネタにはなります。

   このレヴェルの全国お土産というと、鳩サブレとか、八ツ橋とか、ひよことか。……白い恋人は復権したんですかねえ?

   それで、今回わたくしがリクエストいたしましたところの鶴の子はですねえ。

   1) おいしさ。
   Sサイズの鶏卵ほどのマシュマロの中に、手亡豆の黄色い餡(多少は黄身も入っている?)がはいっていて、ふくふく甘ぁい! じつに本当に鶴の卵をゆで卵にしちゃったような背徳感
   「ああっ1羽食べちゃった! ごめんなさいッ! でも美味しかったぁ!」という満足感があるのです。小学生に食べた以来の憧れのお菓子だったんですよ。
   「はぁあ~~~~~ん。これは鴎の玉子とは違う味わいであることよ」あ、すいません、東北銘菓にはそう言うのがあるんです。こちらはウズラの卵ほどの小さい卵形のケーキをホワイトチョココーティングしたもの。黄身にはあんこ入ってたかな? 覚えてないくらいの印象。ごめんなさい。
   「全国いろんな玉子があるからな」その鴎の玉子をお土産にしたところが嫁にあんまり感動して貰えなかった旦那様がやや憮然として。
   「今度から北九州土産はそれにしよう」
   このひとは判りやすくていいと思っておられるかも知れません。
   「ありがとうございまーす♪」

   さらに、その全国的に有名なの「ひよこ」の会社が出しているフィナンシェ「ピィナンシェ」は、……虎美と旦那様が食べたところ、
   「普通に美味しかったよ」
   「マドレーヌじゃないか」
   「だからッ! フィナンシェというのは生地にアーモンドが入ってるしっとり系のマドレーヌでッ! バター分多いですからたくさん食べるとやばいですよ」
   「こんなものは一つで十分」
   わたくしはまだ食べておりませんです。ひよこサブレのかたちをしておる、そのぅ、マドレーヌと見ました。……あの「ひよこ」の形に焼いてあるかと思ったのに。だってあそこの会社、ゼリーもひよこ型で出してるし(東京で売ってる分だから別会社?)。

   こちらはおいしさは普通、全国的知名度あり、話題性も十分ということでやっぱりお土産としては上々なんじゃないですか。ただ、「ピィナンシェ」としたところが、目上の方にはちょっと苦しいかな、大丈夫かな……。

   

3拍子揃ったお土産銘菓というのはなかなかないものですねえ。

   ちなみに、松井サブレが出る前のわたくしの金沢土産は、「柴舟小出」の「三作せんべい」です。ふつうに吟味した素材でまるくせんべい型に焼いた堅焼きクッキーです。やや固いかな? 値段も手頃。雷鳥とクロユリという石川の県下県鳥を焼き印で押してあって、でも、別に気にしなければどうでもいいし(あんまり具象的なデザインではない)、無理に話題にするならそういうことで白山のアレコレについて語ってもいいし。ふつうに誰にも嫌われないお土産です(熱烈支持されるほどではない)。でも、ここの名物の「柴舟」よりは万人向きよ(ジンジャー・アイシングを塗った堅焼きせんべい。お年寄りや子供にはキツイ)。
   有名な「長生殿」とかは、ぶっちゃけ砂糖のかたまりで、お茶のお供以外にはあんまり向かないし。落雁という性格上割れたりして砂糖が零れると何かといやだし。「相あい」も結構美味しいけど、ありゃぁある意味ナボナのコピーだから、首都圏の方には恥ずかしくってお出しできないし。
   その他の有名菓子舗でも、かくれた銘菓があるかも知れませんから、イヤ実際ありますけど(山中石川屋の「娘娘饅頭」は我が子をほっといても食べたい!、「月よみ山路」は常識を超えた栗むし羊羹! 円八のあんころ:竹の皮で包んだ赤福みたいなもん、はうちの子がひとりひとパック食った!)、ま、金沢にいらしてみて♪

|

« 女の子のお弁当は気を遣う | トップページ | 早乙女家向け蓄財法 »

コメント

松井サブレ美味しいですよね。
ごちそうさまです(#^.^#)

金沢の長生殿がおみやげに不向きなのは高額だからじゃないかとずっと思っていました。

昔ダンナ(まだ結婚する前、学生の頃)が金沢に旅行するというので、金沢行くんなら「有名な」長生殿とやらいうお菓子をおみやげに欲しいと言ったら、高くて手が届かなかった……と、落雁は落雁でも「花うさぎ」を渡された記憶が。あまり硬くなくて、美味しかったです。
それ以来長生殿=高価という刷り込みがされて、実際いくらぐらいするものなのか気にしたこともなかったのですが、今ネットでみたら、あら?お手頃の値段のもあるじゃない?いくら学生は貧乏だと言っても、昔は小さいサイズのが無かったのかしら????

謎です。

ところで博多のおみやげなら、「通りもん」が美味しかったです~。のだめカンタービレにも出てました♪

投稿: とむ影 | 2009年5月30日 (土) 15時10分

 恐縮です。じゃー今度も「松サブ」で。うちの子の友達関係も争奪戦が起きたり、「これを食べてみたかったの!」と噂になってたりとここノイエ・リリエンベルクでも認知度が上がってきております。デパートの物産展じゃあ出ませんからねえ。「幻」なんですかねえ。
 この前茨城に出張に行った旦那様のお土産が、絵はオキモトシュウ?(ワイン漫画「神の雫」の作画のひと) というような中途半端なイケメンのイラストをあしらったチョコ餅でした。
「ナヴィゲーター」とか申しておりましたが、ゴシックな服を着たそのお兄ちゃんの名は「筑波嶺葵」だそうで。茨城県を強くアピールしておるようですが、うちの娘には「???」若年層にはこんなもん。ああ、だからアピールの必要性があるのか。わたくしは失笑いたしましたけど。石川県だと「百万石こがね」ちゃんになるのかな? 名峰プラス藩主の家紋だと「白山ウメ」かな?(それはおばあちゃんの名前だろう!) 
 ……若い女性狙いにしてもちょっと方向性間違ってるんじゃないかなあ?
 味は悪くはない感じですが、パッケージで非常に印象がマイナスからはじまっておったので、わたくしは2度は食べたくないです。
(もともと、それがティラミスとか生チョコのたぐいでも、仕上げにココアを振りかけた感じはちょっと苦手。喉に詰まりそうで)

投稿: まいね | 2009年5月31日 (日) 04時14分

 長生殿の話をするのを忘れました。
 たぶん、そこも銘菓として胡座をかいておった面もあると思うので、昭和のある時期まではホントにお高いワンサイズだけで商売をしておったと記憶しておりますよ。商売の太陽が午後3時あたりになったのを感じ取っていろいろ工夫しだしたんじゃないかしら。あのころ左前になった金沢の老舗菓子舗があったとおもいますもん。長生殿のところだったかどうかは忘れましたけど。
 食生活の変化は菓子どころといえどもいかんともしがたいのでありました。

投稿: まいね | 2009年5月31日 (日) 10時08分

大分土産の「一伯」というお菓子を二度いただきましたがおいしかったです。和菓子ですが、薄い軽いかわに求肥とあんこが挟まっていて下さった方曰く「古風なお菓子」でした。

投稿: くし | 2009年6月14日 (日) 15時56分

 ありがとうございます! 大分は「一伯」ね!? どういう由来があるのでしょう、楽しみ。
 求肥ってのも、今はあんまり聞きませんねえ。あるところには生き残ってるんでしょうか……。

投稿: まいね | 2009年6月15日 (月) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/45101183

この記事へのトラックバック一覧です: おみやげなーに?:

« 女の子のお弁当は気を遣う | トップページ | 早乙女家向け蓄財法 »