« 海よりも深く反省。 | トップページ | 王様の耳はロバの耳っ! 新人教育篇 »

2009年3月26日 (木)

プライスレスな金婚式

   ええと、陛下達と同じ年に結婚したという早乙女おとうさんおかあさんの金婚式が迫っているというので、なにかお祝いをしなくてはならないということで、いろいろ悩んだ挙げ句、刺繍かなにかに「金婚式おめでとう」のような文言を入れて、子ども達にも一刺しぐらい手伝わせてプレゼントにしよう、ヘタでも安くても真心が籠もってればいいだろう、と思いついたのが先週。アルバイト明けの昨日、さっそく駅前のサティで刺繍のキットを買ってきました。

   豹太に「金婚式」を和英辞書で調べさせておいて、模様の余白に方眼にレタリングして書き込んだのが昨日。図案を10×10の枠で分けて、ざっと数えると、約169枡、それを4月末までの37日で刺すとして(余白はなにも刺さないところもある。余裕があればクッションに仕立てるつもりで))、一日約4枡半ぐらいやってけばなんとか完成するだろと、昨日からのんびり刺し始めたら。
   クロスステッチを設計図にしたがって糸を変えてただ刺していくだけというスタイル、同様の、短い毛糸を土台のネットに結びつけていく段通のような絨毯キットは父が昔やっていたので見覚えがあって、とくに難しくもないだろうと思ってたのですが、これが。
   段通は、糸が一本一本独立してますから、1行済んだらまた1行、記号と毛糸との1対1を間違えないでさえいけば、父なんかナイター見ながらやってましたけど、刺繍は糸が繋がってるから、その記号を探し探し、できるだけ最短距離で刺していかないといけないんですね。って、あ、また数え間違えた……。
   そろそろ老眼が始まったのか、この秋ぐらいから針に糸を通すのがちょっときついわとか思い始めてて、さらに、暮れからの創作ラッシュでパソコンを睨んだマンマ4,5時間、なんてことが続いて、もう遠くのものが霞んできてました。このクロスステッチ用の目の荒いクロスの目を数えるのも辛いし、設計図で記号を追うのつら~い。
   ああ、それなのに、豚娘は「じゃ、がんばってね」とさっさと部屋に引き取ってしまって……わかった! おかあさんが責任持ってやるよ!

   とりあえず、設計図は今日、出先で拡大コピーを取りましたが、A4をA3にしようと思って200%を選択してしまって「原稿が切れますけどいいですか?」と何度もコピー機に聞かれて、意味が解らず強行して端っこが切れちゃって、それは√2だから約141%だということにやっと気づいてやっと求める大きさに拡大(キリンも老いれば駄馬未満なのよっ! ……誰が麒麟だ) してきました。

   でも結局数え違いがあって、やってるうちに目数が合わなくなって、ほどいてる内にめんどくさくなっていい加減なやり方をしたら絡まって、とうとう糸を切ることになって、もう泣きたい気持ち。

   さらに、ほどいてるうちに手が滑って糸もなんにもついてない針が床に!! もう、磁石片手に大掃除。どうしても出てこなくて、エプロンのポケットに手を入れたらそこに入ってたりして、もう、ドラマじゃあるまいし。

   なんでわざわざ苦手なお針仕事を選んだんだろう?

   おかあさんも頑張るからあんた達もガンバレと、今年受験生の豹太とか、学校にどうしても行けない虎美とかに親らしい姿を見せたかったのですが、これだよ。

   得意分野にしておけば良かったのに。
   二人の名前組み合わせて読み込んだおめでたい和歌とか。
   いや、説明しないとわかんないようなそんな有り難みが微妙な和歌、昔、友人のお子さんの誕生祝いに詠んだことありますよ。実際。うん、あんまり受けませんでした。

   それで、また泣きながら刺繍に戻りますんで、そういうことで、あと1ヶ月は更新ほとんど無いと思っててください。

   普通のうちだと温泉旅館にご招待とか、金の記念グッズとかプレゼントとかするんだろうけど、先立つものがないのよ、困ったことに。
   とりあえず、「GOLDEN WEDDING」の文字くらいは金糸で刺繍しましょうか。

|

« 海よりも深く反省。 | トップページ | 王様の耳はロバの耳っ! 新人教育篇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/44468148

この記事へのトラックバック一覧です: プライスレスな金婚式:

« 海よりも深く反省。 | トップページ | 王様の耳はロバの耳っ! 新人教育篇 »