« 「カルミナ・ブラーナ」5 Ecce gratum の豪傑訳できました | トップページ | 海よりも深く反省。 »

2009年3月23日 (月)

「ジョジョの奇妙な冒険」 おまえが言うか

   あした締め切りだってのに!
   毎日新聞のせいじゃなく、おかあさん最近鬱入ってきて新聞もほとんど手を付けない日々。珍しく開いてみれば、書評欄、今日だけ珍しく当たったのか、毎週担当してるのか、マエストロ佐藤賢一による「この人・この3冊」は「メアリー・ステュアート」を描いた作品を選ぶという回でした。

   A・デュマとツヴァイクってのは、どちらも聞いたことある作家ですね。メアリー・ステュアートって、エリザベスⅠ世のライヴァルとして有名、負けた方としてはさんざんな伝わり方をしてますが、実際どうよ、とマエストロも仰る。デュマの方はメアリー擁護だがやや苦しい、ツヴァイクは魔が射した説だがイマイチ、とマエストロは点が辛うございます。じゃあ、あなたが描いて♪
   残る1冊に「ジョジョの奇妙な冒険」を挙げるところが凄い。デュマやツヴァイクに並ぶか、荒木画伯。しかも、ジョジョは大河だけど、第1部の脇役のバックボーンとして描かれたダケですよ、メアリーは。それにしても、「どんな強い男でも心の安らぎを求める……恋でなく、もっと大きなものに身をゆだねる やすらぎに!! メアリーにはその魅力があった」、たしかにこういう下りはありましたが、ただこの1文ダケで、マエストロをして納得させるとは。さすがは「深紅の秘伝説」(作品の初期の煽り言葉)。
   しかしながら、この文の前振りの「ジョジョの奇妙な冒険」の作品紹介に「物語そのものは荒唐無稽」って、マエストロ、あなたがそれを言いますか。なんか複雑。 

|

« 「カルミナ・ブラーナ」5 Ecce gratum の豪傑訳できました | トップページ | 海よりも深く反省。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/44437233

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジョジョの奇妙な冒険」 おまえが言うか:

« 「カルミナ・ブラーナ」5 Ecce gratum の豪傑訳できました | トップページ | 海よりも深く反省。 »