« 小学生もヒミツケッシャに入りたい? | トップページ | 感謝! 異常乾燥注意報 »

2009年2月14日 (土)

門前の虎ちゃん習わぬカルミナを歌う話

   「おかーさん、その歌毎日歌っててまだ覚えないの!? あたしもう覚えたよ! べーれ じゅー べー あーれー みーん♪」
   ホントに我が子ながら 憎 た ら し い

   「おまえ、この教科書で習ったのと違う気持ち悪いドイツ語見て歌ってみろ!」
   おかあさん八つ当たりしてます。
   ホントに、じゃあ純粋にギョエテとかシルレルとかダウメルとかの由緒正しいドイツ語なら読んですぐ歌えるとでも言うのかよ。純粋に頭がもう衰えてるんだ、情けない。

   「カルミナ・ブラーナ」10曲目は1部のクライマックス、
   「もしも海からライン川まで世界中が全ておれのものになったとしても
   おれはあえてそいつを全部捨てちまおう
   イギリスの女王様を
   この腕で抱けるんだったら」
   と豪快な歌詞を威風堂々と歌い上げるチャーミングな曲であります。
   「カルミナ・ブラーナ」の中でもすぐに覚えて鼻歌にしたい曲ベスト3に入る曲なんですが、いかんせん、歌詞が古いドイツ語なので、かえってややこしいんです。

   「このdiu ってのは du  のことでいいのか?(違います) min はふつうに mein だよな、Rin は Rhein かな、対訳から言って……」なんて考えてしまうので、1拍も2拍も遅れてしまうんですよね。参った、参った。

   例によってシモヤナギ先生は、
   「イギリスの女王様って、あのひとそんなにいいですかねえ? ぼかぁ、この前死んだお嫁さんの方がいいなあ……ダイアナさん(ボソッ)」なんて言ってました。

   

イギリスは女王で持ってる国ですが、中世レヴェルで全世界(ラインまでが全世界なんだから時代が解るネ)と引き替えにしていいような女王様っていうと(お妃様もアリだろう、語義的に)、エリザベスⅠ世じゃないですねえ。アリエノール・ダキテーヌですかね? イメージ的に。

   ってなことを考えてたら、ああ、また入り損なった! もう! 

|

« 小学生もヒミツケッシャに入りたい? | トップページ | 感謝! 異常乾燥注意報 »

コメント

 で、そのユーチューブの見事な映像付きヴァージョンを毎日掛けて聞き流していて、最近やっとメロディの中から歌詞が単語として聞き取れるようになって参りました。おとうさんの英語の勉強みたいよ。歌曲も語学のうちなのであるなあ。
 4/9の最終曲なんですが、車輪がぐるぐる回るというシンボルタワー(盛者必衰、上にいるものもそのうち下に踏まれる運命、油断するな/気にするなというのがこの曲の主題)に陣取った女性をみんなでちやほやする映像。ああ、このひとが女王様ね、と(イングランドの女王という名札も持ってるようだ)。
 惜しむらくはこの「イギリスの女王様」の役どころの女性が淡い金髪で。
 いや、イギリスの女王様なら燃えるような赤毛でないと! (アリエノール・ダキテーヌはイングランド出身じゃないぞ)
 映像化というのは個々人内部にあるイメージとの戦いだから、なかなか難しいものがありますな。

投稿: まいね | 2009年2月19日 (木) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/44058985

この記事へのトラックバック一覧です: 門前の虎ちゃん習わぬカルミナを歌う話:

« 小学生もヒミツケッシャに入りたい? | トップページ | 感謝! 異常乾燥注意報 »