« もうちょっと調べて書きましょう | トップページ | ページをめくれば - ちょーシリーズ再評価 - »

2009年2月28日 (土)

それはそれ、これはこれ!?

   虎美がとうとう口を割りました。
   「おかあさんはあそこに坐っていることがどんなに苦かわかんないでしょう!?」来たーっ!
   「へえ、どんな?」と聞いてみますと、
   「クラスの男子達があまりにも軽く『殺してやる』とか『死ね』とか言いすぎるの!」
   へえ、そりゃいけませんな。

   っておまえ、
   「オレたちチームは『ブッ殺す』と心で思ったならッ! その時スデに行動は終わっているんだッ!」って台詞をお吐きになられる方(ギャングの、それも暗殺を生業にしておららる兄貴)を、
   「カッコイイーっ!」ときゃあきゃあ言ってる人間のいう台詞か(おかあさんも一緒になって騒ぐのやめましょう)。

   いやまあ、たしかに軽々しく死ぬだの殺すなど言うもんじゃないって言う要旨でありますな、この方の台詞も。スタンスは真逆だけど。

   おかあさんのつめた~い目に多少反省した虎ちゃん、今週はとりあえず休まず学校に行きました。めでたくない、めでたくない。

|

« もうちょっと調べて書きましょう | トップページ | ページをめくれば - ちょーシリーズ再評価 - »

コメント

時代は変わったねえ.私の初学生のころ,いじめはすさまじかった (後遺症あり) けれど,死ねとか殺すとか口にする子はいなかった.そういう言葉はタブーだということがもっとしっかり守られていたと思います.
死ねや殺せが禁句であってこそギャングのその台詞も生きるんじゃないですか?あまりにも軽々しく殺すなどと口にする世の中を許せないです.

投稿: 三ねんせい | 2009年3月 4日 (水) 10時01分

↑訂正.初学生じゃなくて小学生です.腱鞘炎でキーの打ちそこないが多くなりました.

投稿: 三ねんせい | 2009年3月 4日 (水) 10時02分

 おはようございます。誤字についてはお気になさいますな、その上でわたしも「おららる」なんてやってます。やっぱここにRがあるキーボードは悩ましいですよ(じゃあどこにあればいいというのか。親指シフトってもうホントに絶版?)。
 小学生の時のいじめの件については拝読しました。うーん、物理的にスゴイのと、精神にクルのと、どっちがどっちとは申せませんけどねえ。わたしは逆さ吊りもイヤだなあ。トラウマどころじゃない後遺症も残ってらっしゃるしねえ。時代関係なく親が学校にねじ込んでいい程度だと思いますが、時代がハンパじゃなかったし。
 わたくしは、中学で、オマエが触ると机が腐るから掃除も手伝うなとまで言われましたが、忌引き以外は通いとおしましたけどね。いっぺん大騒ぎして泣き伏して授業を潰したりとかはありましたけど。だから、その程度で気に入らないとか面白くないとか言って休む娘が許せなくて……また娘がぐれると。
 「母に捧げるバラード」で、休みたいとか怠けたいとかそういうことを思うようになったら「その時は死ね」という語りが入ったときはビックリしましたが、この前、「行かなくていいもん」と蒲団にもぐり直した娘に「じゃあ死ね」とつい言っちゃって、「それじゃあナイフ持ってきてちょうだい」と返されて冷や汗をかきました。おかあさん、自重、自重。

投稿: まいね | 2009年3月 4日 (水) 10時57分

 昨日のカウンセリングで(もうそんなのに呼ばれる事態!)、仙台のM山小学校ではそんなことはなかった、仙台に帰りたいと熱く語っておりましたが、川崎でも一番山の方でのどかな小学校区と有名なところを選んでわざわざ(通勤の苦労を押して)越したのに、そんなことを言われて旦那様は苦り切っておいででした。もっと都心だとどうなっておるのでありましょうか。

投稿: まいね | 2009年3月 4日 (水) 11時01分

虎美ちゃんをいじめる悪い子たちには,まず躾が必要ですね:死ねとか殺すとか軽々しく言ってはいけない.命は尊いんだ,お命頂戴つかまつると言え(違

投稿: 三ねんせい | 2009年3月 4日 (水) 21時10分

 ああ、大変。すいません、虎美は自分に対して「死ね」と言われたとは申しておりませんです。日常会話で「てめえ、殺す!」とかふざけて言うのに耐えられないと申すので。もしかして、他の子が対象になっておるのかも知れませんけど、担任の先生のお話ではそのような事態もないようなので。とりあえず、自分が苛められておっていけないのではなく、「そーゆーバカにつきあってらんない」と、ふてくされて行ってないようなのです。そこは、自分を曲げなさいよ。自分に言われてるんじゃないんだし、というお話。
 もし、よそのお子さんにいじめっ子がそのような言葉を投げるような日常で、何もしないで保健室に逃げたり不登校になることで関わり合いを避けるような情けない娘であったら、本当にうちから叩き出したいところです。
 しかし、「お命頂戴」はいいな。そういうニンジャごっことかやってる素朴なお年頃でもないんだろうなあ。いや、まだやってるから付き合ってらんないんだろうか。微妙な小学6年生でした。

投稿: まいね | 2009年3月 4日 (水) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/44196785

この記事へのトラックバック一覧です: それはそれ、これはこれ!?:

« もうちょっと調べて書きましょう | トップページ | ページをめくれば - ちょーシリーズ再評価 - »