« メイ曲アルバム 「カルミナ・ブラーナ」 チャンスの神には前髪だけよ | トップページ | それはそれ、これはこれ!? »

2009年2月25日 (水)

もうちょっと調べて書きましょう

   またディープな趣味の話。

   ナポリを舞台とする話を書いておって、イメージとしてちょっと場所を二分する必要があって、ノリで「川向こう」と書いてしまって、いろいろ話を続けてしまっていました。
   手持ちの地図帳では(ワールドアトラス、まあ、2005年度ぐらい版)、なんだか市内に大きな川ってない雰囲気だけど、ナポリは首都じゃないので大きな縮尺の地図は載ってなくて確認できず、川のない街ってあるわけがないし、とそのまま。

   今日、暇だったので、グーグルマップでナポリを呼び出したら、本当にないじゃないですか! ちょっと! イタリア南部最大の都市で! 飲料水はどっから取ってるのよ!? 乾燥地帯って怖い!(おかあさんは日本史世界史選択で、地理は中学以来やってないです)

   だって、金沢は犀川浅野川の2本とその支流がいっぱい流れてたし、仙台だって広瀬川~♪ が流れてるし。京都には賀茂川、大阪には道頓堀、東京には神田川に荒川。日本の都市で、川と全く無縁な街がありましょうか! あったらゴメン!

   とかくこういうふうに、いちいちビックリと出会えるので未知の場所を舞台に物語を描くのも楽しいものです。
   しかし、どうしよう……。「ナントカ大通りの向こう」でごまかせるかな? 向こうのひとは、何となく雰囲気の違うあっちとこっちをどういう線引きで分けているのかな? 誰に見せるわけでもない物語世界の中だから気にしないで架空の川引いちゃおかな?

|

« メイ曲アルバム 「カルミナ・ブラーナ」 チャンスの神には前髪だけよ | トップページ | それはそれ、これはこれ!? »

コメント

いわれてみれば日本の大都市にはたいてい大きな川がありますね.つまり川のないところに都市はできない.
例外を考えてみた:神戸市は小さい川がいくつもあるけれど大きいのはなかったように思います.奈良市,青森市も大きな川がないですね,たぶん.
外国はどうなのでしょうねえ.クスコには小さい川しかなかったかな?

投稿: 三ねんせい | 2009年2月25日 (水) 14時49分

 一夜明けると地図帳がない! 調べようと思うとなくなっている。それが早乙女家。使ったら元の位置に戻すくせをつけなくちゃ! 
 とりあえず、アテネとかにはないようですね、川。地中海性気候恐るべし。雨水とかでやりくりしてるんでしょうか。こーゆーところは飲料水じゃなく果物で水分補給をしてるらしいですな。だからそんなに甘い柑橘類はお呼びじゃないとか。
 とりあえず、小説の方はナポリじゃない架空の街にしました。いいんだ、自分ちだけで流通する話だから。凝るべきところはそこじゃない。

投稿: まいね | 2009年2月26日 (木) 00時50分

 偉大なるシェイクスピアも、なんだっけ、とある作品では内陸国ボヘミアに海岸を設定するというお茶目をやってくれたらしいですから、大胆に、小説的虚構で行こう! うん! 以後気をつけま~す♪

投稿: まいね | 2009年2月27日 (金) 00時17分

そうそう,大胆に虚構の世界を描きましょう (...と無責任に励ます).問題は,映画化するときにどこでロケするかと言うことです.

投稿: 三ねんせい | 2009年2月27日 (金) 10時02分

 あはは! 大丈夫! 映画化されることはありませんから!(しかし、そりゃあ実際現実との間に差が出ると問題だ)
 しかしながら、「デルフィニア戦記」がそもそも「キャプテン翼」のファンの妄想がもとだとか、「十二国記」の大本の世界観が「皇帝の死なない『銀河英雄伝説』」だとかいう裏話を読むと、そういうふうに元ネタが全く見えなくなるまで練り上げればオマージュ作品というのもアリかと思ってしまいます。とりあえず、この二作品のように作者側からばらしてもらわないと判らなくなるまで昇華しないとダメだけどね。

投稿: まいね | 2009年2月28日 (土) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/44171402

この記事へのトラックバック一覧です: もうちょっと調べて書きましょう:

« メイ曲アルバム 「カルミナ・ブラーナ」 チャンスの神には前髪だけよ | トップページ | それはそれ、これはこれ!? »