« 熱き血潮の季節 | トップページ | 景気の悪い話 »

2009年1月15日 (木)

リアルは小説よりもキーッ!

   それで小説をまた書いておるわけですが。
   一度虎美に読ませてみたら、
   「何かいてあるかわかんない! だんらくが変わったら状況せつめいして」と手厳しいこと。もしかして、今まで読んでた皆さんとっても気を遣ってくださってた???
   この子と一緒なら今度こそ賞をつかめるかも!
   なんてポジティヴ・シンキングをしておるところです。

   「なあ虎美や、この時代に仙台でふつうのひとが鉄砲を撃ったりしたらやっぱり現実的な話じゃないだろうな」と、ひとりよがりにならぬよう相談に乗ってもらって。
   「おかあさん無理だって!」  
   「でもクライマックス的にはそこで死んだふりをしなくてはならないのだが……」
   「日本はピストルを持ってちゃいけない国なんでしょ? かいぞうエアガンにしなきゃ!」
   「それでは一気にスケールダウンしてしまう……銃社会のアメリカから来たひとなんだが……だめかのう?」
   なんて話をしてたらいきなり交際相手の女性を拳銃で怪我させるなんて事件が朝のニュースでやってたりして。リアルだともうアリアリなのか。ふむ、非合法な方から入手したとすればいいんですかね?

   と言う話を今度は旦那様に振ったら、
   「日本でも銃を持ったひとはいる。をするひとだ」
   いえそれはそうだけど、いきなり話が「津山30人殺し」な感じになってしまいます。猟銃で自殺する時って、胸とか口とか狙うんでしょ? 感じが違うんだなあ……。そこで大逆転するためにはやっぱりこめかみに当てて……。あ! 別に本物じゃなくてもいいか!

   ……とクライマックスの根幹に関わるアイディアが出て昨日ぱしぱし打ってて、3時頃、こりゃいかんお皿を洗ってなかったと席を立ってお皿を洗ってお弁当の仕込みをしながらふっとディスプレイを遠く望むと、なんだか黒くなって再立ち上げをしておるのです。そういえばこの前OS入れ替えたとか言ってたけど、長時間離席すると自動で保存・終了する省エネ仕様なのかしら、と、きりのいいところまでやって、戻って再立ち上げしたら……その渾身の改変データは消えていたのでした。

   「昨夜ウィンドウズに緊急の更新があったらしいな。おれも最近数回その被害に遭っている」
   泣きながら今朝ほど旦那様に訴えましたところ、上のような情報を頂きました。豹太にまで、
   「おかあさんこまめにセイヴするくせ付けようよ」なんて言われて。キーッ!

   

負けないんだから!

|

« 熱き血潮の季節 | トップページ | 景気の悪い話 »

コメント

>ぱしぱし打ってて、
ああよかった.打ったんですね,撃ったんじゃなくて.数行上には銃の話などあるから,ひやっとした.次の行の皿が血に見えたりして(笑)

投稿: 三ねんせい | 2009年1月15日 (木) 15時02分

 ……そう来ると思わなかった。やっぱりキーボードを打つ音の標準的な擬態語はカタカタですかねえ?

投稿: まいね | 2009年1月15日 (木) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/43747085

この記事へのトラックバック一覧です: リアルは小説よりもキーッ!:

« 熱き血潮の季節 | トップページ | 景気の悪い話 »