« なまるなまる | トップページ | リアルは小説よりもキーッ! »

2009年1月14日 (水)

熱き血潮の季節

   お寒いですねえ。うちの白梅はもう満開なんですけど。ご近所じゃあ、ロウバイもいい匂いさせてました。
   シベリア寒気団ご一行が来日されますと聞きたいのが「カリンカ」。いえ、とりのなんこさんは彼らのテーマソングになぜかマイムマイム(イスラエル民謡)を設定してるそうですが。

   カリンカの方は、ちゃんとロシア民謡。高校の合唱部でやりましたから、わたしとっては永遠に当時のテノールソロの声で認識されてる曲です。もうひとの旦那だけどね。硬質で、張りのある美声。自分でも歌ったりしますが。やっぱり寒い季節の空気に合いますねえ。

   ユーチューブでコサックダンスを検索しますと、出てくる出てくる。ロシアの皆さん、結構外貨を稼ぎにこういうのをやりに来ているんですね。
   黒いふかふかのお帽子、襟の詰まった赤い長いコート、金のサッシュなんか締めて、ちょっとふくらんだおズボンにブーツ。カッコイイ。
   コートですが、ウィキペディの図版で、お袖の真ん中にスリットがあってそこから腕がにょっきりしてるのを見たときにはいくら何でもアリエネエと思い ましたが、ホントにそういうコート着てたよ。寒いからアリなのかしら。それとも、プランタジネット~エリザベス朝の、下に来ている服をチラ見せするのがお シャレな流行がロシアまで流れてくるとこういうニュアンスになるのかしら。ごっついコートを着たままでは腕が動かしづらいからの実用からかしら。

   軍服見てカッコイイというのはやや不謹慎かと毎回後ろめたいのですが、近代までの軍服は「カッチョイイ! 俺も軍に入ってあんなカッコしてもてた い!」と思わせるのも主目的なので、あれに萌えるのは正しいと割り切ることにしました。どうせ血と泥にまみれる運命なのですが、その辺は考えないことにし て。ああ平和って尊いわ。

   踊りの傾向は、強靱な足腰を使った豪快な足技の効いた踊りです。
   ジャニーズのような縦回転でも、スケートのような横回転でもない回転、えっと、空気跳び箱に両肩を乗せて仰向けになってまた戻るような回転が特徴的、これで舞台を一周します。体操競技でもつなぎ技に使われますね。あとは、坐った体勢でもごろごろと回ります。これぐらい、自分でもできないかなと思うけどやらない。うち狭いから。

   で、女性の方は、襞をたっぷり取ったスカートをこれでもかと跳ね上げて回る、回る。カンカンのように持ち上げて敢えて見せるまでは行かないけど、もう水平にまでスカート遠心力で上がっちゃってますから、下のペチコートとか見せパンとかバッチリ見えてます。これもサーヴィスのうちなのか。
   ダンスの傾向として回転は、唐代の胡姫の胡旋舞ってのがあったらしいですから、とにかく回るというのは中央アジアの伝統なんでしょうかねえ。西ヨーロッパのダンスというともっとこう、シークエンス? こう並んでいたのがこう動いて、こちら合わせになったり、入れ違って向こうに行く……なんてのが主眼のような。今の社交ダンスはそれこそ19世紀になってかららしいので。昔はダンスって言っても二人で手に手を取って密着なんていかがわしいことしてなかったらしいですよ。その辺、レオナルド・ディカプリオが太陽王やってた「仮面の男」は考証ちゃんとしてたような。
   なんの話だっけ?
   それで、えーっと、狂おしい速いテンポと刻んだリズムで冬の大地で熱い血を燃やしてくれているコサックダンスは、冬に見ると趣深いなあということです。
   日本人にとっても、たぶん西ヨーロッパのひとにとってもなんとなくエキゾチックでいいんでしょうね。

   コサックを調べたら、帝政ロシアでいろいろ重用されたせいでソ連邦時代には冷や飯食って、そのおかげでまた最近復権運動とかして、今のプーチンさんを熱狂的に支持してるとか。あれだ、明治期の会津みたいなもんか(違います。会津は名誉回復されたのか?)。平時は農耕、有時に軍役というところは薩摩をイメージさせるしね。やっぱり、軍事力を潜ませる時に上のひとが考えることは皆同じだな。

   その国独自のものを感じさせる集団だと思ってたのに、よくよく調べると我が国にも類似概念があったりするなんて、やっぱり世界って面白いですね。

|

« なまるなまる | トップページ | リアルは小説よりもキーッ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/43738926

この記事へのトラックバック一覧です: 熱き血潮の季節:

» 中央アジアの演劇 [聖なるブログ 闘いうどんを啜れ]
 芸術の秋なので、親しみまくっている。アジアミーツアジア(麻布デイプラッツ)で、アフガニスタンとキルギスタンの劇を見る。 [続きを読む]

受信: 2009年1月14日 (水) 23時31分

« なまるなまる | トップページ | リアルは小説よりもキーッ! »