« 「地頭力」を鍛えよう? | トップページ | なまるなまる »

2009年1月12日 (月)

「カロ ミオ ベン」 -同窓会のマドンナ -

   買ってきました。お年玉を懐に駅前に降りて、HMVと山野楽器をハシゴ。

   GO! ひろみのベストアルバムはなかったですが、HMVの方に、サンバっぽい曲ばっかり集めたアルバムがあって、それが3枚よりどり25%オフとか書いてあって結構心が揺れました。いや、CDはディスカウントされて買うもんじゃないだろう!
   ついでに見たジュリーのところはしっかりベスト・アルバム「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」(ネーミングもおステキ)があったのですが、ひろみ買いに来てジュリーってどうよ、と思ったのと、山野楽器の方にポイントカードを持っていたので、とりあえずそっちも見てから……ということになって。

   山野楽器はさらに品揃えが悪かったです(売り場面積の差のせいもあるだろう)。
   そこでクラッシックの棚へふらふらと分け入り、イタリア歌曲をつらつら眺めると「カロミオベン イタリア歌曲」とかいうCDがあり、その横には同趣向のものがいろいろと。黒人霊歌集も、大好きな「すぐに終わって欲しい」の入ったやつも見つかって、両手に持って脂汗状態に。
   結局日本人ソプラノとしてはイタリア歌曲にもっともふさわしい声である云々煽りが付いていた片岡啓子さんの「イタリア古典歌曲集」にしたんですが。
   ……全然ヒロミゴーじゃないやないか~い。

   帰って聞いてみましたが。
   ライナーノートに歌詞が付いてませんでした。
   頼むよ、歌詞が知りたくて買ったんだからさ。

   そんでもって、かなりゆっくりしたテンポで豊かに歌い上げてくださってて。
   なんというか、エレガントすぎて、昔の幼い恋の面影ナッシング
   真っ直ぐすぎて、傷つけるばっかりのあの頃とは別物で。

   ああ、20年経ってどきどきしてお目に掛かっても、そこは同窓会のマドンナ、もうはやあの頃の輝きは持っていないのでした。

   ネットで調べたら歌詞、日本語訳も原語イタリア語の詞も簡単に見つかったし。
   なんのために買ったんだよう。
   今度はイタリア歌曲中声用の楽譜を買いに行けばいいのかな?(ハア)

   そして、どうして「ひろみとジュリーはわたしの永遠のヒーローですっ!」と堂々とベスト盤を買ってこられなかったのか!?

   

お 母 さ ん の 見 栄 っ 張 り。

|

« 「地頭力」を鍛えよう? | トップページ | なまるなまる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/43719631

この記事へのトラックバック一覧です: 「カロ ミオ ベン」 -同窓会のマドンナ -:

« 「地頭力」を鍛えよう? | トップページ | なまるなまる »