« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »

2008年11月29日 (土)

王朝不倫考

   太宰府みやげのてぬぐいを見ておって。

   これは、れいの菅原道真公が日頃愛でておった梅の木に、配流(はて、太宰府は実質島流し呼ばわりされてたんだっけ?)の折詠んだという歌が書いてあります。

   東風ふかば 匂ひおこせよ 梅の花 
       主なしとて 春な忘れそ

   春を告げる東風が吹いたら、それに乗せて匂いを届けてください。
       主であるわたしがいなくなっても、春を忘れて咲かないことがないように

   やたら説明のご親切な訳になってしまいました。

   で、次の春、あの梅は咲いたろうか、と都を懐かしく思っておると、一朝、どどーんとその梅が空を飛んで太宰府は道真の宿舎の庭に咲いておったと言い伝わっておるそうですな。「飛梅」。

   

植物をも動かす道真の不思議パワー。そりゃ雷様になってもおかしくないって。

   でもこれって、梅は若い愛人のことだよね?

   「匂いをおこす」ってのは、「手紙書いてよ」ってことで。
   「春な忘れそ」だと、
   「おまえはまだ若いんだから、わたしのことは忘れて新しい恋を見つけなさい」って大人な態度にも見えますが。……手紙所望しとるんか、切れる気ないな。ズルい男です。
   あれだ、「越冬つばめ」。森昌子の。
   「♪娘盛りを無駄にするなと 時雨の宿で背を向けたひと」
   二人きりでそんなとこまでいっといて、何をカッコつけとんじゃオッサン。
   演歌だと時雨に凍えるツバメになるところが、王朝だと雪に堪える梅になるのね~。

   で、ある朝何千キロの距離を超えて、その若い愛人が道真を慕って太宰府に下ってくる訳よ。燃え上がる愛ふたたび~♪ って、奥方はどこよ?

   なんか「課長島耕作」みたいな話になっちゃったな~と頭をかいているおかあさんは妄想過多?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジョジョでさんすう

   虎美は図形は得意らしいんですけど、おかあさんが単に興味があるから。

 問題:「ジョジョの奇妙な冒険」第3部で、花京院はDIOの能力を知るために、DIOにわなを張ります。それは、彼のスタンド能力を使ったもので、ハイエロファント・グリーンのしょくしゅをうんと伸ばして、半径20メートルのりょういき内にはりめぐらせるもので、これに触れるとエメラルド・スプラッシュのこうげきを受けることになっています。
   ハイエロファント・グリーンのしょくしゅのおよその長さをもとめてみましょう。

 <考え方>
 半径20メートルということは、わなはほぼ円形と考えてよい。

 1) 半径20メートルの円の円周をまず求めよう。
    半径20メートルの時、直径は(  )メートル
    直径(  )メートルの時、円周の求め方。
    円周の長さ = 直径の長さ × (    )

    

ゆえに 円周の長さ = (      )メートル

 2) わなのなかにめぐらされた分の長さを求めよう。

    DIOをのがさないために、すき間なくしょくしゅをはりめぐらせたとする。
    例) 必ず円の中心を通り、円の向こう側まで確実に届く長さのしょくしゅを最低20本と考えてみる。

    必ず円の中心を通り、円のはしからはしまでとどく線の長さ = (    )
    ゆえに はりめぐらせたしょくしゅ全部の長さ 
    =   円の(  ) × 20(本)
    =   (   )  × 20
    =   (   )メートル

 3) わな全体の長さを求めよう。

    わなの周りの長さ  + わなの中にめぐらせた分の長さ
    =   (   ) + (   )
    =   (        )メートル
    答え
    およそ (            )メートル

    ここまで作って虎美に口頭で出題したら、

    「円周? 半径かける半径かけるさんてんいちよん!

    ……だめだこいつ口 ほ ど に も ね え

    こういういい加減な計算でも総延長1000メートル弱。惜しい人を亡くした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

攻撃は最大のディフェンス - プレコミックブンブンがんばる -

   

ポプラ社頑張ってます
   小学校の図書館でおなじみのポプラ社、少子化で先細りと見るや、積極攻勢に出た!

   調べ学習が定着してるのに、学校図書館の百科事典は大昔の百科事典ブームの時に揃えたものから更新していないので、内容が古い → 最新の情報を取り入れた小学生向けの百科、ポプラディアを創刊 → ヒット!

   ドル箱作品、「かいけつゾロリ」シリーズに、本を折ったり切ったりしないと楽しめない趣向をプラス、ひとり1冊欲しくなるように企画 → いよいよヒット

   満を持して「かいけつゾロリ」をアニメ化、同時に同社原作のコミックを多数揃えたコミック版を掲載する新雑誌「ブンブン」を創刊 → とりあえず軌道に乗せた?

   児童文学の名作を手に取りやすいノヴェルスサイズに改め新レーヴェル創刊 → ここはちょっとどうでしょうね? うちの子はとりあえず西遊記(かいけつゾロリの作者による挿絵入り)は買ったかなあ、読んでないけど。新書版なのに「ポプラ文庫」ってのはどうよと思うけど。

   児童文学という宝の山を持っている出版社が、背水の陣でここまでやるかと。この攻めの姿勢がたまりませんね。

   「プレコミック・ブンブン」というふれこみで始まった新雑誌は、男の子でも女の子でも楽しめるように、という方針で、バトルもの、スポーツもの、お料理ものから「学校の怪談」、「まじょ子」など児童文学のコミック化が色とりどりで、最初はわたしも楽しんで読んでました。
   魔術書を読んで幽霊と契約してしまい、身体を乗っ取られた美少女を霊感のある少年が助ける「からどろ」は絵もキレイで楽しかったし、ブラジルからやってきたサッカー少年のお話「ケッタ・ゴール」は絵もさることながら、彼になついているジャガーのじゃがまるさんがもうたまらない! 「音楽のお時間」は、ベートーヴェンそっくりの転校生の名前が「毛津アルト」君という出オチのようなギャグで、残念ながらネタが続かなかったみたいですぐ終わっちゃいましたが、ガンバれば「聖おにいさん」みたいな作品になってたかも。大仏が刑事をやってるナンセンス「大仏刑事」はまだやってるけど。まあ、ちょっとこれはどうよというのもありましたが(文句を付けたとたんに打ち切られたからちょっと寝覚め悪いけど、やっぱり「ラッキーナイト・カスタードくん」はいけなかったと思う)。

   で、数年経過して、終わるものは大団円を迎え、打ち切られるものは打ち切られて、この夏、満を持して判型をコロコロと同じ小さいサイズに改め、発売日も同じ中旬にぶつけてきたんですね。いまのとこどうなってるか知りませんが、うちの子がまだ買い続けてるからいい線いってるんでしょう。書店に行けばまだ買えるし。

   この夏からは、あのルブラン原作のルパンがコミック化、「ぼくらの七日間戦争」まで連載開始(原作未読、結構面白い)と、もう惜しげもなく宝の山切り売り開始。大丈夫?

   突っ込みどころは「学校の怪談」が創刊以来の看板連載なのに、さらに登場人物を萌え化した「ふしぎ通信トイレの花子さん」を同時にやってるところ。トイレの花子さん、音楽室のベートーヴェンの肖像、理科室の人体模型、校庭の二宮金次郎、飼育小屋のウサギ、人面犬とメンツがほとんど同じなのに……。「学校の怪談」は実話紹介形式、「トイレの花子さん」はふつうの子供のキャラも登場させて「漫画」としてやっているから混乱はない模様。うちでは「カワイイ方の花子さん」で通じてます(実際カワイイ。ベートーヴェンもややイケメン)。

   もうひとつ。この秋からアニメ化された「ライブオン カードライバー翔」は、カードで戦う系。カードに描かれた架空の動物を、呼び出してルールのもと戦わせる競技のお話。ポケモン+遊戯王ってところ。登場人物の名前が「天尾翔あまおかける」、「小芹アイこぜりあい」、「間狩徹まかりとおる」ってところがもうおかしい。どんどん飛躍してく主人公が「天を翔る」で、気の強い女の子が「小競り合い」で、自信家のおぼっちゃまが「罷り通る」だもんね。家族合わせですか(イヤ実際見たことないけど)。
   動物の方もスゴイよ。鼻のところが刃物になってるゾウが「ゾウリンゲン」。最初、このネーミングに跳ね起きましたもん(朝寝坊禁止)。ドイツの刃物メーカーに根回ししたんだろうな? 対するに鼻先にナイフの付いた海賊ぽい雀が「ジャックナイフスパロウ」そんなにあの海賊映画流行ったんだ? ポケモンも相当でしたけど、これは元ネタ探しが楽しいです。
   小競り合いちゃんが、今時の小学校高学年女子で、実力があり、主人公にも容赦しないところがじつにリアルでよろしい。罷り通る君は、……きざなおぼっちゃまという役回りで、今どきフリル付シャツを着てたり、女の子を「マドモアゼル」とか、チームを「無敵艦隊(アンヴァンシブル)」とか言っちゃうあたり、もう、勘違いギャグキャラとしてのお坊ちゃまらしいです。我が家では彼のことは「瀧ジーノ」で通用してるし(他作品のキザヤローの名前を合成)。今やお上品というのは冷笑対象なのか。でも、お上品イコールフランス語ってのも古いよな。それに、フランスは代々陸軍国だ! なんで艦隊に喩えるよ!(この辺も、カッコだけという深いギャグなのかもしれないが)しかし無敵だからテルシオつっても大人でもわかんないよな。

   娘はスターターパックを買うと言って聞かないです。
   「誰とやるつもりだ!?」
   「お兄ちゃん♪」仲悪いんじゃないのか?
   「やつは来年受験なんだ! 構うんじゃない!」
   もう中学に上がるんだからやめろと言ってるのですが、まだまだ目の離せないブンブンでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

引きずるミス

   10月新刊の「おおきく振りかぶって」で、高校野球でやや名門高校の選手が、自分のミスで1回戦負けしてしまったことがトラウマで苦しみ続けるエピソードが紹介されてて(その辺はまだ11巻時点では断片的だったので、具体的にどういうミスだったのか、その結果どうなったのか、それをどう克服したのかは単行本では詳細不明)。とりあえずまだ夢に見てうなされる程度には引きずってるみたいです。
   わたしは合唱ではそこまで引きずるミスはやったことないですかね。
   やらかしたことはあります。

   

会社のお茶くみのお手伝いの後、もう就業時間後だし、と憂さ晴らしに大きな声で歌ってたら、本社の合唱部にスカウトされまして。「うたごえ運動」とかが流行ってた頃にはブイブイ言わせてた三○銀行東京合唱部も、景気が低迷してそんなもんにかまけてる時間がみんなしてなくなったり、指導の先生が高齢で引退したりで見る影もなくなっていたようで、よそへ出向したおじさんやらもう別の会社に転職したおねえさんやらで細々とやっておりました。そんで子会社からも抜擢かい。なりふり構っとらんな。
   生来の図々しさ(違う)で、それまでの100人でばーんとロマン派を歌い上げる生活から、10人足らずでデリケートにバッハを歌う日々に切り替えました。カルチャーショックでした。
   今までは、誰かが正しいメロディを歌ってるから、頑張ってそれを探して合わせておれば良かったのが、自分が自己責任で正しいメロディを取らなくてはならなくなったのです(それは今までが無自覚すぎ)。責任重大。
   おまけに、無伴奏もあったりして。
   昨日の敵は今日の友、今までがなるばっかりと邪魔(バカ)にしておったテノールに、今度は積極的にハモりに行かねばならなくなって。
   ……いい勉強させてもらいました。
   「自分が正しい音を出すことに執着しすぎて、周りが下がっているのに合わせてハーモニーを作ろうとしていないひとがいます」とテノールの1年下の年次のひとにハッキリ言われたりしてね。また言われるまで気づかないわたしもバカだな。
   で、いくつかコンクールに出たりしてたのですが、結構いい成績をおさめたりして。いい気になっていたかな?
   とあるコンクールで、事前に出場者のスケジュールを確認しておったら、テノールのひとが足りない。やっぱり女声はもともとの人数があるし、そうそう休日出勤とかもないので、土曜日に行われるコンサートに出られないひとはあまりいないんですが、時期がバブル後期で。どうしても出られないひとがいて、バランスが悪いと。
   「はーい、テノール行ってもいいですよ」
   手を挙げて、余計なひとこと、言っちゃいました。
   わたしはアルトでも声が低い方ですから。練習はいつも出ていて、横で聞いてますから今からテノール歌えと言われたらすぐ歌えました。
   先生はイヤそうでしたが、窮余の策ということで認められ、わたしが女声と男声の境目に立って、テノールパートに加わることになりました。
   練習は結構いいカンジだったんですけど。
   本番のとき、いつもはとても集中できるんですが。誰かが、緊張をほぐすためにか、ステージで整列したその土壇場で、
   「あそこに○○さんが来てくれてるよ」と言ったんですね。
   うっかり、目が追いました。なんだっけ、往年の名作少女漫画で、主人公がピアニストの話、クライマックスのコンクールシーンにあるんですよ、「客席に知り合いの姿を見つけると上がらない、そのコンクールは優勝できる」って験担ぎネタが。思い出しちゃって。

   先生のタクトはもう動いてました。

   

落 ち ま し た(自分の出るべきところで音を出せなかった)。

   

100人の合唱団ならばれないかも知れないミスですが(いやふつうにあってはならないこと)、その日のテノールは3人でした。みごとに失敗。
   先生しばらく口利いてくれませんでしたね。二度と、よそのパートを歌うなんてことは任されませんでした。
   それでも、お嫁に来る前の最後の演奏会ではバッハのカンタータでソロを歌わせてくれたんだから、最終的には許してもらえたんでしょうか。
   もう、ここで失敗することは許されない、楽譜を持った手ががくがく震えて余計なパーカッション付いちゃったソロでしたが、なんとか歌い上げて見事引退いたしましたことよ。
   ああそうか、最後、なんとか上手くいったコンサートで終われたから、トラウマ残ってないのか。こけた方の曲は、もう思い出すこともできないけれど(それはそれで心の自衛本能?)。

  

 芸術の秋ももう終わり。今年はトラウマを抱えちゃったアマチュア演奏者のみなさんはいなかったでしょうか。
   汚名をすすぐ機会の与えられますことを、そして、再起して音楽を楽しむようになれますことをお祈りします。いやいや、まだ定期演奏会&第九のラッシュ、クラッシックのかき入れ時、12月を控えてますね! 皆様ベストを尽くされますように

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月27日 (木)

いまどきのじょししょうがくせい

   「なるみ(仮名)の持ってる動画の撮れるケイタイでね」と、虎美が語るには。
   「みずき(仮名)が脚本を書いて、あたしがカントクで、ドラマを撮ったの。演技はゆい(仮名)がやって」
   「それはどんなドラマだ?」
   「町で出会ったカッコいい人のハンカチを拾って、一目惚れだから家を調べて届けてあげたら、その家から丁度彼女が出てくるところで」
   「いきなりショ~ック! だな」
   「でも諦められない! ってアタックして」
   「そんで二股かよ」
   「ううん。でも彼女が出てきてどうして別れなきゃならないの!? とかいって……」
   「……そのベタな台本はなにを参考にして作ったんだ?」
   「漫画とか、ドラマとか、イロイロ……それで、演技を見てここがダメだとかいって何度も撮り直したりして遊んでたの」
   恐るべきケイタイの活用法。
   「……だからうちもケイタイ買って♪」
   もうすぐ中学って年頃の女子小学生ってのは、やっぱり恐ろしいですな。
   ……それで「彼」役はいったい誰がやったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の1発ネタ 温泉篇

   ビバノン音頭を歌っていたら(脈絡ナッシング)、

   「こ~こ~は××××、ロドリゲスの湯っ♪」

   ロドリゲスの湯ってドコだよ。中米?(登別と言いたかったらしい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

ジョジョOVA見たよ vol.1,2

   

金なら払ったッ! ってことで。

   これはTV放送なしの完全オリジナルヴィデオアニメらしく、1巻を気合い入れて作ってあります(ここで見放されたら後の資金回収が困難だから)。1巻は「自分に取り付いた悪霊を恐れろうやに閉じこもってた承太郎くんがおじいちゃんの友人と出会って見事ろうやから追い出され、魔王との因縁を聞かされる」(子供に語り聞かせた3部あらすじ準拠)まで。
   深海から引き上げられるDIOの棺がオープニングで、海のブルーが美しくもおどろおどろしくこれからの物語を印象づけてます。
   ろうやのシーンも暗く始まって、もうワクワク。そして、ひとりその中で快適そうにイロイロ勝手に持ち込んでる承太郎くんのただ者じゃなさが際だちますね~。声も渋い!(小杉十郎太さん)
   悪霊の恐ろしさ! と言って、警官のピストルを瞬時に奪って自分に向けて発砲する承太郎。ママさんのたまぎる悲鳴、よいわぁ。ああ、ホリィさん(ママ)はOVAの方がなんかキレイです。劇画風のあの細かい線がないから、若々しく見えちゃう。あ、そして、彼の背後から現れたもやっとした腕が、その弾丸を摘んで止めちゃうのです! 
   そりゃ 悪 霊 にも見えるな。
   でも、悪霊の正体を知ってるおじいちゃんはうろたえず、後ろに控えていたアフリカンなひと、アヴドゥルさんを呼びます。このひとがニワトリ人間だ(ちゃう)。
   アヴドゥルの悪霊は「マジシャンズレッド」、猛禽類の上半身を持つ人間の姿、って時で説明してあったところもあるけどさ、だって鶏冠あるじゃん。火を吐きます。
   力比べでろうやから出た承太郎、ジョースター家との因縁を説明されて終わり。

   いや、内容を説明しようってんじゃなかったんだけど。
   まさに原作3部のイントロとして素晴らしい出だったと思います。
   ただ!
   ジョースター家は黒髪の筈なんだけどな~。ジョセフはおばあちゃんが金髪だけど、母親も黒髪だったし、原作中も黒髪なのに、おじいちゃんになったらなんで金髪なんだよ(わりかし髪の毛は現実にない色を使わないデザインらしいので、5人組の中でバランスを取るためであろう)。 

  2巻では花京院登場。
  ……ごつかったです。顔もどす黒くて。いやん。ハンカチの挑戦状はカットでした。原作じゃあ漢字も間違ってたしね(優等生ぶってた花京院赤恥の回)。
  結構刈り込まれていて、保健室じゃなくて、追っかけてきた取り巻き女生徒と戸外での対戦になってました。木の枝が揺れ、葉が飛び散り、対緑の「悪霊」ハイエロファント戦としてふさわしかったかも。
  蛍光色に輝くエメラルド・スプラッシュ(花京院の「ハイエロファント・グリーン」はエネルギーを結晶化させて飛ばす)は美しかったです。
  今ではあり得ない長ラン(着丈の長い学生服)が翻るのがカッコイイ戦闘シーンでした。

  負けて気絶した花京院をうちに連れて帰るシーン、ママに思春期の少年なりの態度を取りながら「今朝は顔色が白い」と気遣うシーンがカット。ママさんにも超能力が発現し始めている伏線ですが、アニメではその前におじいちゃんとのシーンに差し変わってました。承太郎の優しさとママさんのネアカさが伝わるいいシーンだったのに。
  そして、花京院の肉の芽!
  「タコみたい」と、娘。
  「なーっ! 弁当のタコさんウィンナーだよなッ!」いやこれは原作見たときから思ってたけど。
  無事に肉の芽から解放されて、
  「なぜわたしを助けた?」と問う花京院に、
  「おれにもわからねえ」ととぼける承太郎が 激 シ ブ 。惚れるぜ。
  でも、そこで花京院の目が潤むのがカットされてたのがやや不満かな。
  あと、自分もまたDIO(魔王)に勧誘を受けていたこと、肉の芽を植え付けられて死ぬまで奴隷にされていただろうと解説したアヴドゥルさんがやや棒読み口調だったのが心配。アヴドゥルさんは今後敵の能力を解説する係なんだから、頼みますよ、小林さん!(もう録音終わっとる!)

  

3巻以降も非常に楽しみです。
  花京院は一行で一番体格が小柄でスレンダーなカンジを受けていたんですが、あれでも身長178はあるそうで。肩とかも相応に張っているし。……やっぱ少女漫画を見慣れてると引くかなあ? アニメではやっぱりごつかったです。原作時点でもっとマッチョなポルナレフを見るのが恐い!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

宴の後

   もしかしてまた荒れるかもだけど、公平を期するために書いとく。

   無事に終わった「イーヴィヒ・フェスタ」、役員の打ち上げも真面目な報告会も終わって
   無事に目標額をダブルスコアで達成、実行委員長はほくほく顔でした。
   お手伝いのおかあさんにお願いしたアンケートも回収、だいたいのところが、
   「役員さんお疲れ様でした」
   「子供達の笑顔が直に見られて楽しかった」
   「子供とふれあえる機会があるのはよいことです」って。
   そりゃ、天気が微妙だったので準備の不備やなんかに苦言も呈されましたが、おおむねこの行事については存在を疑問視する声はない模様。
   だったら、新参者があれこれ言うことはないかと。
   まあ、なんでもため込んでヘンな方向に腐らせるよりは早めに出して反応を見たい方なので。
   アンケートも、手伝いに実際出てきてくれた方のご意見なので、完全無視とか、全く不賛成というひとのご意見は掬えてないかもだけど。

   児童もおかあさん達も楽しんでやってるなら、それでいいじゃないかと言うことにわたしの中でも相成りました。
   わたしは学生時代から、学園祭のあの賑わいを懐疑的に見てたやつだからなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

イロイロ行って来たよ

   イロイロ行って来ました。
   伊勢丹のへうげもの展に行くといったら、
   「伊勢丹の紙袋お土産希望!」 って。今、お笑いで「伊勢丹の紙袋です!」って口上のひとがいるから。うちの子は田舎で育って伊勢丹がナニモノカを知らないので、おかあさんだけ笑ってました。この前お買い物に行ったときに、それをまさしく提げてるひとに出会ったので、失礼のないように指し示して、「アレがそうだ」と。以来、彼らにとって新宿に行って伊勢丹の紙袋をゲットするというのは憧れだった模様。
   で、きっとデパートの玄関にそれを売ってる自販機があろうと思ったんですが、ブルー系のやつだけになっていて!
   「まあ! 今はブルー系だけなの!? 子供にお土産にせがまれたのに!」と受付のおねえさんに訴えたところ、
   「よろしければ差し上げましょうか?」と苦笑。しっかり頂いてきました。ブレイヴ・ハーテッドなおかあさんに感謝せよ(おかあさんそれブレイヴって言わない。オバタリアン……)。

   目的のへうげ展は全然広報してなくって、エスカレーター上りながらドキドキしました。食器のフロアに着いても全然なんにも看板出てないし。
   「へうげものの展覧会っていうのはどこの伊勢丹でなの?」ってあやうく聞きそうになったところで発見。
   ……もっと大々的にやってるかと思った、面積的に。
   なんか2坪ぐらいだったカンジ、いいのか、利休宗匠のお好みで(?)
   へうげもの原作から切り出したいいシーンのカットアウトというのか、立て札のようなものが所々に立ててあり、あとは、モダーンなお茶碗やら焼き物を展示・即売。
   とむ影さんが惚れ込んだというお茶碗はこれであろうかと手に取ってみたり。
   そう、「どうぞお手にとってご覧下さい!」って言ってくれるんです。売り物だから。指輪を付け忘れて行ったのをいいことに、両手でなで回してきました。
   わたしは同じ黒茶碗でも、やや深めの、円に多角形が外接したような形のお茶碗が気に入りましたが、ああいうのは確か冬のうんと寒い時期のお点前にしか使わないやつで、他の用途もなさそうだし。見ただけ。
   多角形モチーフ、好きなんです。ジヴァンシィの、八角形に金で縁飾りを描いてあるケーキ皿は憧れだったんですが、旦那様が同様で青い縁のついたのを引き出物でもらって来たのでそれでガマン。「十角館の殺人」で出てきた十角形のカップはもし再現されたら欲しいな。お勤め時代の会社用のマイカップは黒い八角形のものでしたし。

   白いボウルでも、そういうカンジの可愛らしいものがあったのですが、手元不如意につきなで回しただけ。あれはイチゴなんか盛っても可愛らしいでしょう。ああいうものでホントに気に入ったものだけ買って、何気なく使う生活ってしたいんだけど、実際は二束三文のその辺で買ったしょーもないお皿で毎日暮らしてるんですよね、哀しい。

   意外に早く済んだので、ついでに行っちゃいました。
   東京国立博物館表慶館は、スリランカ展。
   http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?pageId=A01&processId=02&event_id=5704

   塩漬けヒンドゥーもののてこ入れのためにヒンドゥー気にあたりに行ったんだけど、スリランカは仏教伝来してから本土ほど廃れないで残ったからあんまりヒンドゥーじゃないんだよね。AH MY GODDESS! 大阪ベイ・ブルース! こんなことも解らんようになったのか♪ 

   でもまああの辺の肩があってウエスト細いスタイルとか、目鼻くっきりややあぐらかいてて唇は肉感的で自然にはしっこが上がってるお顔立ちは共通してるなあとしみじみ。    
   あの辺の石は苦灰岩とかでけっこう目が粗く、彫った後がさがさしてて独特の質感になってました。やっぱり彫像も材料によって土地柄が出るのねえ。勉強勉強。

   仏像は結構同じお姿ばっかり。座禅くんで手は印を結んでるとか、立って、奈良の大仏よりやや手を内側に向けた内緒話というか突っ込みチョップスタイル(セムイ印! 施無畏)。
   あと、あの辺はお椅子文化なのか、台の上に右足は組んで、左足は下ろして坐ってるお姿がありました(いや、シヴァとパールヴァティというヒンドゥの神だったかも)。そんで頭には宝冠被ってらして、、バランス取るの大変でないかいと感嘆。

   17~8世紀のキャンディ朝では仏像がイッセイミヤケを着ているッ!
   おかあさんが見て三宅とわかるのだから有名なアレだ。

   嘘だと思うなら上野へGO! (11月30日まで)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

ジョジョ読後 病膏肓に入る篇

   そしておかあさんは考察妄想モードに突入。

   「花京院もかわいそうなヤツだよなあ。生まれつき超能力持ってて、それを隠してだ~れにも理解してもらえないと思いこんで17まで友だちいないで生きてきて、それで悪の帝王に引っかかって、命が惜しくば手下になって働け! だもんな~。JOJOに助けてもらってホント嬉しかっただろうな~。もっと長生きさしてやりたかったよな~。4部の仗助と億泰みたいに、超能力はあってもふつ~のバカな高校生みたいな生活さしてやりたかったな~。でも命の恩人のJOJOに対する執着はハンパないだろうな~」などなどと妄想爆発してるところへ、虎美が。

   「おかーさぁん、やおいってなあに?」ひょえぇぇえっ!

   「……なんで固まってるの?」

   「や、やおいというのは、特定の男子二人の間に友情を越えた感情を想定してあは~ん、うふ~んということを妄想して楽しむことだッ! ただあやしい雰囲気だけで山もなければ落ちもなく意味もない話が多かったところからやおいと呼んだのだ。おまえが買っている少女小説に挟まってるこれこのようなチラシのヘンにいろっぽい男二人が表紙に描いてある本がそう言う話だッ!」
   「キモッ!
   「それでよろしいッ! おかあさんは違うぞッ おかあさんは男女間の健全な絡みを追求するハッピーエンド原理主義なんだからなッ!」

   

意外ッ! それは藪からSNAKE!(おかあさんそれJOJOじゃなくてルー語)

   その花京院が女の子だったら話はちゃんとまとまるんでないかいとさらにDEEPな変態の道に陥り、勝手に「萌えぇ~」とか叫びながら2晩も徹夜して小話を殴り書いていたのは誰ですか(旦那様ゴメンナサイ)。

   

| | コメント (1) | トラックバック (0)

みどりのおやゆび 裏切り者篇

   それで先日お洗濯ものを入れようとヴェランダに出てみたら、内側の方の物干し竿が外れて片側がヴェランダの中に落ちてました。お洗濯ものはあまり引きずってなかった模様。

   ……そう言えばさっきすんごい音がしてたよ。

   あれからかなりまた伸びて、しっかり蔓が両方の竿を取り込んでいて、もう縛らなくても大丈夫かと思っていたのに、アサガオちゃんのばか、裏切り者

   いや、「三千世界の鴉を殺し」14巻読了後は(14巻内容にはそぐわないにせよ)、大きいサングラスをかけたところで

   「 無 能 者 」

   と厳格に決めるべきかな?

   アサガオちゃんの根本に植えた赤いスィートピーは、しっかり発芽して、5㎝ばかり伸びてます。朝ドラは脱落気味だけど、こちらは来年の春に向けて始動してます。

   最低気温が10度を切ったというので、アマリリスちゃんはもう玄関に入れました。彼または彼女のためにリヴィングを片付けなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »