« 2008年11月9日 - 2008年11月15日 | トップページ | 2008年11月23日 - 2008年11月29日 »

2008年11月19日 (水)

ジョジョ感想 夢は夢のままで

   ……ジョジョの奇妙な冒険第3部はアニメにもなったそうで。ユーチューブで拾って見ました(ゴメン)。

   ……むさい、ゴツイ。DIOに色気がないっ!

   物語の刈り込み加減はまあ気にならない程度だけど、登場人物達の絵がやや別人で不満が残りました。スタンド戦の表現には文句はありません。

   荒木キャラは、筋骨隆々ではあるけどエレガントなんですよぉ(ニワカのくせにナニを偉そうな。いや、わたくしは見てただけなら「バオー来訪者」以来だっ!)。

   原哲夫(「北斗の拳」のひと)ほどじゃないけどやや馬入ってるほうだし(面長ぎみ)。
   そこらヘンが、ご理解いただけてなかったようで、マッチョな方向ばかりを強調されてた感じ。Y軸方向にやや伸び伸び加減が足りなかったというか。ポルポル(ポルナレフ)だってねエ、あくまで2枚目半ですよ、わたしの認識は(桑原キャラっていっといて)。ハッキリ言ってしまえばみんななんだかゴリラ臭かった。制作はどこですか(イヤ真剣に聞いてない。責任を問うニュアンスを感じていただければ)。

   ……あの絵が動けば嬉しいなレヴェルで軽々しくアニメ化希望とかもう言うのよそう

   ダービー戦(ポーカー)の時はアクションが少ないせいか麗しかったですけどね。

   ただし、声は良かったです。うわ~「ルパン」の次元さんだ、などと、わたしにも解るヴェテラン揃いで台詞回しにはうっとり。花京院の声(鈴置洋孝さんだ)なんて、甘さ加減がバッチリ! 日本の声優さんたちは神! レヴェルですからねえ(じゃあCDドラマならいいのか? ってそれはやっぱり夢に思い描いているうちが華?)。

   お金払わないでさんざん見ておいてよく言う。せいぜい5部も自腹で買って荒木画伯にお金を貢ぎましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

本日の暴論 みんなおばかに回帰する

   なんでも萌え化すればいいかって。http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1189039.html
   元素記号まで萌え化して、美少女にしてしまったという暗記本の話。
   ま、きゃ~いやだ! バッカじゃない! とかいいながらぺらぺらめくって、少しは頭に入ったら御の字かな。いやしかし、虎ちゃんにこんなもん買ってやったら親としておしまいでしょう(豹太は怒りそうだ)。

   しかしながら、最初はこういう妖精(?)とかの絵で表わしてたとか聞きましたけど。どんどん理論とか、実験とかがかみあってきて、エーテルとか訳分かんないやつが整理されてなくなって、破綻なく説明が付くようになってくると、記号で示すようになったって。結局イラストに戻るんなら、錬金術師以来のン百年の化学の発達を無に帰してしまったと言うことにはなりますまいか(ここで論旨飛ンでます、注意)。いやここで()マーク入れとかんと、また誤解を呼んでしまうわ。

   キリストだって、ブッダだって、偶像崇拝はイカン、アレは簡単になりすぎて本質を見失うからって言ってたのに、勧誘するときに解りやすいからって、なし崩しに許可しちゃったら、美術が開花しちゃって大変。でも、その宗教美術あっての布教・信仰ですもんねえ。今更原理に立ち返ろうって言われても無理。多神教的側面も、まるっきり排除とはいかなくて、あのカソリックの守護聖人とやらの多いことと言ったら。あんたら一神教って嘘やン。結局、チューショー的思考ってのは人間には無理なんですね。

   で、結局解りやすく絵で象徴してもらう方へ戻ってしまうのであるなあと思いましたが。

   <別解>
   萌え単も年号暗記の語呂合わせも、こういう萌化も、自分でやれば覚えるし楽しいのにナァ。今はなんでもやってくれちゃうから。便利でいいけど、つまんないんだよね。でも、ヘタリアといい、こういう萌え化といい、今のアマチュアのひとのレヴェルは高いですから、面白がってやってくれてるものがその価値があるなら、それをネットで発信して、みんなで面白がって支持されて全国に広がって、お金にもなる……となるのは、これはネット社会がいいカンジで成熟したと言うことで、意義あることだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

冠婚葬祭は大変

   両家の顔合わせの食事会だけ、正装する必要もないからと言うので土日をつぶしてはるばる福岡まで行ってきたのですが。
   花嫁さんはちゃんとウエディングドレス着てるし、ホテルのチャペルで牧師さんも立ち会うキリスト教式の結婚式をちゃんと挙げて、司会者や媒酌人なし、いわゆる結婚式の演出なしとはいえご友人たちもしっかり来ている披露宴がフルにあったのでした。正装してないのは両家親族だけで、お友達は女性陣を中心にちゃんと披露宴スタイルだったので、「ちょっといいスーツ」姿は肩身が狭かったり。
   事前にいろいろ聞き回って、食事会なら5万ぐらい? と言われてたんですが、ご祝儀アレで良かったのかいまでも胃が痛いよう。でも大猫ちゃん達を連れて博多まで1泊往復、虎美のなんちゃって制服ひとそろい(卒業式が近いので揃えました)も入れたら目が回るほどの出費でした。冠婚葬祭を期にサラ金の扉を叩く人がいるというのがよく解る。
   虎ちゃんははじめて目の当たりにした生キスシーンが刺激が強かったみたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年11月9日 - 2008年11月15日 | トップページ | 2008年11月23日 - 2008年11月29日 »