« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »

2008年11月15日 (土)

はしのした

   わたくしは、ゴーカイなB型母にホンロウされて育ちまして、絶対わたしはうちの子じゃない、あの2階のあの部屋に飾ってある絵のおんなのひとがわたしの実のおかあさんなんだと思って育ちましたので、我が子には冗談でもお前は拾ってきた子だという暴言は吐くまいと思って生きてきました。
   早乙女家では大変によくしていただいて、妊娠中に母が、
   「奥様、まいこは運の強い子でございますからきっと男の子ですよ」なんてまた言っちゃったときにも、
   「おかあ様! そんなことはおっしゃっちゃいけません! まいこさんの産む子は男でも女でも大切な早乙女家の子供ですっ!」とたしなめてくださったそうで、本当に、大事に育てないといけないと思って豹太はホントに苦労しましたけど一生けんめい育てたんですよ。
   おかげさまで誰が見ても「おかあさん似」な豹太は出生の秘密なんか疑うこともこれっぽっちもなく育ったんですが。イヤその割ににゃいーう゛で困るよ。ホント。少しはたくましくなっておくれ。

   虎美の方は。
   「んまあ、色の白い切れ長の可愛らしい赤ちゃんだこと! そこの横の赤ちゃんと来たらサルのようなのに! 大違い!」とまた母が病院で叫んだほど(お願い空気読んで!)で、わたくしには似ても似つかない(いや、それでも間違ってもハーフ顔ではない)おひな様顔で。気性と言い、本当にわたしに似たところは……いや、あるのだろうか? とりあえず目元やら体格やらで旦那様似ということは明白なので、
   「お前は、『あら、こっちの赤ちゃんの方が美人やわいね。ちょっと取り替えてもらおか』とお里のおばあちゃんが東北コーサイ病院で取り替えてきたのだ」ということになっております。もうホラと解っていて遊んでいると皆了解しておると。

   そこで全然危機感を感じないところがまたカワイ気のないところで(ハア)。

   今さっき読んでたネットコミックでも、イイ性格のお兄ちゃんがいとけない幼児に向かって、「○○は橋の下で拾ってきたんだ」と昭和のホラを吹いていたのでちょっと思い出しました。そのコミックでは、幼児であるところの彼は無表情ながら大いに衝撃を受けていました。やっぱり、子供にそういうこと言ってからかっちゃイカンよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

スポーツ地下足袋「球太君」

   スゴイもん見ちゃった。
   本日発売の週刊ベースボール11月24日号のプレゼントコーナー。
   「スポーツ地下足袋『球太君』」だって!
   色は黒、ちゃんと地下足袋のようにつま先が二つに分かれていて、つま先は強化されてます。底は、「衝撃吸収ソールを使用」、ふつうの地下足袋より負担が少なくなっている模様。
   気になる装着法は、ふつうのスニーカーのように甲から足首にかけて3つほどの留め具でたぶん面ファスナーを利用して締める方式のよう(さすがにコハゼと言うことはあるまいよ)。ああ、いわゆる地下足袋のようにハイカット(!?)ではなく、ふつうのスニーカーほどのくるぶし丈です。
   アスリートの間では五本指ソックスとかタビックスが、指が自由に動く分足の踏ん張りが効くとのことで流行ってるというのはスポーツ店の店頭で目にしたことがあったのですが、とうとうここまで来たか。
   お試しになった方、どうですか?
   お値段は4700円(スパイクとかに比べればおトク?)、問い合わせは唐津月星販売へ。
   ものが足袋だけに、踏んづけられたら痛そうだけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

眉目秀麗な話

   やっとアイブロウペンシルを削りました

   男性もご覧になっているということで余計なお世話な解説を致しますと、黛は、今やだいたい色鉛筆様に固めてあって、個々人が毎日鏡に向かって自分の技術でもって描きかきしておるのです。細い美しい眉を描くことが流行り始めてからは、理想の眉型のテンプレートや雲形定規まで出ております。リアルは小説よりもッ! 最近は、芯の部分だけを固めた繰り出し式のシャープペンシルのようになったのもございます。そして、色鉛筆様のものは、当然ながら、芯が減ってきたら削る必要があるのです。

   これがめんどうで。

   いえそんな、鉛筆も削れないほどではございません。不器用な方ですが、鉛筆ぐらいはなんとかこなせます。ただ、めんどうなだけ。もちろん、小さい、指先でじりじり回して削るアイブロウペンシル用鉛筆削りなんてのも売ってるし、買った筈なんだけど、小さいものだからどこかへ行っちゃって(整理整頓!)。カッターナイフで良いじゃないと思えば真剣に探す気も買い直す気もなくって。でも、ものが黛だから、あとでカッターナイフの刃が汚れちゃうんだな。拭いただけだとあんまり落ちなくて、洗うまでもないけど、なんだか気後れがするのです(基本的にものぐさ)。

   で、まだ使える、まだ出る、とばかりにいろんな角度から使い倒して、もう木の部分が眉にこすれて痛いってのにゴシゴシやって。限界まで来ました。
   それに、芯が丸くなってるもので無理に描いてもラインがぼやけて、なんだか毛虫のようなぼんやりした眉にしかならないし。

   とうとう重い腰を上げました。

   パソコンテーブルにティッシュを広げてかりかりやっておりますと、虎美が通りかかって、
   「おかーさん鉛筆削れるんだ!」
   「バカにするでない。それにこれは眉毛描き描きだ」
   「鉛筆削りに入れればいいのに。使っていいよ」
   「そんなマネが出来るか」
   「ああ、尖り過ぎちゃう?」

   それもありますけどね、顔、それも目の周りに使うものを鉛筆と一緒にしたくないというでりかしぃを解ってほしいものです。

   で、晴れてシャープになったアイブロウペンシルで、眉を描いてみたら。

   まあすっきり!

   この年であんまり眉を細く描きすぎるのも、お化粧に頑張ってるひとみたいでイヤだったのですが、やっぱりこのご時世、もっさりしたのもいけません。ちゃんと尖らせたペンシルで眉がしらと眉山をピッと決めると、おかめ顔もいくぶんは引き締まって見えるのでした。

   最近まで読んでた「ジョジョの奇妙な冒険」第4部は日本の架空の町でのお話で、ふつうの人なんだけど超能力に目覚めちゃったひとたちがいろいろ出てきました。
   超能力持っててふつうのひとってどうよって、このお話は謎の仮面を被って吸血鬼になるひととか、先祖代々その吸血鬼と戦う運命にあってそれに対抗する技術をすごい訓練で身につけるひとたちのお話なんで、ここ日本のふつうの新興住宅地で、あんまり血なまぐさくない能力を持ってそれを生活に活かしたり活かさなかったりする物語が、前章とは違っていて面白かったのです。
   で、それに出てきたのが、「美人にするメイク」をひとに施す超能力を使ってエステをやっているおねえさんでした。
   曰く、「眉は目の幅より長く弧を描くようにすると 女性の最大の幸福が表現されるのよ~~~~」

   

本 当 か ?

   荒木画伯、やっぱり見てきたような嘘をついたのか、それとも一生懸命メイクの本(それとも人相学?)を勉強したのか。
   ま、残念ながら初出’93年秋だから、どんなに頑張っても15年前の流行りなんですが。メイクを施される由花子さんはもともと彫りの深い美少女の設定(しかしながらストーカー気質)だし、失礼ながらビフォーアフターの違いがハッキリとはわかりませんでした。作中では、由花子さんはどんぴしゃりで30分だけの愛に恵まれて、
   「どうして『30分』だけなのよォオオオ~~~~~~~~~ッ!!」の名台詞とともにエステにはまってしまうのでした。

   おかあさん愛はもういいから(問題発言?)、お金に恵まれるメイクを教えて欲しいなあ。

   おかげさまで1~4部は読み終わったけど、この後「イケメン5部」と言われるイタリア篇が残ってるんだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

日本橋高島屋正面玄関入ったとこ

日本橋高島屋正面玄関入ったとこ
撮影許可とりました。草月流いけばな展見に行きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

本日の一発ネタ(やや長め) ジョジョ1~4部読破後篇

   ジョースター家って、代を経るごとにヤンチャ度が上がってないですか?
                              ……最初はあんなに紳士だったのに。

   まあ、からっとした明るさと、その根底の黄金の精神は失われていないからキライじゃないですが。

   話は脇役になりますが。
   4部の億泰は、我が子も「(幽遊白書の)桑原みたいだよね」と認める気の良い不良でしたが(あの改造制服だけを見て言っていたんじゃないだろうな?)、3部のポルナレフもまた、桑原キャラでしたねえ。桑原キャラとは、「幽遊白書」の作者が言ってたんだったかな? 長丁場の戦いの中で、こいつだけは負けても読者から許されてしまうキャラ、そういう気の良い、ある種コメディ担当のキャラクターなんだそうで。いえ、桑ちゃんは主人公には武力で負けるけど、彼なりの特殊能力があり、そういう能力抜きにも、筋を通し、情に厚く、子分達に慕われ、今さっき拳を交えていた敵も「助けて欲しそうだったから」という理由で身を挺してかばう好漢でしたよ。

   作中、アヴドゥルに「こういうトイレで難に遭う役は自分ではない、ポルナレフの役どころだ」と言わせていたぐらいですから、「ジョジョ~」の作者も意識してたんでしょうね。でも、妹想いの、情に厚い、それ故に失敗も多い魅力的なキャラクターでした。美青年の花京院を目当てにしていた第3部だったのですが、ポルナレフのいろんな活躍(炎の術に破れたのだから焼死が筋であろうと温情の刃を退けるあたりとか、妹の仇を前に逆上してアヴドゥルを死なせてしまったりとか、敵に幼児に変えられたところを親切な女性に助けてもらってどきどきするとか)をすっかり楽しんでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月2日 - 2008年11月8日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »