« 2008年10月5日 - 2008年10月11日 | トップページ | 2008年10月19日 - 2008年10月25日 »

2008年10月13日 (月)

「シュレディンガーの妻は元気か」だーりん大丈夫?

   波多利郎さんのご紹介で取り寄せた本です。「シュレディンガーの妻は元気か」中島沙帆子。理系の研究者を夫に持つ生活を4コマで描いてます。これが、理系人間(と一般人とのズレ)を鋭く描いていて面白い。

   タイトルは「シュレディンガーの猫」をもとにしたサイエンス・コラム「シュレディンガーの猫は元気か」をもじってあるそうで、これは作者のだーりん(じっさいに理系夫)の命名だそうな。

   作中では「箱の中に猫を入れ原子核の崩壊によってスイッチの入る毒ガス装置を付ける。箱の中は外から見えない。さて猫は生きているか死んでいるか
   「量子学的には猫は生きてもいないし死んでもいない。しかし実際はどうなのか?
   これが物理学上大問題のシュレディンガーの猫で」と解説してくれてました。
   しかしながら、奥様のチカちゃん、
   「ねこかわいそーっ!」と怒り出してしまうと言うオチ。

   そーだよね。こーゆー実験、ふつうネズミでしょ。いいとこモルモット、がんばってもウサだよ。猫は可哀相(違います)。百歩譲ってライカ犬だ(おかあさん全然間違ってます。これが文系だ)。

   娘もぎゃーぎゃー言いながら読んでました。
   「猫かわいそーっ!」だから実際に猫を毒ガスまみれにさせる話じゃないんだって。
   「ナニ?」
   豹太も興味を示しました。
   「『シュレディンガーの猫』って知ってる?」
   「ああ」
   どひょーん!! なんで豹太が!?
   「どんなの?」
   「猫を箱に入れて、毒ガスが出るようになってて、箱に蓋をした状態だと猫は生きてるか死んでるかわからないけど、箱を開けるとどっちかわかるという話」……まあ、大筋間違ってはいないかもだな。いやぁ、21世紀は中学生もこんな難しい話を習うんだなあ。

   で、個々のエピソードには「そうそう!」とか「おとうさんそっくり!」とか、(いや実はわたしもそういうこと考えるよ……)とかじつに楽しく読んだのですが。

   良いところで旦那様がご帰宅。
   「にゃ~ん♪」とご機嫌でお出迎えして、
   「シュレディンガーの猫って知ってる?」と聞いてみました。ら、

   「知らん」って。

   「だ、旦那様理系じゃ?」
   「もう俺は理系研究者なんかではない。ただのオッサンだ」転職されて以来旦那様は民間の荒波に揉まれて傷つき疲れておられるのです。嗚呼、リーマンブラザーズのバカ。

   その後、お食事の後、本の前述のくだりを読んでお聞かせすると、
   「それは量子力学の話だろう。俺は物理苦手なんだ」 
   嗚呼、理系にもいろんな分野があるのでございます! マテリアル材料工学って化学なの???(バカだ、バカがここにいるぞ)

   というわけで、喜んでいただこうと思ったのにイマイチだった早乙女家からお届けしました。どうしよう、深く旦那様を傷つけてしまったかも! いや、コミック自体は面白かったって。往年の「理科系の男に期待します」みたいで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ソボクな疑問

   学力からお育ちから社会的ステイタスからおまけに家族の中の序列的にも全てが自分より上という素晴らしい方が、

   ……それは加齢の問題からだけとも言いきれないのですけれど、

   

同じ話題をいつもいつも繰り返して仰る場合は、

   いったい何度目、何年目ぐらいからそれを指摘して良いものでしょうねえ???

   「わたしの場合はそれは××がねえ、母さんも……してくれよって言うものだから……」

   (……お義母様それ聞くの10回目です)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年10月5日 - 2008年10月11日 | トップページ | 2008年10月19日 - 2008年10月25日 »