« 2008年9月21日 - 2008年9月27日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »

2008年10月 3日 (金)

本日の一発ネタ イルカの名前

   喬林大先生のせいでうちの娘は「バンドウイルカ」の名前は「エイジ君」だと思っている(「マのつくシリーズ」で水族館のギャグネタに使われたから。あれで笑えるにはかなり年期がいったことと思う。そういう伏線とも言えぬ地味なギャグが好きッ!)

   「だったらゴンドウイルカの名前はヒロシだなッ!?」と重ねて尋ねると「……」
   板東英二はプロ野球選手の引退後の大成功モデルだな。
   彼がオールスターかなんかを解説すると
   「お笑いタレントにプロ野球の解説をさせるな」と抗議の電話がかかってくると言う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物語のパターンは特許が取れないの?

   ええと、おかあさんジャンプを70年代から全部読み込んでる訳じゃないので、穴もあろうかと思いますがお付き合いを。

   「リングにかけろ」、「聖闘士星矢」でジャンプのバトルもの漫画のスタイルを作り上げた車田正美は、もっと評価されていいんじゃないかというお話。

   「リングにかけろ」は、当初70年代的「巨人の星」ぽさを前面に出したお話でした。貧乏くさい生い立ち、DVする親父(継父ですが)、献身的な姉、天才肌で金持ちだがスポーツに関してだけは求道的なライヴァル(そんで主人公の姉にLOVE)。前作の「スケバンあらし」が根性の曲がったお金持ちに苛められる主人公を助けてスケバンがそいつをぶっ飛ばす話だったしなあ。主人公が勝ってスッキリするより、その前段階の貧乏くささ、惨めったらしさがなんかイヤでしたね。わたしだけかと思ってたんですが。
   花咲ける80年代を迎え、ここで作風は一転します。もう読者は血の汗流す特訓を求めてはいません。主人公たちは「特訓」と称して画面から消え、それをにじませる包帯やら、擦過傷やらを負って現れるだけ。不敵な微笑みを浮かべて戦いの場に向かい、腕を一閃、叫ぶはおステキな必殺技の名前。響く効果音。吹っ飛ぶ小憎らしい(時に尊敬できる)敵。嗚呼スッキリ。読者の求めているのは カ タ ル シ ス であったのです。
   前時代的スポ魂を棺桶に突っ込んだのは車田正美であったというのは、夏目房之介「消えた魔球」をご参照あれ。

   ……最初はホントにちゃんとしたボクシングの漫画だったのよ。

   「リンかけ」で編み出した読者の心を熱狂させる作劇方法を、そのまんま伝奇な冒険世界にぶち込んだのが「聖戦士星矢」。世界の平和を祈る女神の生まれ変わりの少女とか、彼女を護る騎士的存在が、天の星座の数だけ存在するとか、そういう能書きも素晴らしかったですが、きらびやかなハンサム達が「ナントカナントカーッ!」と叫んで腕を振ると星が飛んで「な、なにーっ!?」とか言いながら敵が吹っ飛ぶ戦いのパターンは同じ。その技を繰り出す前に、いかに優れているかを語る能書きの部分がもうあらゆる神話伝説から持ってきたうんちくの固まりで、少年少女いけないおねえさんたちはうっとりするやらくらくらするやら、おかげで星座やギリシャ神話に妙に詳しい世代が形成されてたりして。あと、その各戦士たちにいろいろ因縁があって、何座の戦士は何座の戦士の親友であるとか、師匠筋にあたって心が結ばれているとか、かつて敵対した関係にあるとかそういう人間模様がいちいち面白かったりもしました。

   ホントにすごいったら。

   で、「その技の名前を叫ぶと敵が飛んでく」というコペルニクス的転回に加えて、車田正美が創出したとわたくしが思っているのが、

   「1対1×nの館」方式。

   これは「リンかけ」中盤が初出だと思っていましたが、もしかして過去の作品に例があったらごめんなさい、たしか、メンバーのひとり(主人公の姉だったっけ?)がさらわれて、五重塔に囚われている。彼(又は彼女)を救い出すには、各階に待ち受ける番人を倒して最上階にゆかねばならない、というスタイル。ここで、仲間同士心を合わせて番人を袋だたきにしてはいけないのであります。

   

勝負はタイマン(1対1)

   というわけで、彼らは一人ずつ、必殺の技をふるって、もはやルールもない戦いをほぼフェアプレイで、多少は頭も使いつつ、不屈の精神で続けていって、友情のもとに仲間を救い出すわけです。

   いやこれ意外に黄金パターンで。

   もともと、柔道や剣道の団体戦を翻案したと思われる「ボクシングの団体戦」というものも彼は「リンかけ」で出してましたから。5人ひと組の「日本ジュニア」チームが、各国の多彩な顔ぶれの5人と当たるという趣向。もし実際にあるなら、階級もいろいろ取り混ぜた方が面白かろうと思いますけど(れいのスーパー戦隊の法則も多少は入っていて、体格の違う仲間もいました)、この作品で階級の話が出たことなかった気がしますね。ジュニアだからかな?

   脱線はおいといて。

   一人一人が出て、戦って敵を倒すことによって勝利に進む、というパターンは前からあったのを、さらに、おどろおどろしい館というシチュエーション、人質を取られてタイムリミットもある、というサスペンス的意味合いも加えて読者をガッチリ掴んでおるのです。

   意外と応用きくみたいで。

   「聖戦士星矢」の中心、「十二宮編」はこの応用です。女神アテナに矢が打ち込まれ、それを助けるには刻限までに神殿の鏡の光を当てねばならない。しかし、神殿までの道はそれぞれ黄道十二宮の星座の名を冠した戦士たちが護っている。主人公達に好意的な戦士の宮はそのまま通れるが、敵対する「奸臣」に騙されている戦士の宮は、交渉なり、戦闘なりをして突破しなくてはならない……。毎週手に汗を握りましたとも。これはヒットして、次のポセイドン編でも、アテナは人質となり、彼女を救い出すために彼女の戦士たちは1対1で命を張ってました。……物語の結末については不明。アテナは主人公を愛しているのかとか、主人公の生き別れの姉の行方とか、初期設定は読んでる方はもうどうでも良くなってました。

   それからも、ジャンプの各作品に使われてますよ。

   「キン肉マン」(ゆでたまご)でも、ミートくん(おつきのマスコット的存在)がさらわれて、身体をバラバラにされ、一定時間内に集めないと復活できないというエピソードがありました。各部分は、敵が一部ずつ持っていて、それぞれ1対1のプロレスに似たバトルをして勝たないと手に入らないというのです。戦力は集中してさ~みんなで一人ずつ袋にすればすぐ集まると思うんだけど~(これが野暮)。キン肉マンとその仲間達は死闘をそれぞれ繰り広げて、ミートくんを生き返らせるのでした。

   「幽遊白書」(富樫義博)が方向転換するきっかけも、この「1対1の館」からでした。時代的には「星矢」と同時代かやや後。最初は思わぬ善行によって復活を許された不良少年が、オカルト的冒険を繰り返すことによってまた善行を積み、晴れて蘇る……といった話である筈が、反応がイマイチだったらしく、ソレまでに助けていろいろ縁のできていた霊能力者や妖怪たちと仲間になって、とある城に籠もった敵をやっつけるという「任務」を言いつけられるというエピソードがそれです。「四聖獣編」。それぞれ個性的な技を披露して、かなり苦労しながらも敵を倒し、街を救っていました。このエピソードの成功から、彼らが妖怪達の武術トーナメントに招待されるという「暗黒武術会編」につながり、お家芸のバトルトーナメントものに移行していくわけですね。

   そういうパターンはジャンプで連載するためのフォーマットかと思うと。
   原作は講談社文庫の「封神演義」というから、当時は一般的には無名だけれど、ちゃんと中華世界ではスタンダードなお話。これを、SFで独自の感覚を見せていた藤崎竜がコミック化したらとんでもないことになった「封神演義」。90年代、ジャンプが部数を落としはじめた頃の貢献作でした。殷が倒れ周が興る易姓革命のお話なので、考証通りだとみんなゾロゾロした中華ファッションで、名前が姓に名に字があったりみんな仙人で萌えとは無縁だったりと解りにくく感情移入もしづらい世界であるところを、大胆にSFふうにアレンジをしてくれて、ひとをくった主人公をはじめとする若い美貌の超能力者達の摩訶不思議バトルにしたのは素晴らしかったです。
   中盤、ゲーム世代を反映して「中ボス」と言われておった趙公明との戦いで、彼は周王を質にとって自らの豪華客船(時代錯誤!)に呼び寄せ、自らの配下の仙人たちとの戦いを強いるというかたちで「1対1の館」パターンが出たときには呆れました。もちろん原作ではそんな進行ではなく、地味に普通の歴史物のような城取り合戦をやってた筈なんですけど……。ここまで換骨奪胎するかと。
   さらに終盤、真の敵である女狐妲己も、1対1の対戦を強いるエピソードがありましたが、終盤の物語の勢いでそれはなし崩しになっていて、対戦それぞれの盛り上がりは趙公明戦の方があったように思います。

   というふうに、どんなジャンルのものにも臆面もなく採用するのか、それは作者によるものかと悩んでいたところ。
   たとえば、「武装錬金」では、物語の進行上両方の陣営の戦士達が1対1で戦うことはあったにせよ、「館」に誘拐、閉じこめられる趣向はなかったように思われます(作品が十巻完結という比較的短いものだからという理由もありましょうが)。

   「D.Gray-man」星野桂は、つい最近までアニメもやっていて、原作はただ今連載中ですが、ここでもまだありました!
   19世紀のような架空社会において、アクマという機械じかけの存在を作りだして、着実に人類抹殺計画を進行させている敵千年伯爵に対抗するため、エクソシストと呼ばれる特殊能力者が、アクマを倒すことのできる限られた物質、「イノセント」を手に戦いを挑むというお話。アニメ化された部分のクライマックスが、「方舟」とよばれる不思議な空間に主人公達が呼び込まれ、各階での1対1の戦いを強いられ、タイムリミットまでに脱出を図らねばならない趣向でした。これは時間が来ると次の「階」への扉が順に消えてゆく演出で、久し振りに手に汗握りましたね。「ここは俺が引き受ける、お前達は先へゆけ!」という古典的な泣かせのシーンも楽しんだことだし。物語はまだまだ続きそうなので、この先どんなエピソードがでるか楽しみです。

   これはジャンプ編集者のほうでフォーマットを持っていて、漫画作者に提示するんでしょうか、それとも、ジャンプ漫画を読み込んで育つと、物語の盛り上げ方として真っ先に思いつくんでしょうか。
   じゃあジャンプ漫画以外にはこのパターンはないの? というと、おかあさんそんなにジャンプ以外の漫画読んでないんだなあ。
   連載初期は「幽遊白書」との設定の類似が言いがかりのように指摘されていた「烈火の炎」(安西信行、掲載誌はサンデー)、そういえば、主人公が姫と呼ぶ少女が囚われて、特殊能力を持つ友人達と取り戻しに行って、各人がそれぞれ敵と戦うエピソードが初期にありましたが、当時はいきり立って指摘したけど、今思うと大人げなかったですかね(いやでもパターンとしては間違いなくこのパターンだろう)。途中で見るのをやめたから、結局どういう話だったのかは知りません。もっといろんな雑誌を網羅しておられる方に調べていただくといいかもと思って書いてみました。

   ほんとにたいしたものを創り出したものです。特許取ればいいのに。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

ジョジョ買ってきました

   秋風に誘われて、「ジョジョの奇妙な冒険」荒木飛呂彦を買ってきました(感想は左カラム「10月の読書リスト」)。1部は何となく部室で拾った本誌連載で読んだような気がするので途中、ご推薦のあった4部から(また微妙なところから)。
   なんでこんな気持ちになったのか不明。
   そのチャレンジ精神を家事に振り向けようよ。

   ちなみに、「第3部文庫○巻~17巻は絶版です。お取り寄せもできません」と、駅の書店に貼り紙が出てました。1~2部と4部以降はみんな揃ってたみたいなのに。なんかやばいことでもあったのかしら?

   とりあえず、面白かったぁ(まだ18巻だけ。物語序盤の序盤)。
   あと、美人という設定(?)の仗助のママはあんまり美人には見えませんでした。目が小さく、間が離れていて、ケバイだけ。わたしはくどい美形は好きだけど、女性は和風の顔の方が好きなのかなあ? 荒木画伯の絵が合わないと言うことかなあ? この先「美人!」という設定の女性は出てきますかねえ、その人を見て決めよう。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月30日 (火)

「殿様の通信簿」宝の山も掘るは大変

   本日はお山を降りて書店にいき、また店頭で立ったまま1/4も読み込んでしまって慌てて購入して参りました。

   「殿様の通信簿」磯田道史。加賀藩のお抱え学者のうちの家計簿を読み解いて新潮ノンフィクション賞を取ったという秀才だそうです。今度は「土芥寇讐記」(このシュウは正しくは両脇にふるとりが並ぶ異体字)という元禄期の諸大名の身上書を種にお殿様についていろいろ語り起こしてくれるそうで。

   この「土芥寇讐記」、時の公儀隠密が調べ上げたお殿様の身上書だけあって、門外不出、写本が東京は東大の史料編纂所と広島は浅野さんちにあったそうですが、なんと広島本は原爆で焼けたとか。
   原爆で焼けた史料って初めて聞いたよ。
   いや、浅野家にもイロイロ伝来の書物があったことであろう。それはもったいなかったですね。しかし、なんで公儀隠密の機密書類が外様の浅野さんちにあったのであろう、モヤモヤ。

   最初は有名人の水戸光圀公から。この辺の構成はセンセイも世慣れしてますねという感じですが、一部で有名な「水戸黄門若い頃はヤンチャ説」を紹介しながら、スキャンダルの暴露に流れず、当時のご時世、お殿様の生活の窮屈さを紹介し、実のところはこうこう、とれーせーにこーへーに解き明かして、取り上げたお殿様の名誉を守ってくれているような流れになっているところが、なんとも好ましいのでした。

   で、わたくしが釘付けになりましたのが、前田家の利家公から3代について語ったところ。利家公についてはだいたい押さえているつもりだったのですが、お犬と呼ばれた少年期から、加賀大納言と呼ばれる晩年に至るまでの彼についての耳新しくも温かい考察にはひとり微笑みが漏れてしまうのを堪えられませんでした。

   ご紹介したいのが3代利常公についてのお話。
   彼の奥方は秀忠の娘の珠姫です。絵に描いたような政略結婚で、彼女は3才の時に金沢に輿入れするんですが、それから9才の利常とほんとに仲良くして、16で第1子を産んでから年子で8人産んで、24で産後の肥立ちが悪くて死んじゃったと聞いてます。ご寵愛も過ぎると迷惑って、れいのタージ・マハルの住人(住んどらん)、ムムターズ・マハルは、14人産んで36で死んだらしいですから、わたしの中では彼女に並びますけど。「女は子供を産む道具」って言葉はこのぐらいやって、身体を使い尽くされて死んだときに使って欲しいですな。でも、彼女たちも決してそれだけが人生じゃないから、基本、前述の言葉は使って欲しくない言葉ですね。
   普通に、可愛らしい、戦国の世が終わった証拠のようなモデル夫婦と思っていましたら、彼女も必死で戦っておったそうで。
   物心つく前に金沢に来て、「とのだいすき」だけで生きてきたようなお姫様、みんなに愛されたとばかり思っておりますと、そうでもない。
   姫に付いてきたお女中衆は、戦国の心がまえを身につけたプロ女性外交官なわけで。
   姫様が素直にまっすぐ殿様に心を開いて睦ぶのが気に入らない。
   毎日日が暮れれば二人でにこにこ、そのままお床入り、起きればまた二人でにこにこ……してると、お乳母のナントカの局がキレるんです。
   「姫様なんでも殿にしゃべっちゃだめでしょオーッ!!」
   「なにがそんなに楽しいんですか、色ボケしちゃって!!」
   「前田殿は家来じゃないですか! 家来の嫁になって嬉しそうにしてちゃダメじゃないですかーっ!!」そんなこと言って、徳川家の姫なら嫁に行くのは家来のうちしかないじゃん。ま、妹は天皇家に入ってますからねえ。
   と物心ついてからずっとついてるお乳母に責められて、姫様は言葉もなく涙ぽろぽろ。
   しまいには、
   「姫様病気ですから今日はダメです!」って勝手に殿を断っちゃう。そしたら別の側室が代打に立つわけで、姫様悲しい。
   そうこうしてるうちに、ストレスで姫様はホントに寝付いてしまって。大河の篤姫ちゃんと同様、それでも殿は逢わせてもらえない。
   「そこをどかぬかーっ!」と篤姫ばりにバリケードを突破して利常公が病床に駆けつけると、時既に遅し、お珠ちゃん涙に暮れながら、殿の手を取って、
   「ここにしこりがあるの。これは、お乳母のせいでできたの。このせいでもうお相手できないの」と言い残して、息を引き取ったとか。って、見てきたように書くよこのひと!

   利常公の怒るまいことか。
   その乳母を捕まえておいて、「ヘビ捕まえてこい」と高札を立てて。百万石、当時は分家してなくて加賀能登越中三国、百二十万石フルに持ってたそうですが、ヘビが数百匹集まったところを、そのヘビを樽詰めにして、昂奮させるために酒漬けにして(細かい!)、そこに放り込むことにしたって。お乳母もさる者、隠し持った懐剣で先に自害したそうですが、それで納まらず、その樽に死骸を放り込んだ上に、釘付け、さらにその樽をヘビ入りの箱(120センチ四方!)に入れて(さらに酒漬け)、土中に埋めて去ったって。

   細川さんちの忠興君に負けないか。

   いや、彼よりは優しいと思うけど。奥方本人に暴力はふるってないし。

   その後、金沢城のトイレにお乳母の幽霊が出るようになったって後日談付。

   恐いけど、哀しい愛の話でした。やっぱり、戦国と泰平の境目にはこのような話がありそうです。 

   彼の腹違いの兄が、豊臣のご恩と徳川の威光に板挟みになって、最後には、「秀頼ぎみをお守りすると約束したのは俺個人だから」と、弟の利常に家督を譲って毒をあおって自殺したというのには寒くなりました。ここまで政治的に考え抜いた行き方をしたとは。でも、「利長公が服毒自殺をしたというのは金沢では公然の秘密」って、わたし聞いたことなかったですよ。

   その他、浅野内匠頭や大石内蔵助、池田綱政、内藤家長、本多作左衛門どれもこれも興味深く楽しく読みました。

   またいろんな古文書から面白い話を掘り出してきてくださいね。大変だと思うけど。

   芥川が「鼻」やら「羅生門」でデビューしたあと、「今昔物語集」はネタの宝庫みたいに思われて、みんなして読みあさったみたいですけど、これはなんでもただ紹介すればいいってもんじゃなくて。きっとこの本も、このセンセイのフィルターを通して読むからみんな気持ちいい話なんだと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

お疲れ様のお姫様

   本日は皆様に残念な報告をしなくてはなりません。

   近年の地球温暖化、気象の激甚化に際して、わたくしは夏の擬人化を王子にしようと当ブログで提唱してきたわけでありますが、夏も(そして冬も)姫君として擬人化されていたことが判明いたしました。詳しくはこちらをどうぞ。↓

   

http://homepage1.nifty.com/tadahiko/GIMON/QA/QA033.HTML

   夏は筒姫、冬はうつた(宇津田)姫だそうです(白姫という説も引っかかりました)。

   知らなかった! 恥を全国にばらまいていたわけですね。

   

穴があったら入りたい!!

   こういう質問サイトだけでなく、ウィキペディアにもそういう記述はあったというのに!
   まだまだ調べが足りません。気をつけよう。

   というわけで、筒姫様お疲れ様でございました。ほんとに今年も激しくドラマチックにしてくださって……ブチブチ。でも来年も来てね。きっとよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月21日 - 2008年9月27日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »