« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »

2008年3月28日 (金)

今週のジャイキリ #60

   「すごいやつらは、敵のすごさを瞬時にわかりあう」

   今週号タイトルページのあおりです。
   「やあ 久し振りだね タケシ・タツミ」
   「ヘロウ ダルファー」
   見つめ合う名監督二人。いやここではてなマークはつけないでおきましょう。

   こういうときには敢えて「ミスター」をつけないのが礼儀なのかな?
   英文法の時間に習った気がするけど……忘れた。ちゃんとメモったはずなのに。シェイクスピアとか、チャーチルとか、歴史上の人物とか著名な作家、政治家にはつけなくていいそうですが、目の前にいる気安い人にもかえってつけなくていいんじゃなかったかしら、どうかしら。つけなくていい人に敢えてつけると、いやったらしい、慇懃無礼ってやつになるみたい。文法や儀礼に疎い(とコンプレックスを持ってる)日本人がやってしまいがちなミス。親称(ドイツ語で言うところの du ね)がある言語だと、いつまでも堅苦しい方で呼んでてしまうカンジ(いや、だって du の「段」は活用がむづかしいんだもん)。

   われらがタッツミーは、本場で監督をやってたんだからそういうことはなく、「ダルファー」と呼び捨てにしちゃうんだ。穏やかながら、ちゃんと目を合わせて、火花飛ばしてます(いえ、画中は飛んでません)。

   そして、その場に出くわしてばたばたおたつき、
   「見たまえ! 監督同士が試合前から火花を散らしてる!」と衝立の陰から目を爛々と見守っているのがブラン代表監督なのでした(そうか、火花を散らしてると思ったのはこの人のせいか)。

   「この試合に対する自信のほどは」と率直に聞いちゃうダルファー監督(ソノダ)に、いつものはぐらかし戦術、
   「まあ……なくはないような… そんな感じ」と答える達海監督。
   それを耳打ちされ、
   「ほほう…… 深くは語らずといった所か……」
   「まあ しかし……」と、急に「暗さ」を増した表情で、
   「取りようによっては 自信のなさの 現われとも 見えるがね」と不敵に笑ってみせるダルファー監督。ところがそれを、
   「取りようによっては自信の……」とそのまんま訳すソノダく~ん!
   「ああ!! そこは訳さなくていいよソノダくん!!

   なんですかあんたら。この前「この人達は阿吽の呼吸」とかいってしまったのに。ま、そういう言わなくていいこともいちいち通訳氏には漏らしておいて、腹の底をわかってもらっておくというのが通訳慣れしているひとのしゃべり方なんでしょうか。
   イヤ単なる漫才体質なのか。
   「危なっかしいな 君は もー」
   「スイマセン」と、それでも息はぴったりなのでした。

   おかげで緊迫した雰囲気1コマしか保たなかったし。しかも、作者もっかい仕掛けてくるし。
   「じゃあ 俺からも 質問していい?」
   「ダルファー あんた オランダ人 だろ?」すうっとまた顔に影の落ちるダルファー監督。
   「オランダってさ……」ここでページが切れるぅ! めくって!
   「人口より自転車の方が多いってホント?

       

バ   カ   !

   「!!」とまずソノダくん。
   耳打ちして(するな!)、
   「!!!」と絶句するダルファー監督。
   (なんという 緊張感のない どうでもいい質問だ!)云々と達海監督の内面を必死で量ります。
   「な……なんて言ってる!?」と慌てるブラン監督(まだいたのか)
   「……」(タメイキ)
   「訳すような 話じゃ ないっスよ」ダメだ、この通訳

   「立ち話は ここら辺に しましょうか」と、ダルファー(ソノダ)側から話を打ち切って、握手でお別れ。
   「お互いベストを 尽くそう」と、目を見て、力(心も)のこもった握手でした。
   カンファレンスでの初対面を思い起こさせるシーンです。

   そして、シーンは変わって大阪ガンナーズの選手たちが試合前のウオーミングアップです。相手チームの選手達もだんだん名前と性格が詳しく描かれるようになってきました。

   ……うわ~オーサカのひとだ。
   わたしのお気に入りの漫画「大阪豆ゴハン」や「誰も寝てはならぬ」に出てくるようなゆるくてお育ちのいいオーサカ人じゃなくって、いわゆる東の人間の想像する「オーサカ」のひと。テンション高くて、喧嘩っ早くて、ボケな人はボケで。ものいいがストレートで、面白い反応を返せない人にはレイタンで。
   これはすごいなあ。
   作者どこまで世界を練りあげてあったんだろう?
   お金持ちのチームがブラジル人をいっぱい入れたらこうなるだろう(名古屋)ってのも最初から作ってあったのかしら? 
   FW4人という超攻撃型布陣を取るならオーサカで、って、解るわぁ。金沢人なら譲り合っちゃって4人もいて無得点とかありそうで(我らがツエーゲンはどうでしょう? ジャイキリ世界に金沢のチームは今のとこ存在してません)。
   じゃあ、そのオーサカFW4人というところが崩しどころでしょうか。

   楽しみになって参りました。

   で、その頃達海監督が何をしていたかというと……
   先週からの伏線、置き忘れたジャケットを見つけて貰っていました。
   パッカくんお手柄
   ナルホド、「河童は 水が必要 なのね」って、そのジェスチュアだけでわかる監督もエライです。いいなあパッカくん。楽天のカラスコと絡んで欲しいなあ(無理です)。せめてベガッ太さんでは?(無理! ジャイキリ世界の仙台「も」2部です)

   って、まだ試合始まりませんでした!

   待て次号!!!!

   * * * < 今週のザッキー > * * * 

   登場ありませんでした。こういうときもあるさ!

   まあいい。昔のユニフォームとかが展示してある廊下とか、ポスター類、パンフの挿してある棚、さりげなく飾ってあるパッカくんのお人形など背景に雰囲気が出ていて楽しい回でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

サクラサク!

   いやったあ!! 楽 天 今 季 初 勝 利 !

   なんと あ た し の 怜ちゃん(なんて不遜な!)こと永井怜投手が初完封です。いやまさか、プリンス岩隈でもエーヨーヒ一場でも神の子まーくんでも若武者朝井でも貴重な有銘たんでもなく怜ちゃんがチーム初勝利とは!! ううむ、こうやってみると楽天もいい投手揃ってますね(どこが!?)やっぱ最後まで自分でがんばってドドンパを出さなかったのが一番の勝因だな(よしなさい)。

   山崎選手に1号ホームランがもう出たりと、もう楽天野球団春爛漫なカンジです。まだ敵地だけど。良かった。今週末のホーム開幕戦はきっと大勝利で仙台市民の皆さんも楽しめることでしょう。……おかあさんも行きたいよう? 

   いいえ、一昨年の雪降る3月の試合を経験してますから、桜が咲いてからじゃないとケースタ宮城には行きたくないです。遠くリリエンベルクから交流戦をお待ちしてます。雨降ってもいいようにドーム戦のチケット取って貰って(旦那様ごろにゃ~ん)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お楽しみはこれからだ!

   

ここは耳鼻科外来かというようにみごとに赤ちゃんのお耳ばっかり(ところどころアヒルさんのぬいぐるみがあるところをみると小児耳鼻科?)な成績表を貰ってきた猫科のひとたちであります。

   さあ、春の進研ゼミ学力テストのシーズンです!(本来ならもう提出済みの筈!)

   お尻を叩いて横で見張りをしつつなんとか豹太の5教科を終えたところです。

   「じゃ、おかあさんと復習しようか」
   楽しい感想戦のはじまりです。

   「下線部Aの人物の活躍を描いた物語を次の選択肢から選びなさい。下線部Aったら 『源義経が壇ノ浦で平家を滅ぼした』」
   「アでいいよね?」
   選択肢は、ありがちなところで ア)源氏物語、イ)平家物語、ウ)竹取物語、エ)土佐日記。中坊なのでまだ伊勢物語は出てきませんか、そうですか。
   「バカ。『源』義経が活躍するから源氏物語って分かりやすい引っかけに引っかかるやつはじめてみた!」それが我が子でおかあさんカナシイ!

   「源氏物語はァ! ちょ~イケメン光源氏がナンパして振られたり揉めたりする話! 平家物語! これは、ナントカ天皇(正しく教えましょうよ)が妊娠した愛人のナントカ御前を清盛パパの平ナントカ(ちゃんと覚えようよおかあさん)にあげちゃって、『女なら俺の子ね。でも、男だったらお前の子どもとして育ててやってよ』って約束して産まれた平清盛が、後白河上皇かな? それのガードマンになって気に入られて出世して、別の平の時子ちゃんと結婚したら、時子ちゃんの妹の滋子ちゃんがちょ~美人で、後白河上皇の愛人にバッテキされて、その縁でもっと出世して、その滋子ちゃんの産んだ高倉天皇のお妃に自分の娘の徳子ちゃんをやって、子供を産ませて、その子を天皇にして自分が藤原道長みたいに天下を取った訳よ。<中略 鹿ヶ谷の陰謀から俊寛ネタからみんな語り尽くして>そんで、時子ちゃんは小さい天皇を抱っこして、天皇の証拠のお宝の剣を自分の腰にぶっさしてお船からどぼんと身投げをして死んだ訳よ。ふつーでも天皇のことは殺したりなんかしないのに、そんな、小学生ぐらいのこんな可愛い天皇、殺すわけないがいな、ちょっとお寺とか行って貰うだけで。自分の孫を連れて自殺なんて、鬼やなこのババア」おかあさんは心中するぐらいなら子どもだけは置いてけ派。
   「でも徳子ちゃんは、義経が必死で熊手で引っかけて、髪の毛がひっかかったんや! で、回収されて、ひとりで京都のはしっこのお寺に行って、そこへ後白河上皇が来て、『アンタも大変やったなぁ』とかなんとか昔話して終わるわけ! だからこれはイ)平家物語!」おかあさん、義経活躍してませんけど。

   と、話はここで終わらない。

   「ウ)の竹取物語はこりゃ『かぐや姫』やな? 国語でやってんろ?」この辺はゆとりでも変わらない模様。
   「で、エ)の土佐日記というのは、作者の紀貫之は日本初のネカマや!」
   「な、何?」
   「ネカマを知らんのか!? 昔はネットの世界は女性が少なくて、あんまり世の中とか男女交際に慣れてないオタクっぽいのが多かったから、顔とか個人データとかが出ないのをいいことに女の振りをしてからかったりする悪いやつがおったんや! それが、ネットのオカマでネカマ!」 あのう、定義はこれであってますでしょうか?
   「この頃はァ、日記っつうもんは男が漢字で三月廿一日観桜ノ宴催サルとかいって漢文でむづかしく書くもんやったんや! それが、最近ひらがなブームやしぃ、ひらがなでなんか書いてみよかってこの貫之思ってんけど、男のくせにひらがなかい、女の使うもんやろって言われとうなかったから女の振りして『アタシぃ、今度ご主人様が高知の方に赴任するっていうから付いてくしぃ、日記なんて男の書くもんやけどあたしもやってみるからぁ』って書いたんが土佐日記! 紀貫之は古今集作った人やな?」作ったって言うか、編集人ですね。
   いちいちこんな事をしているから実力テストは進研ゼミ指定の1教科45分で終わるわけがなく
   「おかあさんの話は長いっ!」と実力テストをいやがる理由にもなってますのさ。アラ、じゃあおかあさんだめじゃない! ……やってる本人は楽しいんだけどなあ。やっぱ先生、なれば良かったかな?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

円もっと上がれ!

   とうとうこの日が来てしまいました。

   旦那様に麓で買ってきていただいたいつもの「神戸屋プチ七穀パン」、4個入りなのですが、旦那様はおかずと一緒にひとつ、わたしはパンだけ2つ食べるのでだいたい毎日中途半端な数になります。昨日の残りのひとつを食べて、新しい方の封を切って一つ掴みだしたところが、何かが違います、

   「小 さ い ?

   約1年食べ続けてきたお気に入りのパンですから、いくらテキトーに生きているおかあさんにも解ったみたいです。念のため先週までのと比べようにももうお腹の中……。いや、たしかにこの左手で掴んだ感覚はさっきのと違います。

   「原 料 価 格 高 騰 分 吸 収 のため パ ン を 小 さ く し たなァッ!!」

   袋の原材料、内容量表示を見ましたが、「4個入り」とあるだけで、総重量、1個あたりの重量は書いてないんですよ。いいのか!? それで!

   ゆるさん!

   でも、だからっていきなり4個300円になったらおかあさん朝ご飯はほんとに朝「ご飯」にしないといけなくなるし。

   誰よいったい、食べ物をしょうもない投機の対象にしやがって!!

   しかしながら、伊達に長生きしてないおかあさんは、パンの値段が下がった時期を覚えているのです。それはバブルのちょっと前、円高で輸出業がヒイヒイ言ってた80年代半ばだ!(自炊してた時期だから敏感) スーパーで売ってるようなヤマザキとかのふつうの食パンが、なんだか中途半端な値段になりましたよ! (たしか1斤135円とか)

   ドル建ての輸入品は、円高になったらその分用意する日本円が少なくて済むから安くなるんですよネッ!?(まいちゃん@高校生はけっこー政治経済の時間が好きでした)

   上がれっ! 上がれっ! 家計のために円よもっと上がれェッ!!(もうヤケ)

   いいもん、旦那様の会社は輸出業じゃないしっ!
   折しも今朝ほどのNHKニュースで、パソコンなどの部品は価格の変動が激しいので少量を現金決済のため円高の影響がすぐ出て、今は下げ放題に下がっているとやっていました。旦那様の会社も円高効果を利用してがんばってください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

「篤姫」 11 お目出度き人々

   先延ばしにしてたら1週間経っちゃった。

   将軍家への嫁入りが(薩摩側だけ)決まって盛り上がってます。今度は今和泉のパパにまでしゃべっちゃって、大丈夫? ホントに本決まりになってからの方が良くない? こういうことは、つまんないことで破談になったり延期になったりするから、早合点してぬか喜んだりするとヘンに傷になるし(前科有り)。思わぬところまで噂が広まっていて、あとで居心地の悪い思いをしたことがあります、わたし。

   そしたらまた、もやしにーちゃんは配慮がないのに口は軽いと。

   ま、この人はこのドラマではこういう役どころですから。

   ああ、だから幕末ものは難しいのねえ。去年の大河なら、たとえば原様をお間抜けに描いても、小山田君をロマンチストに描いてもどうせ子孫は(いますか?)直に彼らを知ってる人じゃないし、「ドラマだも~ん」といってごまかせるかもですが、幕末なんて、たかだか150年しか経ってないし。もう生きてる人はいないけど、ご長寿なら「ワシャ××公どのに直接お目通りして話を聞いた!」ってお年寄りがいそうで。あんまり独創的な解釈だと抗議来るってのは解るわ。

   そんで、今和泉××公(本名忘れた、あ、はいはい忠敬ね)の名誉のために怒ってるアツイ薩摩隼人はいらっしゃいますか?

   ま、同情はするな。

   で、そのお軽い今和泉××くんに「妹は公方様に嫁ぐらしい」と聞いて愕然とする尚五郎ちゃんも大変。いや、にーちゃん、一応うちうちの話なんだから、誰もが入れる峠の茶屋みたいなとこで話すなよ。いや、薩摩はスパイの入れないサトウキビのカーテンに閉ざされた藩だったらしいけど。この辺、やっぱり何気なく薩摩のすごさ、治安の良さを描写してますか? スゴイナア(皮肉)。
   で、「そういえば彼女、日本一の男に嫁ぎたいとか言ってたなあ」と思い出すのでした。
   いやほんと、当時も思ったけど、今のあのていたらくで日本一の男に釣り合う自分と思ってたところが痛い。日本一の嫁になるなら器楽演奏もお花も書道もお作法も完璧にしとけ!

   それで一念発起した尚五郎ちゃんはどこへ行くかというと、小松先生のところ。
   「江戸へ出してください!」って、お前。花嫁奪還に行くのかと一瞬とっても怖く思いましたが、さにあらず、自分は自分でできる範囲で日本一の男に近づきたいとかそういうこと。その辺、先生結構いいパイプ役だったみたいですね。

   場面替わって榎本パパから叱責される尚五郎ちゃん。「お前何かやったろ! お殿様から直に呼び出しなんて! 下々のものに付き合ってるのがイカンのじゃないか?」って、けっこーアタマ固いふつうのパパですね。せっかくのご出演なのに、あんまりいいところないわ、榎本さま。尚五郎ちゃんは、やった! 江戸行きが認められる! とわくわく。

   果たして直に目通り叶った尚五郎ちゃん、ついでに、ご赦免の遅れている大久保くんの父上の話もします。
   「ちゃんと島流し解除してくれますか?」
   「ああ、してやるよ」
   「いつ頃に?」あ、ちゃんと期限を切って聞く。やっぱり頭は悪くないのかな?
   高橋殿様もちょっと参って、そういえば、誰かにもそんなこと聞かれたよなあと思いだし。
   「それは篤姫さまでしょう?」と。

   そんで、尚五郎ちゃんが篤姫と付き合ってた(付き合ってません!)のがばれるんだ。
   片想いだったこともぺらぺらしゃべっちゃうし。

   尚五郎、男の風下3千里決定。

   わたくし以下の話を中世の先生に聞いたんですが、元ネタはなんだったんでしょう?

   「王朝の美意識で、最高なのは、自分だけが心に秘めている片想いです」西行だって、今は研究者が必死に掘り返してなんとか門院が相手で、それを思い切るために出家したとかバレちゃってますが、一応隠すために全てを捨てたんですよ。それが美学だったんですよ。
   「次が、自分が知り、相手も知る片想い」それってストーカーに近くないですか? と今だから言える。
   「少しくだって、他人に秘密の両思い、皆が知る両思い」

   「下の下なのは、みんなが知る片想いです」

   下の下の尚五郎ちゃんです(くどい!)。周りに気を遣わせるし、控えてりゃいいのにまたそこら中で酒飲んで泣いたりわめいたりするし。ばれちゃったのは正式に進めてたんだからお互いの親はしょうがないにしても、「友人」連中にまで白状して歩くことはないでしょう。叶わなかったとはいえ、相手の名誉に思わぬ傷を付けることだってあるのに。

   すこぅし、高橋パパの表情が変わります。
   「悪いコトしたね、引き裂いちゃったかな?」
   「いいえ! 篤姫様はご存じないことです」って、言うんだけど。あの方はわたしのことを男として見てくれたことはありませんでした云々て、言う方には自らに食い込む刃だな。いや、じゃあ、言わないで済むように、一生黙って墓までもってけよ、バカ

   「お篤を呼べ!」ってここが謎! 高橋パパいいひとすぎ! 対面させてやって、あまつさえ、「久しぶりに一局碁を打つがよい」って、二人きりにしてやります!
   危険だろう! ま、今和泉のパパもやったことですが。
   結婚の決まった娘を、まだ彼女のこと好きですとか言ってる若いのと一緒に密室に二人きりにするか!? 21世紀の今だってヤバイですよ(おかあさん下世話なサイト見過ぎ?)。幾島もすんごい声だして反対してましたね。

   でも、「全然その道にはうとい(高橋パパ評)」篤姫は、ごくごく脳天気に近況報告したり、碁を打ったり、幾島の陰口きいたりして(オイ!) 天真爛漫に過ごしたのでした。

   そんで「尚五郎さん、薩摩を、頼みます」って、どうよ?
   別に尚五郎ちゃんはまだ江戸に出て学ぶことを許されるかどうかのリアル青二才でしょ? 藩の中枢に食い込んだ訳じゃない。そんなもんに頼まなくたって、薩摩はまだまだ人材いますよ。小松先生とか。この辺が、中学生っぽいんだなあ。ああ、中学生と思えば、「(10年後の)薩摩を頼みます」でいいのかな。これは次回予告で使われてた台詞で、実際のところはなんとかさんを、今和泉のみんなを、と自分の身近な人々を挙げてったようでした。その流れで言えば「~頼みます」もありかと聞けたんですけどね。あんまり次回予告で使い回されたから「何様よ、この二人」と反感が育ってしまったのよ。

   で、ホントに困ったちゃんの世子(未だ将軍宣下なし)家祥くんですが、ヘンなところが聡い。将軍薨去は極秘にしてるんですけど、どっかから漏れて瓦版になっちゃってるのを、大奥経由かなんかで手に入れちゃって「これは父上のことであろう」なんてさらりと言っちゃって。困り抜いた首脳部は「嫁取りしてみるか」今更? 奥さん貰ったらしゃっきりするもんですか? しかも「次の」とか「新たな」とか言いやがりましたよ、ちゃんと。×1(死別)、いや、ホントは×2なんだけど、なことをさらっと出しちゃって。

   将軍家の御台所になれるなら×2でも気にしないのかな、気にしないだろうと男の論理で思ってるのかな。戦国時代とかで、双方拮抗してたら「ウチの姫を貰いたいというなら初婚じゃねーとゆるさん」とか言えたかも知れませんが。……やっぱり男の初婚かどうかなんかは問題にしないのが普通か。どうでしょう? 

   で、「心当たりはないです」と答える老中の阿部くん、狸。いや、心づもりをしてたのは高橋パパだけで、阿部くんには内緒だったのかな? この週になってはじめて「ウチの娘でどう?」という台詞は出てきてましたかね?

   さあ、薩摩1号お江戸行き、スピードが上がって参りました。いやもう、おかあさんのもちう゛ぇーしょんはウナギ下がってますけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »