« 川崎市教育委員会に問う! | トップページ | 日本橋高島屋正面玄関入ったとこ »

2008年11月10日 (月)

本日の一発ネタ(やや長め) ジョジョ1~4部読破後篇

   ジョースター家って、代を経るごとにヤンチャ度が上がってないですか?
                              ……最初はあんなに紳士だったのに。

   まあ、からっとした明るさと、その根底の黄金の精神は失われていないからキライじゃないですが。

   話は脇役になりますが。
   4部の億泰は、我が子も「(幽遊白書の)桑原みたいだよね」と認める気の良い不良でしたが(あの改造制服だけを見て言っていたんじゃないだろうな?)、3部のポルナレフもまた、桑原キャラでしたねえ。桑原キャラとは、「幽遊白書」の作者が言ってたんだったかな? 長丁場の戦いの中で、こいつだけは負けても読者から許されてしまうキャラ、そういう気の良い、ある種コメディ担当のキャラクターなんだそうで。いえ、桑ちゃんは主人公には武力で負けるけど、彼なりの特殊能力があり、そういう能力抜きにも、筋を通し、情に厚く、子分達に慕われ、今さっき拳を交えていた敵も「助けて欲しそうだったから」という理由で身を挺してかばう好漢でしたよ。

   作中、アヴドゥルに「こういうトイレで難に遭う役は自分ではない、ポルナレフの役どころだ」と言わせていたぐらいですから、「ジョジョ~」の作者も意識してたんでしょうね。でも、妹想いの、情に厚い、それ故に失敗も多い魅力的なキャラクターでした。美青年の花京院を目当てにしていた第3部だったのですが、ポルナレフのいろんな活躍(炎の術に破れたのだから焼死が筋であろうと温情の刃を退けるあたりとか、妹の仇を前に逆上してアヴドゥルを死なせてしまったりとか、敵に幼児に変えられたところを親切な女性に助けてもらってどきどきするとか)をすっかり楽しんでいました。

|

« 川崎市教育委員会に問う! | トップページ | 日本橋高島屋正面玄関入ったとこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/43066963

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の一発ネタ(やや長め) ジョジョ1~4部読破後篇:

« 川崎市教育委員会に問う! | トップページ | 日本橋高島屋正面玄関入ったとこ »