« 泣けてくる話 | トップページ | 人のふり見て »

2008年10月21日 (火)

猫の消息 新世界篇

   金沢の早乙女おかあさんからお電話があって、虎ちゃんに代わって欲しいのって、どんな内緒話かと思えば。

   「おかーさん! 大地がまた子供を産んだって!」
   またですか。

   「そんで、子供を連れて旅立ったんだって!」
   ぱーどん?

   「千春も虎子も子供を産んで、また7匹になったんだって!」

    ……手狭になったので、追い出されたと。猫の間では早乙女家のテリトリー内の適正猫口は7匹ということになっているのでしょうか。

   「また名前考えなくっちゃ!」って、おいおいそうじゃないだろう。

   お義母様、まずいですよ。野良猫を生産してばらまいてるうちになってますよ!!

   旦那様に言いつけても、
   「年を取って寂しいんだからしょうがない」って、それなら適正な数で負担にならないよう可愛がって貰わないと!

   (こっちがUターンして、猫のひみつ基地になっている古い方のうちをババーンと建て直してもらって私たちが住んだら猫の住処がなくなって、わたしたちが食費も頼れば猫エサもあんまり出せなくなって栄養がたっぷりじゃなくなればそんなに産まれなくなって猫の数が適正値になるのでは……)と、おおいに他力本願なこれは帰らぬ家の猫算用。同居するつもりはナッシング。

|

« 泣けてくる話 | トップページ | 人のふり見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/42858957

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の消息 新世界篇:

« 泣けてくる話 | トップページ | 人のふり見て »