« ソボクな疑問 2008 | トップページ | 帰省します »

2008年8月 2日 (土)

職業病?

   さっき帰省の荷物をクロネコさんに持っていってもらいました。

   近くのスーパーはペリカンさんなので最近使ってなかったのですが、ペリカンさんの集荷時間を過ぎてしまって……。仕方なく、棚の隅にしまっておいたクロネコさんの伝票を元に携帯からアクセスして集荷をオネガイしました。さて、蓋をして玄関に出しとかないと……って、持ち上げたら、

   

ぱきょ……って。

   

魔女の一撃が。

   おかあさんぎっくり腰持ちで。

   注意しなくちゃいけないのに、廊下に実家からの支援物資、この前収穫したばかりのジャガイモの箱があったから胸より上に持ち上げて、背を反らしながらツイストして廊下を通ろうとしちゃって。

   やってしまいました。

   って、それから粘着テープを持ち出して脂汗を流しながらもう10往復ぐらいしてる崩壊寸前の段ボール箱に封をすべく格闘してると、

   ぴんぽーん!

   

クロネコ、早すぎ!

   インターホン取るよりすぐドア開けちゃった方がいいだろう! と、ドアに飛びついて、
   「オネガイ、今ぎっくりしちゃったの! ここへ来てこのままもってって!」とすがりついたのでした。

   「あーそれよりそのテープはがして貼り直してもらっていいスか?」

   クロネコのお兄さんはすぐさま玄関先にしゃがみ込み、テープをはがして箱をぎゅっと押さえつけてます。

   「ごめんなさい、帰りは新しい箱を調達するから」
   「別にいいスけど、これは全面的に貼って補強しないとダメですね」って、見る間にテープを貼っていってくれて。
   「新しい箱に詰め替えようか?」と言っても、
   「そんな時間ないス。受付終了時間ギリギリなんス」って。ああ、やっぱり。
   「ごめんなさい、テープ、剥がすとどんどん箱が弱くなるのよね。剥がさない方がいい?」としおらしく聞いてみましたが、
   「いや、そのままだとノリが付かないスから」それもまたダメだそうで。

   と言う間に伝票を端末で読み取って、薄いグリーンの受付ラベルをジーコジーコと出力、それを貼り付けて受付け終了。

   「助かったわぁ」と思わず腰をトントンすると、

   「ぎっくり腰は叩かないほうがいいスよ」とぼそり。
   「え?」
   「ぎっくり腰は、炎症起こしてますから、まずはアイシングっス」
   「まあ、そうなの?」と水を向けると、
   「いや、ぎっくり腰もイロイロっスけど、炎症起こしてる最初の頃は冷やして、あとの段階になったら暖めてやるんです。段階見極めないと」と、しゃべるしゃべる。

   「まーあるわ、サロンパス。すぐ貼ってみるわね」と、なんでも言ってみるもんだ、助かりました。

   で、帰省の荷物はちゃんと送れたし。自力でサロンパスを(面積2/3ぐらいになっちゃってるけど)なんとか腰に貼ったし。じんわり効いてきてます。はうう~。

   やっぱりお荷物を持って歩くから、クロネコさん達はぎっくり腰起こしやすいのかしら。なんでも言ってみるもんですね。ホントに助かりました。

|

« ソボクな疑問 2008 | トップページ | 帰省します »

コメント

魔女の一撃という表現をご存知なのはさすがまいねさん.くれぐれもおだいじに.
クロネコさんは職業上そういう知識を持ってるんですね.思わぬ所から救われましたね.

投稿: 三ねんせい | 2008年8月 2日 (土) 22時49分

 ほほほ Hexenschuss とでも言いましたっけ? 聞き知った言葉は一度使ってみたいものですよね。いやいや、こういう事をしてるから恥もかくのです……。
 処置が早かったのが良かったのでしょうか、今日は別件のお荷物を手でもってスーパーに出しに行けました。

投稿: まいね | 2008年8月 3日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/42040989

この記事へのトラックバック一覧です: 職業病?:

« ソボクな疑問 2008 | トップページ | 帰省します »