« アラフォーの星 | トップページ | 金貨の女王 »

2008年8月31日 (日)

バルカンと言えば

   日曜の昼下がりは例によって「アタック25」。本日も暑くて書斎から蒸され出た旦那様と豹太とうち揃って視聴。
   「サラエボ事件をはじめさまざまな民族が集まっているため問題が起こりやすく、ヨーロッパの火薬庫と呼ばれていた半島は?」

   「「バルカン半島!」」

   夫婦して、異口同音に。
   「これは教科書にも出てるぞ。豹太覚えとけな」とおかあさんは念押し。

   ところが豹太は困惑げに、
   「バルカンって……武器になかったっけ?」と聞いてくるのであります。
   「ああ、ガンダムの耳んとこ付いてる、小さい弾がパラパラ出てくる銃な」
   (「エリア88」の戦闘機にも付いてたよな……)とおかあさんは答えといて遠い目。
   「でしょ? ゲームとかでもよくあって。……武器の名前だと思ってた」
   (たぶん鍛冶の神様から来てると思うけどな……)

   武器とゲームとアニメに疎い旦那様は呆れながら次の問題に答えていらっしゃました。こんなことおかあさんが得々として語るジャンルじゃないよなあ……。

   こっそりおかあさんが調べてみると、まさしくバルカン砲とは戦闘機に付いてる弾がどんどん出てくる銃でした。毎分600発だって。1秒に10発? 照準合ってたら穴開いちゃうね。これもウィキペディアによると「携帯型カセットテープ再生器をすべてウォークマンと呼ぶようなもの」だそうで、とある会社の銃の愛称で、武器としての品種名は別にあるんだそうな。でも、「戦闘機とかに付ける、弾がどんどん出てくる銃」は一般的に「バルカン砲」で、特に小説やらゲームやらアニメやらでは通用している模様。とくにガンダムでね。由来はやっぱりローマ神話の鍛冶の神バルカンに拠るそうで。バルカン半島とはスペルも違って関係ないそうです。

   ああ、豹太のおかげで、またひとつお利口になっちゃった。

|

« アラフォーの星 | トップページ | 金貨の女王 »

コメント

アニメにもゲームにもまったく疎いですけど,いまはバルカン砲もそっち方面から知識が入ってくるんですね.
「穴開いちゃうね。」って,それが目的ですから(笑)
尤も毎分数百発といっても一分間撃ち続けることなんて不可能で,連射は数秒ぐらいじゃないかな.砲身が焼けちゃいます.

投稿: 三ねんせい | 2008年9月 3日 (水) 11時02分

 お、お詳しいですね、三ねんせいさん(^_^;)
 「機銃」って言っちゃうと、ああ、戦争経験のお話しでよく出てくるアレか、とやっと思いが至ります。恐怖と憎しみの対象でありましょうか。軽々に取り上げるべき話題ではなかったでしょうか。
 年子の弟とほぼ蔵書を共有して育ちましたもので、自動車、飛行機、戦場関係の漫画やアニメなんかはある程度押さえて参りまして。男の子ってみんなそんなもんだと思ってたのに、旦那様はメカへの興味がオーディオ方面(含む、コンピュータ)にまるっきりいっちゃったひとで、とっても意外。あんまり話が盛り上がらないのは寂しいことです(いや、それなりに知識はあるけど、あんたみたいに人を殺す機械の話で盛り上がれないだけですなんて思われていたりして)。
 あの時代を経験された方には、わたしどものような平和で豊かな時代に育ったものが浮ついた気持ちで武器を語ったりするのは見るに堪えないとお思いになられるでしょうか、なんて思いもしたんだけど、ま、世代の違いというかが出た小話として挙げてみました。
 たぶん、実際、太平洋戦争の経過よりずっと「ガンダム」の作品中の戦争の経過について詳しい若い連中は多いと思います。……たぶんわたしは両方とも疎いと思うけど。

投稿: まいね | 2008年9月 3日 (水) 22時21分

そんな気にしないで気軽に書いて下さい.武器について気軽に物が言えるのも,平和になった証拠です.
劣化ウラン弾とかクラスター爆弾とか知識がなくちゃ反対運動もできない.平和を維持していくにも武器の知識は必要です.
ちなみに,戦闘機がバルカン砲を装備するようになったのは太平洋戦争後です.戦時中は日米ともふつうの機関砲.

投稿: 三ねんせい | 2008年9月 4日 (木) 00時30分

米軍機の機関銃で撃たれた弾痕が,うちの近所にあります.
http://homepage2.nifty.com/thsk/sensouatopage-higasiyamato.htm

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E6%97%A5%E7%AB%8B%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E5%B7%A5%E5%A0%B4%E5%A4%89%E9%9B%BB%E6%89%80

http://www.funkygoods.com/hai/tachikawa/tachikawa.html

ごらんのとおりバルカン砲でなくても穴があきます.

投稿: 三ねんせい | 2008年9月 4日 (木) 11時15分

 (ご紹介のサイト見に行ってきました)……ひゃあ、すごい。
 残しておくのも戦争の記念ですか……。みんな燃えたと思っていたのでたしかにこれはこれで物証ですねえ。

 話は変わりますが、こんなに大きく跡が残るものでしたら、「図書館戦争」で、図書館をめぐって公的機関が銃撃戦ってのが嘘っぽいという突っ込みも一理はありますなあ。背景の建物にヨゴシ入れて置いて貰うとか、営繕の部署が徹夜で復旧してるとか、「そこの線はこの前の襲撃で切れたまま」だとか描写しておいいてもらわないと
(トひとの作品への改善点ならいくらでも出せるのに、詠嘆)。 

投稿: まいね | 2008年9月 4日 (木) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/42341333

この記事へのトラックバック一覧です: バルカンと言えば:

« アラフォーの星 | トップページ | 金貨の女王 »