« 先生教えてください! | トップページ | ドイツ式の間違い? »

2008年7月19日 (土)

連続ドラマの鑑賞の仕方について

   大河ドラマをネタに言いたい放題言っておる当ブログのレヴューではございますが。

   こちらも毎年連続して試聴するのはほとんど大河ドラマのみという状況で、NHKから出ておりますドラマストーリー(公式解説本)もしっかり購入、各種サイトも参照して骨までしゃぶるつもりで見ておりますのよ。

   NHKが総力を挙げて制作しておりますドラマという位置づけですので、それなりのものを期待しております。最新の研究成果と時代の雰囲気を解釈に取り込み、スタッフも演じ手も最高の布陣で行われておりますものと信じております。

   「あんなものはどうせ『ドラマ』だから」という冷笑的見方におちいらず、不満を抱えながらもできるだけ良いところを見、しかしながら、苦言を呈するべき所は容赦なく、という立ち位置を心がけておりますが。最近はいかんせん、世間での好評を聞くにつけ、あまのじゃくな気持ちが抑えきれず、細かいところをあげつらっておったかも知れません。

   しかしながら、こちらも大河歴が長いので、最後にうっちゃられるのまで込み込みで楽しみにしておるのです。ちょうど今年の初め、どうにもヒロインのいじけた性格が気に入らないとこちらで早々に「ちりとてちん」が楽しめないと公言しておきながら、物語が進むにつれて目が離せなくなり、最後にはあっぱれ名作であったと申しましたように。
   最初はあまりにも後年の偉大なお姿とのギャップに呆れ、こちらでもヒドイ、ヒドイと申しておりましたが、だからといって見放すことはたえておこなわず、家人にも迷惑がられながらもしつこく試聴を続けておりますのは、ひとえに大河ドラマを愛し、期待しておるからです。最後には、ティッシュペーパーを箱で使いながら「嗚呼、今年もよい大河であった」と言わせて貰うつもりが十分あります。

   家定の寵愛を受けねばならぬと大奥が総出で篤姫の髪型を工夫し、打ち掛けなどを案じながら、結局の所、篤姫が前例を破り、率直に家定に声を掛けて来訪を乞うたのがいちばん効果があった回は、快哉を叫ばずにおられませんでした。これこそ篤姫の真骨頂。ここはたしかに素晴らしかったです。

   あれだけ篤姫を無視しておった家定が、最後には篤姫を頼り、心を開いて差し向かいで碁を打つまでになった姿に、しみじみとした感慨を感じたことはここでも述べたとおりです。

   ただ目に付いたあまりにも現代的な解釈であるところ、軽々しく思えるところをあげつらったからと言って、卑怯なやり方で当ブログを混乱させるような行いを受けるのは大変迷惑です。

   わたくしのはアンチ巨人のようなもの。楽天の野村監督のようにみっともなくぼやきながら、それでも大河を見ずにはおられないのです。ここはどうだ、ここに感動しなかったのかとお尋ねくだされば、包まずにそのすばらしさを申し述べさせていただきましょうに。ご覧になって不愉快に思ったとただそれだけ言い捨ててゆかれては、こちらも困惑するだけでございます。

|

« 先生教えてください! | トップページ | ドイツ式の間違い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/41902350

この記事へのトラックバック一覧です: 連続ドラマの鑑賞の仕方について:

« 先生教えてください! | トップページ | ドイツ式の間違い? »