« アロマにはまる? | トップページ | 大丈夫? 鎌倉散歩 »

2008年7月 4日 (金)

極甘チョコレート煉瓦

   この前おばあちゃんが持ってきてくれたお土産と言えば。

   小田原で同窓会をやって、横浜の方で遊んだらしいのですが、
   「これはうちでは食べるひとがいないから」って、横濱煉瓦というチョコレートケーキらしきものをひと箱。製造元は霧笛楼ですって。聞いたことないよ。

   煉瓦模様がプリントされた箱を開けると、石鹸ほどの大きさに切り分けられたケーキが個別包装されて納まっています。小箱を開けると、クッキングシートのような白い紙に包まれ、上にはプラスチックシートのようなものをかぶせてあって。
   「28度を超えると軟らかくなります」との注意書きは、いいチョコレートをたっぷり使ってるってことですよね?

   わくわくと包装をはがすと、これはたしかに煉瓦、つややかにチョコレートで側面を固めてあります。色はちょっと煉瓦より濃いけれどね。思いっきりかぶりつくと、これがまあ、そのチョコレートの層は各面5ミリもあって、さらにその中は、スポンジなんてかわいいもんじゃない、こってりしたチョコ生地。小麦粉の材料比は10%もないんじゃないかしら。

   

純然たるチョコレート菓子です。

   繰り返しますが、石鹸サイズです。

   これが、ウィーン直輸入のようなしっかりとした甘さで。

   おかあさん自然と空いてる左手を握り込んで胸の前に持ってきて……そう、五木ひろしがサビを聞かせるあたりの身振り。二口三口食べるごと頭の血管が広がるのがイメージできます(偏頭痛持ちが食べても大丈夫?)。

   一日一個で十分。是非いいお茶かコーヒーをお供に。

   旦那様は1㎝切り取って食べるなり、「俺はもういい、あんた食べなさい」とわたくしにくれちゃいました。ラッキー♪
   だいじに食べてたんだけどなくなっちゃった。これは横浜でも限られた所でしか売ってないとか。いやそんな、ホントにごくたまに食べればいいクラスの食べ物でありますが。

   お近くまで出られたときにでもどうぞ。

|

« アロマにはまる? | トップページ | 大丈夫? 鎌倉散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/41732157

この記事へのトラックバック一覧です: 極甘チョコレート煉瓦:

« アロマにはまる? | トップページ | 大丈夫? 鎌倉散歩 »