« 今週のジャイキリ #70 | トップページ | みどりのおやゆび 夏の準備篇 »

2008年6月14日 (土)

岩手内陸部に地震!

   珍しく災害避難放送が間に合ったみたいで。
   こちらもすこ~し揺れました。お寝坊してまだ蒲団の中にいたので気がつきました。

   あの辺は慣れてるとはいえ、震度6弱ってのはやっぱりビックリする大きさですよね。丁度、宮城県沖地震の30年記念とかをやってたから、心づもりは更新されてたと思うけど……防災用品、行き届いてますか?
   もうずいぶん古くなってたとはいえ、駅前の目立つところの仙台ホテルがガラスが割れたやら水道管が破裂したやら聞くと……やっぱもっと新しいところがいいわとかこれから仙台に行かれる方は思うだろうな、これでもかとニュースで流れてネガティヴな宣伝だよなと寂しいキモチに。

   橋が落ちたって、つい先日NHKで、高度成長期に突貫工事で架けた橋やら首都高の高架やら、鉄を減らしただの、溶接が指定の確実な手法がとれないけどそこはごまかしちゃっただの恐ろしい話の特集をやってたのに。それなのに、さらに、お役所の方はメンテをするより新しく作った方が国の補助もいっぱい付くからってその古い建造物を全然メンテしてなくてコワイとか。それかしら。橋が落ちるとか、高速道路がポッキリとか、土建王国日本じゃあり得ないと思ってたのに。

   被害に遭われた方、ほんとうにお見舞い申し上げます。

   新幹線が3本も止まってて、まだ中のお客さんは出してあげられていないとか。
   お天気なのに、中でうだっちゃうよ。
   新幹線は機密が良くって、窓を開けて換気ができませんから、大変。
   早く出してあげてください。
   新幹線の線路には、迷い込むヒトがいると困るから避難誘導路がないんじゃないかしら。
   もしやのためにこれからは準備したらどうかしら(架線のメンテのためには全く密封ということもないかと今考え直した)。
   どちらかというと、出てからの安全が確保されないから迎えに行けないのであろう。もしかして、当該新幹線に自力で駅まで来てもらうのが一番かな? 新潟の地震の時に脱線しちゃったとき号のときは、隣の線路にお迎えの新幹線を横付けしてましたかね?
   あの高い架線からどうやって下ろすかとか。トロッコ(!?)を出すにしても途中の線路は安全かとか。線路から出すにしても、そこで放置してたらこのお天気で干上がってしまうし。お迎えのバスかなんか必要よね。トイレも、水分補給もしてもらって……イロイロ考えると、ある程度方策が固まるまで車内でとどまっててもらった方が安心か。暑いのだけ我慢してください。お天気が良くってまだ良かったわぁ。これで通常走行もできないほどの暴風雨だったら!
   ホントに、地震国に高速鉄道を通すのは大変ね。と、毎回気がつくと大陸の固い岩盤に線路を直置きしてる(要確認!)TGVその他は簡単だよなと見下すキモチになっています。なにこの国粋的鉄子

|

« 今週のジャイキリ #70 | トップページ | みどりのおやゆび 夏の準備篇 »

コメント

 ええと、もう語る言葉もない感じですが。
 強く心に願うことを強調してお伝えしたくて、色変えの効果を使いました。決してふざけた気持ちからではありません。
 この記事を書いた時点では栗原のあたりの状態は伝わっていなくて、また、帰省でよく東北新幹線を使っていて身近であったので、話題を新幹線で缶詰になった方のほうに集中させました。また、いろいろ書いたのはこれから非常時にも安全に快適に利用するにはどうしたらよいかということを思慮の足りないなりにこの機会にいろいろ考えてみたと言うことで、決しておもしろがってのことではありません。

 ひろく皆さんの安全と幸福を願って、余りのことに心乱れながらも書いたことの真意が伝わらずにご不興をかってとても不本意です。文体じたいが日頃からふざけているという印象を与えていたと言うことでしょうか。

 ご指摘していただいた方にはお礼申し上げます。

投稿: まいね | 2008年6月17日 (火) 21時10分

色盲の三ねんせいです.動けなくなった新幹線列車への救援は,もっと考える必要ありますよね.TGVから学ぶべき点はあります:フランスと日本の地盤の違いはどうにもならないけれど,別なことで.
TGVは単線の線路を二つ並行してあって,ふだんは複線として使ってるけれどいざというときどちら向きにも走れます.それで,救援列車を向かわせるとか,交互に列車を走らせるとか,できるわけです.

投稿: 三ねんせい | 2008年6月18日 (水) 11時54分

 三ねんせいさん いらっしゃい。(大胆な名乗りは置いといて……なにか失礼がありましたか?)いろんなことをご存じで。
 ははあ、さすがフランス、危機管理は進んでますね。
 そういえば、日露戦争当時、シベリア鉄道は単線で、弾薬を持って来たら戻らなきゃいけないというその復路のロスまで見越して日本は開戦したところが、敵も然る者、機関車のストックがあるだけ下り(?)列車を増発して補給をし倒したとか。それで思ったより日本陸軍の方は苦戦したとか聞きました(伝聞情報につき要確認)。
 いざと言うときには発想を転換してあるものをどんどん有効活用することが大切ねということですか。

投稿: まいね | 2008年6月18日 (水) 23時59分

失礼なんか全然ないです.謎めいた名乗りをしてごめんなさい.そのことはメールします.
さて,鉄ちゃんな話ですが,おっしゃるとおりシベリア鉄道を東行き一方通行にして複線並みの輸送力で補給するという思い切ったことをロシアはおこないました.単線の輸送力を想定していた日本軍は苦戦.
ロシアはときに大胆なことをします.シベリア鉄道の開通を急ぐべくバイカル湖の氷上に線路を敷いてしまって,南岸を迂回する線はあとから敷いたものってご存知ですよね.

投稿: 三ねんせい | 2008年6月19日 (木) 22時15分

 そうそう! 春になったら氷が溶けて、線路が沈んじゃったって!(機関車も!?)

投稿: まいね | 2008年6月19日 (木) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/41527886

この記事へのトラックバック一覧です: 岩手内陸部に地震!:

« 今週のジャイキリ #70 | トップページ | みどりのおやゆび 夏の準備篇 »