« 「図書館戦争」 9 | トップページ | 「絶対可憐チルドレン」 エスパーはガキンチョにジェントル »

2008年6月 6日 (金)

今週のジャイキリ #69

   やってきました木曜日。斎戒沐浴して、余所のサイトは見ないで純粋に読んだ感想だけでご紹介していきたいと思いますけど、おかあさんもキョーヨーのない人間なんで、30年も前に読んだ漫画のネタなんかたとえに使ったりします、その辺はカンベンね?

   前半が終わりかけてます。
   「時間ないっ!!」「前で勝負しろ!」との村越キャプテンの指示に、夏木が頭で合わせます。世良が出て、もう必死の面持ち。くるか! と思わせて、次のページ、シュートは大阪のDFに阻まれます。
   「もういっちょ!」と言ったところで、笛。
   あーあ、0-2で前半終わったよ。

   いえいえ、タッツミーを連載開始から追ってるファンはここで意気消沈しませんって。なんたって、プレミアリーグを相手に前半0-2から追いついて、リードして脅かしたことだってあるんです! きっとこの試合も、これからドキドキさせてくれますとも!

   って、まだ顔映らないよ。

   「ふふふ……」「上出来と 言えるな」と例によってご機嫌で自画自賛のダルファー監督の台詞からハーフタイムが始まります。
   うおっ!

   って、めくったら一枚絵で達海監督の不敵な顔だし。

   スタジアムにこだまするサポーターの声が大きくその背に絡んでるし。

   で、ETUのロッカールームは、いきなり杉江の胸ぐらを掴む黒田です。

   なんで杉江に食ってかかるの!? 

   あの3巻の監督造反シリーズの間、ひとり付き合ってくれてた大恩ある親友に、アンタ何を言うんです?(「!!」と反応するのはやっぱりSB小心コンビでした)

   「何やってんだよ 杉江(スギ)! テメエ!」
   「自分がやることわかってんのか!!」と、まなじりを決して叫ぶ黒田。

   「向こうの攻撃を 単発で終わらせる ために お前が付いてん だろうが!」(略)
   「だから 大阪の攻撃が 終わんねえん じゃねえか!」
   ああ、解説してくれてます。丁寧です。

   「騒々しいなぁ バッキー止めておいでよ」と、吉田。
   おおっここで吉 田 の マ ツ ゲ が 復 活 し て い る! 後半は大丈夫ね?(よしなさい)
   とうとうおおっぴらに喧嘩を止めるシーンが出ました。やっぱり吉田は、
   「喧嘩はするのも見るのもキライ」なタイプのようです。眉根を寄せ、口がへの字で思いっきりイヤそう。でも体を張って引き分けたりまではしなくって。 

   仲裁を振られた椿はびびってます。
   「い…」「お… 俺がっスか!?」って、ビビリ過ぎ。いや、でも、黒田の本気の怒りを受け止めるなんてにゃんこの首に鈴を付けるぐらいヤなミッション。

   で、黒田はさらに1ページ本日の作戦について熱く語り、それができていない自分たちの現状を語り(チームメイトはボー然)、
   「俺達CB(センターバック)だぜ? 杉江(スギ)……」
   「有り得ねえだろ こんなのよ……」と、ミネラルウオーターを持つ手が震えます。

   「守備の要がやられてて」「チームが勝てるわけねえだろ!!」ペットボトルはボキャと音を立てて床へ。
   「なあ 杉江(スギ)!!」って、村越の読み通り、親友は殴らないのね。

   「そんなわけでお前ら!! 俺達を殴れ! さあ!」って、小心コンビに振るか!?
   「え!? なんで!?」「なんか気持ち悪いス!」杉江も青ざめてます(笑)

   だめよぉ黒田、そこはザッキーにお願いしないと(おかあさんの悪魔)♪

   「へえ いいんスか?」なんてニヤリと笑ってくれそうですね。指なんかボキボキ言わしてくれちゃって(その先どうするんだよ)。

   ここは守護神緑川が収めてくれました。

   「もう いいだろ 黒田 何も お前達だけの 責任じゃない」と、自分の反省点を語り、
   「守備陣全体の 問題だろ」と締めると、

   (そうだ……1点目は俺のミスだ)
   (畑さんに やすやすと パス出させたのは 俺だ)と、小心コンビも具体的に自分のプレイを見つめ直したのでした。

   やっとここまで来たか。

   で、それを見ていた永田広報は、
   (あわわっ やっぱりムード悪いわ)と気を揉んでしまうのですけど。

   さて、リードしている大阪の方はと言うと。
   「素晴らしい 前半だったよ 諸君」「楽しませてもらった」から華麗なる訓辞が始まったんですけど、

   

聞いてねーよ。

   「って……コラー!! 監督が 話してるだろー!」 と叫ぶ園田通訳……あなた、ですます調以外でも話せたんですね。

   例によって喧嘩中の畑と片山、その2人に絡まれるハウアー、話を振られても何も言えない窪田、伏線通りに吉田不調説を冷静に唱える平賀(騙されたと判ったときの顔が楽しみ~♪)、意味不明な志村、ホントにバラバラな個性が面白い大阪イレヴンですが。

   「今日もETUには負ける気せーへん」と盛り上がりは1点に集中、そこで、
   「勝利を 手にする者は それにふさわしい 顔つきを しているものだ」
   「そして 今の君たちの顔には 自信と情熱が 満ちあふれている
   「それこそが 私の知る」「勝者の 顔だ」と、真面目に締めるダルファー監督。

   へえ?

   じゃ、今日負けちゃった後のあんた達の顔はいったいどんな顔になるのかしら。

   楽しみ。

   トイレにでも行ってたのでしょうか、遅れて現れた達海監督、
   「なんだあ? なーんか 空気重くない?」って、ハッキリ言いますね。

   「おいコラ お前ら 気合い 入れろい!」
   「そんな つまんねー面(つら)して 面白いこと できっかよ」って、軽く言います。

   村越と椿の視線が監督に向かいます……

   「これから 俺達の 大逆襲が はじまるんだぜ?

   なんて立派な上がり眉。

   前々から思ってましたけど、この眉は、北晴夫に匹敵しますよね?

   えーと、今は伝説となった、王欣太の初期作「地獄の家」の主人公ですね。欲望のままに行動してその結果家庭が文字通り「地獄の家」となってしまったんですが、なんともいえない人間的魅力、いや、魅力じゃないなあ、あの「蒼天航路」の主人公曹操のような、周りの人を巻き込んでしまう圧倒的オーラがあって、結局家は治まってしまうという話だったと記憶してるんですけど。ま、達海監督も大物度で北晴夫級ということか? 頑張って目指してください。とりあえず、知名度では今もうジャイキリはすごいですよね?  

   お断りはしといたけど、さすがに毎週大昔の漫画なんかそうそう引いては来ないわよと思ってたらやっぱり出たな。でも、「地獄の家」は14年前の作品だもん。そんなに古くないもん(古いって!)。

   しかし、試合前にジャケットをトイレに忘れてきたり。ハーフタイム半分過ぎるまでトイレに行ってたり。もしかして、達海監督もそれなりに緊張してるのかしら? そう思うと、傍若無人、天衣無縫っぽいと見てましたが、意外とカワイイですね。

   * * * < 今 週 の ザ ッ キ ー  > * * * 

   

台詞なし。
   タイトルページ、笛の音に天を仰ぐ姿と、達海監督が覗いた空気重いロッカールームで座り込んでる姿。真ん中の村越が指さしてるカンジですから、指示を受けてたのかも知れません。

   ああいうハーフタイムのダメ出しの時に赤崎が静かだと違和感ありますね。今日はどうしたのかな?

   「このチームで俺ができることはもうない」とかいって修行の旅に出たりしないでね~(ナイナイ)でも、思うがままに敵ボールを奪えるような有能なDFからどんどんボールが上がってきて、どんどんいい位置のFWにパスが出せて点が取れるチームで別人のように丸く楽しくプレイしているザッキーというのも見てみたいというか、そんなのもうザッキーじゃないっていうか。って、あんたは赤崎になにを求めているんですか?

|

« 「図書館戦争」 9 | トップページ | 「絶対可憐チルドレン」 エスパーはガキンチョにジェントル »

コメント

タッツミーの逆転への自信に満ちた表情が、いい顔してましたね。
来週以降の後半戦が楽しみですね。

投稿: アニキ | 2008年6月 6日 (金) 17時29分

 アニキさんこんにちは。
 達海監督、ホントにへこたれてなかったですよね。タフだなあ。
 後半が楽しみですが、これは名古屋戦より長くないですか? 単行本1冊には収まらないでしょうね。単行本派のひと、カワイソ~♪

投稿: まいね | 2008年6月10日 (火) 13時02分

 そんで、読みに行きたいところをずっと我慢して自分の所のレヴュー書き上げていそいそとサッカー漫画をとりまとめて評論しているサイトさんを見に行ったら……
 「クロ、殴ってもらうんなら赤崎を指名すればァ?」
 のネタが被ってたOTL。
 何も言えません。
 人間なんだから、同じ作品見て同じ感想持ったりするさぁ!
 連載開始の、夢の島キャンプでの乱闘騒ぎからずっと見てたら、クロにはザッキーって思うよ!
 こんなんまでパクリ扱いされたらなんも書けませんって。

投稿: まいね | 2008年6月10日 (火) 13時07分

プレスカンファレンス(だったっけ?監督の顔合わせしたやつ)の時に、ダルファー監督だけ、ちょっと扱いが違ったんで、名古屋戦より長くなるのは、自然の流れかと。まぁ、不破との因縁を考えたら、名古屋戦の方も魅力的ではあったけど。

ネタ被りの件。
ジャイキリをずっと読んでいて、キャラの人間関係を考えたら、誰しもが、そこはザッキーって思うけどなぁ。うん。
同じものを読んでるんだから、感想が同じ人なんて、いくらでもいると思うし。だから、気にしない方がいいですよ。言いたい人には言わせておけばいいんですよ。

投稿: アニキ | 2008年6月10日 (火) 17時28分

>単行本派のひと、カワイソ~♪

ここのブログ主が叩かれる理由って、上記のような
性格の悪さがにじみ出ている一言が原因だと思う。

自分もジャイキリで検索してきたけど
「ジーノが怪我してた方が面白い♪」って発想とか
それはないわ。

Wikiまとめも、8月中旬にはとっくに立ち上がってたし。
よく確認もせず知ったかぶっちゃうのがよくないんじゃね?

ネタかぶり、ザッキーうんぬんは誰でも考えるから
パクリなんて言わないけど、
コンスタントに感想あげてる某ブログさんが
簡略になった途端、こっちもペース落ちてるね。

タイムスタンプ比較するといいよ。
始めの頃はそこより後出ししてるから。

FWとMF登録もよくわかってない人間が、
フォーメーションは図示できるって、ちょっと変だよ。
どこそこから引用しましたって、一言添えるだけなのに
なぜそれができないのだろう。見栄っ張りだから?

おお振りもそうだけど、腐女子ってこんな奴ばっかだね。

投稿: 名無し | 2008年6月10日 (火) 19時11分

ジャイキリの感想にかぎらず、どの作品に対しても
上から目線で揚げ足とって、アタシ毒舌、アタシ賢いって
悦に入ってるだけなんだから真剣に相手しない方がいいよ。
イヤならもう見るな。主婦のひまつぶしに付き合う必要はないぞ。

↓↓↓以下、主婦友の擁護レスどうぞ↓↓↓

投稿: aaa | 2008年6月10日 (火) 19時22分

 はあ、ナルホド、ご親切にどうも。

 「選手名鑑」は、第1版を上げたときに「ウィキペディアや2ちゃんの記述を参考に付け足しましたよ」と書いたんだけれども、2版以降はそこを抜かしましたね、確かに。「2版」なんだから、ここからはわたしのものという意識がありました。そんで、めんどくさかったので「ジャイキリカテゴリ」を作ったときに、ある程度以前の記事のカテゴリの付け替えをしなかったので、「ジャイキリカテゴリ」からその最初の記事までは検索できないです。そりゃ失礼しました。自分の中では「最初に断ってます」と完結してるつもりだったので、なんでそうそう突っ込まれるのかと思ってました。ナットク。
 まあ素人なので、解らないところは調べたり人に聞いたり想像をめぐらしたりして書いております。間違いがあったら突っ込んでもらってどんどん盛り上がろうという積もりなので、ご不満の点はどんどん書いてもらって構わないんですけど。
 一応2ちゃんねるなんかの発言内容については、とてもケッサクな感想とか、わたしの素人としての見方ではとうてい到達できないものとして「このような意見があった」とご紹介したくて取り上げることはあります。ただそれは自分が納得した、感心したものをご紹介、という立場なのでタイムスタンプまで付いた「引用」のかたちをとるまでもないと思ってやってます。ただ、「2ちゃんで見ました」とは書くようにはしてますが。
 さも自分が思いついたように、というふうにしているつもりはないのですが、そのように見えたのなら文がヘタでした。ごめんなさい。今後は「余所で知った情報、先読み、解説など」と、「自分の感想、考察、妄想など」をハッキリ分けて解りやすく書くようにはしていきます。
 ただ、先に出た情報を尊重することばかり考えて、引用を貼るばかりで一言半句も自分の意見を付けないというのもネットを覚えたての中学生のレポートみたいになっちゃいますので、ちょっとそれはブログとして面白くないなと思ってます。さきに「5巻出ました」のコメント欄で通りすがりのひとが言っておられたのもそう言うことじゃないかと思うんですが(違ってたりして)。

 ま、性格が悪いとか上から目線というのは実際ホントだからしょうがないです。そこら辺は個性として気に入らなかったらごめんなさい、と言うしかないですね。もっと素直におおらかに楽しんでおられる方と盛り上がってください。

 あと、あんまりひとを主婦だとか腐女子だとか、かんたんにひとくくりにして言ったりしない方がいいですよ。ま、そういう決めつけをすることによって傷つけたいという意思表示なワケでしょうけど。

 なんて言ってる自分もツボビラウスキー症候群(コレは果たして実在の症例なんだろうか?)のただのオバサンであるわけなんだけれど。

投稿: まいね | 2008年6月11日 (水) 01時24分

篤姫の感想を求めて参りましたが、こちらのトピが
もりあがっているのでこちらに投下。

こちらの方は作品を楽しむのでなく、単にあげつらって文句を書きたいだけなんですね☆
自分がミスリードしている可能性を一切考えず・・・

「性格が悪いとか上から目線というのは実際ホントだからしょうがないです。」
あ、自覚はおありなんですね(^_^;)
どうしてそんなに自己愛がお強いんですか?

個人的には、ここ個人ブログですし、何を書いてもいいんじゃないでしょうか。
私はもう見に来ませんけど♪
どのエントリーも、金太郎飴みたいなんですもの・・・

投稿: 花子 | 2008年6月11日 (水) 09時20分

ツ「ポ」ビラウスキー症候群だよ。マンガ「Q.E.D」に登場する造語。

しかしどの感想も目が滑る文章だね。
結局何が言いたいのかよくわからないから、自己顕示欲の強さだけが目に付く。
でも別にこれでお金もらってるわけじゃないんだし、よろしいんじゃね。

まあ実際問題として、自分の母親がmixiやブログにのめり込んでたらヤだな。
しかも子供のことを不登校気味だとか、担任が迎えに来たとか書いたりして。
うっかり目にした日にはトラウマになりそう。
ま、いいや。どうせ他人事だしね。

投稿: 太郎(通りすがり) | 2008年6月11日 (水) 12時57分

 花子さん、これはお見苦しくて失礼しました。
 でも、これは目から鱗!
 わたし、「篤姫」見てて楽しんでないわ!!!
 コレはイカン。
 ブログで感想書かなきゃとか考えないで、せっかく娘が付き合ってくれてるんだから楽しんで見ないと。そうよね、同じ突っ込むにしても楽しく突っ込まないと(あの最後うどんはなんてはまってるんだろうとか!)。
 どうもご意見ありがとうございました。

 太郎さんは、ご親切にありがとうございます、そうそう、「ツポビラウスキー」。
 「自分が特別だと思いあがること」、それも往々にして陥りがちな心の罠である。それを架空の症例としても名前を付けて示してやることによって思い上がりを打ち砕くという話でした。
 赤崎爆発の時にも申しましたが、自分と関係のない話と聞き流していると、自分が成長するきっかけを失う。こういうことも、単なる漫画のネタとして流すのではなく、自分が陥ってはいないか日々顧みて反省していくことが大切なんでしたね。自分でいっといて恥ずかしいです。

 他人事と言い、通りすがりながら、わざわざお時間を割いてご指摘いただいた方々、どうもありがとうございました。

投稿: まいね | 2008年6月12日 (木) 01時05分

どうもはじめまして。
ジャイキリの感想を中心にいつも拝見しています。
今まではROMでしたが、コメント欄を読んでいたら、うちのブログのことを言ってるのかなぁと思う部分があったので(もし違ったら笑ってスルーしてくださいw)、コメントさせていただきます。

ザッキーのネタが被ってる件につきましては、他の方もおっしゃっているように、気にすることはないと思いますよ。少なくとも、私はパクられただなんて思ってません。何万人というジャイキリ読者がいれば、同じ感想を抱く人が出てくるのは当然のこと。

むしろ私は、「あー、やっぱりそう考えるよね」と、同じことを考えを持ってくれる人がいることを笑いながら読んでいたぐらいですし(笑

王子への発言については、正直快く思えなかったところはあったのですが(それを言ったら、私のブログの発言内容を快く思えない人も絶対にいるはず)、いつも"自分とは違った視点"で書かれた感想を興味深く読ませてもらっています。

人それぞれ意見はあるかと思いますが、私は同じ毎週ジャイキリについてブログに書かずにはいられないものとして(意味不明w)、更新を楽しみにしてますので、これからも頑張ってください。

投稿: ふれてぃすた | 2008年6月14日 (土) 00時36分

 ふれてぃすたさん いらっしゃい。
 わざわざありがとうございます。恐縮です。
 どちらかというとわたしは漫画読みとしてミーハーに盛り上がっておりますので、視点の違いを楽しんでいただけたなら幸いです。また、考えの浅いところ、思いっきりしろうと考えで間違ってるところを見られているかと思うと赤面ものです。
 自分の感想はここで吐き出すだけ出すのですが、また、同じ作品を、他の方はどう見たんだろう? この感動を分かち合いたい、と、ついついジャイキリについて語っているサイトをいろいろ探して見に行っては、考察に感じ入ったり、同感してうれしくなったり。
 ただそこで考えが浅いもので、そのうち自分の考えと読んで共感した文章がごっちゃになってしまって、ご迷惑をおかけしました。どうもすみません。
 また見に行かせてください。毎週楽しみにしています。どうもありがとうございました。

投稿: まいね | 2008年6月14日 (土) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/41439848

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のジャイキリ #69:

« 「図書館戦争」 9 | トップページ | 「絶対可憐チルドレン」 エスパーはガキンチョにジェントル »